日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

映画「亜人」

f:id:wride:20171029152857j:plain

2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。

見てきた人

  • 原作は読んだことがない
  • アクションモノが好き
  • 出演役者(特撮出演役者)目当てな部分がある

感想

めっっちゃくちゃ面白かった!
アクションの全力さ、原作を知らなくとも話のわかりやすさなど最高。
半ばアクションと役者目当て(ハイアンドローのアクションスタッフさん+特撮出演役者が多い)で見に行ったのだけれども本当に面白かった。

特にアクションが凄かったのは秘書役の川栄李奈さん。前にAZUMIを見たときも太腿の筋肉の浮かび上がり方やばい! 太刀筋早い! 格好いい! なのに可愛い! と思ってたのだけれどもこれでも凄い。とにかく凄い。推しがこんな役をやってたらわたしは最高。ていうか推しじゃなくても最高。
外見がどちらかというとむちむちロリロリというのか、身長低めで横を向いたときにむちっとしてるなあという雰囲気がある感じなのだけれども、そんな子がアクション始まったら一気に動くわ結構可愛い声で「クロちゃん!」なんて叫ぶわ、それで関節技キメて来るわで超格好いい。あまりにかっこよかったし可愛かったし見たその日ずっと川栄ちゃんパない川栄ちゃん最高だけ言っていた。本当に川栄ちゃんが凄かった。
一応ハイローのアクションスタッフさんということは知っていた上で見たので関節技がハイローの日向みたいじゃんwと笑ったけれどもあの低めの身長でこの動きするのめちゃめちゃ格好いい……。川栄ちゃんが最高なので川栄ちゃんファンは皆見てほしい本当に凄かった素晴らしかった。見てほしい。

わたしは前にライチ☆光クラブの感想を書いたときにも書いたのだけれど痛いのや怪我がきつそうなのが得意じゃない。今年だと東京喰種や新感線あたりが見ていてきつかったのだけれども、この映画はそのあたりの配慮が凄かった。
亜人は不死身の存在。そのため実験に使われ、映画冒頭では主人公の永井がチェーンソーじみた何かで切断されるところから始まる。めちゃめちゃ痛いぞ! と覚悟して見てたのだけれども、切り落とされるシーンは人間の陰になっていて見えなかった。ナイスカメラワーク。
それ以外も一発撃たれればさくっと死んだり、一般人は銃で撃たれる・首を斬りつけられるで一撃死、亜人は一度死ぬことでダメージオールリセットなのである程度ダメージが蓄積されるとヘッドショットや首斬りつけなどでの自殺で全体的にあまり痛そうなシーンが無かった。痛いのだめな人に優しい。

そんな中でも前述の川栄ちゃんのキャラだけは、白いシャツが真っ赤になるぐらい腹を刺されるシーンで痛そうに顔を歪めていたりともうホント演技力すごいしその状態での動きづらそうなアクションが凄いしで最高だったので、ぜひとも川栄ちゃんを見るために見てほしい。川栄ちゃんの演技が凄い。
別に彼女のファンでもなんでもないんだけどこれだけ全力で押してしまうぐらいに凄い。

 

アクションシーンは終始良かった。しかもでかいのがいくつかというタイプではなくでかいもの+小さいのもちょこちょことというタイプなので凄い。
綾野剛のアクションがキレッキレで良かった……。佐藤健も当然だけれども速かった良かった。個人的には川栄ちゃんが凄かったので城田優vs川栄李奈戦が一番ツボだったのだけれども、他のアクションどれも凄かった。SATvs佐藤が好き。

 

物語自体も、最初に描いたとおり原作未読で言っても設定・特殊能力・どういう物語かがわかりやすくてよかった。
SAT戦で佐藤の圧倒的強さを見せつけて、なおかつ永井の目的を明確にした上での協力が最高に良かった。呉越同舟パターンが大好きなので熱い。うまくいくのでは? と思わせてからの、ただの強さだけじゃなく亜人の能力を利用しての知能戦を仕掛けてくる佐藤とのやり合いが最高に楽しかった。
ラスト10秒がうーん? みたいに言われているけれども、事前に伏線も貼ってあったこともあって、個人的にはすごい良かった。

本当に良いアクションモノを見た……という気分。最高でした。