日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 4 (HJ文庫)手島史詞

ハイエルフについて調べるため、ネフィの故郷へ向かうザガンたち。彼らはそこで、時間を歪ませる結界に捕えられてしまう。さらに―最愛の嫁であるネフィが幼女になってしまった!?甘えん坊になったネフィは、これはこれで可愛い。が、愛しい少女をこのままにしておくわけにもいかない。ザガンたちは、ネフィに幼女化の呪いをかけた犯人を見つけ出すことはできるのか―。無愛想魔王と箱入りエルフが贈る大人気ラブコメファンタジー、絶好調の第四巻!

 今回は嫁の里帰りについていくお話。

 前の巻より味方陣営に入ったゴメリ&キメリエスとともに一緒に里帰りに行くいつもの御一行。
 このキメリエスとゴメリが良いキャラしてるな! ロリババア(名実ともに)なゴメリの愛で力だの何だの言う辺り最高。今まであんまりザガンとネフィの関係を茶化したり面白がったりする人がいなかったので、彼女が二人の愛し愛されっぷりを面白がっているあたりが最高だった。つまりこの気持は……!? するザガン&ネフィ可愛すぎ。
 でも今回のゴメリの最高なシーンは、間違いなく「「「パパ、大好き!」」」だったと思う……。今まで他の魔王たちの攻撃やネフィを人質にとったバルバロスの攻撃を食らっても絶対に屈しなかったザガンを倒した魔女という意味ではとてもすごいと思うよゴメリ。次の魔王候補はきっと君だ。

 幼女ネフィの無邪気さに、悶えるわ彼女の過去に苦虫噛み潰した気分になるわで忙しいザガンはお疲れ様。
 ちょいちょい略されてはいるけれども、彼女が1巻当初の状態になるまでは数多のことがあったんだろうな……。しかし、読むかぎりネフィ命のザガンはちょっとアレだろうけれどもそこまでされてしまうのもわかる。一瞬で腕チョンパできるような怪物、普通の人はあまりまともな生活をさせられないと思う。だって怖いし。
 けれど、彼女を戻すのは自分のエゴかもしれないと思いながらも元の姿に戻すことを決意するザガンは格好良かった。
 幼女状態だろうともザガンのこと大好きなネフィはたまらない。

 嫁の里帰りって言ったらやっぱり娘さんを僕にくださいだけど両親がいないネフィはそのあたりどうしようもないよね、と思ってたらまさか最後の最後にきっちりやってくるとは思わなかったー! おめでとうございます。いいぞもっと幸せになれ。
 ネフィのことは方がついたので、あとはネフロテスのことを進めていくのか。こっちもこっちで大変そうだけれども。

 読んでてなんとなく感じたのだけれど、このシリーズ悪役がいないというか、バルバロスも現在お茶目で不憫なキャラだし、今回の敵も実質味方。ラーファエルは言わずもがなでビフロンスもネフロテスにパンチされるのを受け入れているようなキャラだし、全キャラ憎めないというか、悪くないよーって見せられてるようでそのあたりがちょっと気にかかった。もうちょっと悪役! って感じの悪がほしいと言うか、実は悪い子じゃないんですよーっていうキャラがほしいというか。
 冒頭に幼女ネフィのシーンが入ってるからもっと早く幼女になるのかな? と思ったら50%近くまでそんなことがなく、いつ幼女化するの??となんとなく変な気分になった。冒頭に見どころのシーン入れるのは良いけれど、出てくるのが遠いとなんとなく間延びした気分になっちゃうのかな。このあたりうまく使ってるなーと思ったのは六花の勇者だった。