移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【ネタバレ】信長じゃなくても良いが、信長じゃなきゃ駄目だった映画「3人の信長」

f:id:wride:20190928104828j:plain

あらすじ

EXILE TAKAHIRO、市原隼人岡田義徳がそれぞれ織田信長を演じ、自分こそが本物だと主張する3人の信長と、あだ討ちに燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いたオリジナルの時代劇エンタテインメント。

永禄13年、かつて主君である今川義元を討たれたことへの復讐に燃える蒲原氏徳ら元今川軍の侍たちが、金ヶ崎の戦いに敗れて逃走中の織田信長を捕らえることに成功する。
しかし、彼らが捕らえた信長は3人もいた。

万が一、影武者の首を討ち取ってしまっては、今川家は笑いものになってしまう。
蒲原らはあの手この手で本物をあぶりだそうとするが、3人の信長たちも本物を守るため「我こそが信長だ」と猛アピール。
3人の信長と元今川軍の侍たちは、翻弄し、翻弄される謀略合戦を繰り広げる。

3人の信長 : 作品情報 - 映画.com

映画「3人の信長」オフィシャルサイト|出演:TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳「我こそが信長」と主張する3人の信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメント!http://3nin-nobunaga.jp

感想

ネタバレを含みます

信長じゃなきゃ駄目だった映画

歴史上の人物はフリー素材とばかりに、この世には数多の偉人を使った創作物がある。
その中でもトップクラスにネタにされているのはおそらく織田信長で、歴史小説の数も多い。漫画やラノベ、ゲームも多く、ぱっと思いつくものだけでも「織田信奈の野望」「FGO」「殿がくる!」「信長協奏曲」だのいくらでもある。

みたいな本が出るぐらいにも本当にたくさん。いやまじでたくさんあるな……。

それだけ展開しているということは、それだけ誰にでも思いつく信長像というものがある。
それを利用したのが、この映画「3人の信長」。

 

自称「信長」は3人。

f:id:wride:20190928110052p:plain

頭が切れる傾奇者、貫禄がある天然、うつけ者で読めない。どれも信長モノとしてあるあるのパターン。どれも物語として主役張ってるクラスで見たことがありそうな性格パターン。
ある意味お約束テンプレートな信長×3、さあどれが信長だ? というのがこの物語。

あらすじや設定を見たときにうまいなーと思えた。創作が数多あるからこそ、その典型的なテンプレートのどれもが信長に思える。誰も知らないオリジナル武将やそこまでキャラの濃くはない武将でも出来るけれど、3人も出してくるほどの有名な性格のパターンはない。
創作物がたくさんある信長だからこそ出来し、面白いやり方だ。これがもし伊達政宗とかならば、有名所で3パターンはちょっと難しかったんじゃないのかな(これは私が宮城出身いたるところで伊達政宗が蔓延り一時期は戦国BASARA伊達政宗グッズが駅前や青葉城址など至るところで販売されていた記憶からの発言です)。

信長じゃなくても良かった映画

物語は、3人の信長のうちどれが本物だ? ということから始まる。

背中に残った銃痕と「信長を撃ったぞ」の声が先程聞こえたから銃痕のある信長が本物かと思いきや、「だが影武者を撃っても信長を撃ったと言うのではないか?」と返される。
過去の記憶から本物の信長は背に傷があるはずだということで脱がせるも、全員背に傷がある。
信長の噂を集めた巻物にかいてある「猫嫌い」の文字から猫を連れてくれば全員猫アレルギーでくしゃみを始める。

などなど、ある意味当然だが、3人の信長はそっくりだ。もし影武者がいるとしても同じようにするはずなのだから。

 

というあたりで、これは別に【信長】の映画ではなくても良いのだなと、見ている私が気づいてしまった。
実際の信長は別に猫アレルギーという話もなければ色盲でもない(はず)(私が知らないだけならごめんなさい)。これは信長の性格のうちオーソドックスで有名所なものをネタにした一種のメタであり、それらを利用しただけであって信長じゃなくても良い。
有名な性格が3種類もある信長だからこそ使われたものの、先程書いたものと矛盾するけれど、例えば作中でオリジナル武将を出して「噂では、その武将の性格は~」と3種出しても事足りる。信長でなくても良い。ただ、見ている側としてのわかりやすさからすると、信長だと前提条件の説明がなくても楽。
ただ、それでは客は見てみようとは思わないだろう。そこはやっぱり【信長】でなければならない。

でも、物語としては特段信長じゃなくても良いのだな、と思い始めてしまった。

とはいえ、物語は面白い

しかし、信長ではなくても良いのではないか? という部分に気づいても、物語自体は面白い。
テンポは良いし、会話も楽しい。信長じゃないじゃんそれ! と思うものもあれど、この世に山のようにある信長モノだと信長が女だったり転生してたりするし、そう考えるとこの程度の改変よくあるやつだ。そして、テンポが良くて会話が楽しく、3人の信長のやり取りが楽しいとなれば、面白くないわけがない。

映画の予告では偽物の信長は殺せないという部分が引っかかっていた。けれど実際に見てみたらこの部分もかなり納得。
今川の前に供えるのは本物の信長の首ではないと意味がないし、偽物の首ではどうしようもない。このあたりの理由はむしろ予告に入れてほしいぐらいだよ……(文字数や分量的に不要な部分だしああいうカットもわかる)。このあたりは実際に見たほうがわかりやすい。

本物の信長はどれだ? という部分には、だいたいの人は割と早々とたどり着くと思う。だって猫が近くにいるときにくしゃみするし。とはいえしていないシーンもあった気がするので、うーん……?となる部分はある。実際の信長には存在しない特徴もいくつか付与されているが、それが本物の信長の特定にも結びつく。
というか、消去法でわかるよな……。そうじゃないと存在する必要ないし、朔太郎。むしろ伏線が強すぎて、これはこいつを信長と思わせるだけで影武者の一人ではないのか? とすら途中で思ってたぐらい。
それでもミスリードを続け、信長(甲)が信長(丙)に自分の望みを告げるシーン、信長(乙)を助けるために信長(甲)が現れたが~というシーンなど熱い見どころは多かった。

信長モノとしてはうーん……?となる箇所もいくつかあったし、信長特定クイズ周りはどうなんだそれは……となる部分もあった。とはいえ、それを消すと信長だーれだ! の部分に関わってくるので変更は出来ないかと。

拷問や流血、虫食など苦手な人は苦手なシーンもあったけれど、それはそうとしてラストシーンまで面白い、良い映画だった。

ていうか公開期間短すぎ

TOHOシネマズ仙台ーーーーーー!!!!!
公開週の土曜日にすでに上映1回なのも何事かと思ったけど、2週目は日1になるとは何事だーーーーーーーー!!!!!!!嘘だろーーーーーーーーー!!!!仕事終わりはもう見れないーーーーーーーーーー!!!!!!!!
f:id:wride:20190928112319p:plain

本当にめちゃくちゃおもしろかったのに! 嘘でしょ!?

 

ついでに金ケ崎の四人も実写化してくれ……めっちゃ面白いんだ……