移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

いわゆる仮花嫁モノ「契約結婚ってありですか 利害一致から始まる恋? (富士見L文庫)」紅原 香

あらすじ

恋愛結婚やお見合い結婚があるなら――利害一致の結婚もありじゃない!?

親の見合い攻撃から逃れるため結婚相談所を訪れた咲は、目の前の相談員に訴えた。年収も容姿も問わない。今すぐ結婚してくれる人で!「では、私はいかがでしょうか」って!? いきなり始まった結婚生活だけど――?

いわゆる仮花嫁モノ

と表現すれば分かる人はラストまでわかるタイプのお話。

出会った男女が利害の一致で恋愛抜きで結婚し、結婚生活を送る最中に次第に絆を深めていき、最終的には互いに恋して結婚生活を再開させるお話。
言ってしまえばもろにそのテンプレのようなお話で現代モノ。

うーん、本当に言っちゃ悪いがそのままの話だった……。相性のそこまで良くない二人組が次第に仲良くなっていき……としか表現の出来ない本。
片付けとかをあまりやらない主人公をちょいちょい手伝う旦那、といった補い合いもあるけれどもそのぐらいか。

目新しくておもしろいとおもったのは旦那側の結婚理由に一応隠れた理由(序盤は結婚相談所勤めだから妻帯者のほうが良いという理由を言っていたが、実際はやばい親類に嫁持ちだと言って諦めさせるため)もあったという点ぐらいだけれども、それももうちょっと事前に妻に言っておくべき内容ではないのか。