日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)天城ケイ

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

 再読。
 才能がないと言われる少女と、彼女の家庭教師兼才能がないなら殺してこいと言われた殺し屋の話。

 やっぱり後書きにもあるように「先生と教師」って関係性は良い。先生だからこそ守るという理由付けにもなるし、守ってくれたから、かっこいい人だから好きになるという理由も輝いてくる。
 生徒であるメリダは自分を助けてくれ、なおかつ何かあったら守ってくれるし強いし格好いいクーファに対して恋愛にも近い感情を抱いて憧れてるけれど、クーファだってほぼ一目惚れにも近い状況なのにそれに気づかず彼女を生徒として大事にしている距離感がとても美味しい。

 そもそもが、今まで人殺しをガンガンしてきたクーファが、殺さず守ってやりたいと思うあたりがもうすでに才能惚れか性格惚れかわからないが惚れているのだよな。それにも気づかず、彼女をただ強くしていきたい、それがアサシンズプライドだからと言い切るクーファ、どこか鈍いのかなんなのか。
 メリダの位階が変わっていることがバレたら即死亡、自分がやらかしたことがバレたら即死亡、そんなヤバゲな運命共同体になることを選ぶ意味をもうちょっと考えたほうがいいんじゃこの朴念仁。
 とはいえ彼がメリダを生徒として愛しているのも本当で、彼女が自分が教えたことで実力発揮すればたまらなく喜ぶし、彼女の実力がメキメキ上がっていくのを見てテンション上げていくのも良い。

 中盤の公開試合、メリダの親御さんが見に来ている以上、もしここで自分がやらかしたことがバレたら即刻命がもうやばい。いくら自分の能力がカンストどころじゃないクーファであっても超危険。そんな能力高いクーファが、ただただ自分の命を預けた少女の成功を願うしかないのが話として美味しいし、そして途中からそんなのほっぽってメリダ自身の能力の上がりっぷりにただテンション上げていたのが先生としてすごく好き。
 本当にクーファはメリダのことを生徒として愛しきっている。

 終盤でメリダの恋のライバルが予想外なところから出てきたのが美味しいので、今後が楽しみ。  3巻まで買ってほっぽってたらいつの間にか5巻ぐらいまで出てたので、改めて1巻から読み直しつつちゃんと追いかけたい。

広告を非表示にする