かいぜん! ~異世界コンサル奮闘記~ 秦本幸弥

コンサルティング会社で奴隷のように働かされ、社畜同然の毎日だった幸助は気がつくと、異世界のパスタ屋にいた。味は悪くない。だが、客がいない。その状況を目にした幸助の胸に宿るのは、いつか夢見た、「経営改善で、経営者たちを笑顔にしたい」という決意―「あなたのお店、僕が流行らせてみせます!」サラリーマン時代に磨かれた経験と知識を活かした幸助の商売繁盛&成り上がり奮闘劇が始まる!食料販売店、武器屋等で、異世界に特有な経営課題の『改善』に挑む、お仕事ファンタジー!書き下ろし番外編「スーパーマーケット編」も収録!!

 面白かったー!

 異世界召喚モノ。偶然異世界に飛ばされた主人公は、金もあるもののどうせだったら仕事しようと思い、異世界でコンサル業をするという流れ。

 ラノベでわかるコンサル業! って感じの本だった。
 どのお店も、本人はわからないorわかっているけれどもプッシュするやり方がわからない強みを探す→その強みの活かし方を考える→お客が来る! ハッピー! という繰り返し。だけど、その業種自体が異世界ならではで面白い。
 最初はパスタ屋さん、それから小麦屋さんなので主人公の元々のやり方が活かせたけれど、続いてくる武器屋などの、どうやったって今までの常識そのまんまでは無理では!? みたいな業種でも、過去の経験と強みを見つける強さでやっていくのが面白かった。
 本人は気付いていない強みを見つけてあげるって、就活なんかにも使える重要アイテムだよな……と思いつつも、それを見つけることこそが本人は大変なんだろうとも思ったり。

 ただ、主人公が元の世界に帰らなくていいと思う(帰れないと理解する)のあたりはご都合……とちょっと思ってしまった。うーん。他のところがすごい面白かったからこそ、そこだけ微妙な感じ。

 話自体も読みやすくて、綺麗に3巻でまとまってて面白かった。