日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

freoにLunalysを設置した

前提

こことは別で、freoでウェブサイトをやっています。

freoのサイトでアクセス解析をするために、外部のアクセス解析プラグインを利用。
しかし、長期間使用していたところどんどんデータベースのファイルサイズが大きくなり、freo自体が動作が遅くなってきたため(これは私の使い方が悪い)別のアクセス解析を使おうと思いました。

導入

導入したのはLunalys。

act.st

理由としては、わかる内容が多いこと、PHPに組み込めることから選択。

書かれている通りにconf.ini、pass.iniを変更しアップロード。data/のパーミッションも707に変更。
しかし、lunalys/analyzer/index.phpにアクセスしても403エラー。
readmeに.htaccessを削除しても良いと合ったのでフォルダ内の.htaccessを削除したところ、無事表示された。

その後、アクセス解析ページに表示されている解析タグをfreoのtemplate/footerに記述する(私のサイトはレスポンシブでスマホ・PC同一ページ表示させているのでここにのみ記述)。
この際freoでは<?php~タグは使用できないため、{php}へ変更。

テンプレート内にPHPプログラムを記述する | freo.jp

数回ためしてみてtracker.phpでは動かなかったため、write.phpのほうを使用。

include('/home/(略)lunalys/analyzer/write.php');ってあったけれども本当にこれで動くの?などと疑って勝手にinclude('http://~(略)~lunalys/analyzer/write.php');に変更したけれども、こっちでは動きませんでした。書いてあるやつだと動いたので勝手な変更、ダメ、ゼッタイ。

結果

これで計測出来ていることを確認した上でアクセス解析プラグインを削除、DBからも消した結果、SQLiteのデータベースが38M→13Mに容量削減。
動きも随分と早くなりました。

問題

パスワードプラグインを使用しているため、アクセス解析上ではどのページもサイト名しか表示されない(アドレスは取得できている)。
現在気が向いた時にページタイトルを一件一件記入しています。面倒くさいけど軽いのでしょうがない。