読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

ネトゲ廃悪魔の願い叶えます。 (ファミ通文庫)初心音コマ

ピノ・メルフォートは稀代の天才魔法使い…のはずだった。なんと名門メルフォート家の魔力は、悪魔と契約し手にいれたものだったのだ!魔力の返済を求める悪魔の少女ファナミナ。名誉を取り戻すため返済を決意するピノだが、担保に魔法の才能を奪われた上、求められた代償は―この世界フィルエストラをゲームに仕立てアバターを使い遊んでいる悪魔の要求を叶えること!村人Aや貴族になりきった悪魔の願いとは?VRライフ支援型ファンタジー!

 正直あんまり期待せずに読んだんだけれどものすごく面白かった。
 あと、おねショタ。

 話の設定自体がさりげなくちょっとめんどくさい。
 主人公らの住まう世界、魔法がメインで扱われる世界がある。そしてそれとは別の異世界として、ヒロインら悪魔の済む世界が存在する。悪魔たちは主人公らの住む世界をMMORPGの世界として、自分たちをアバターとして存在させている。故に、悪魔たちは主人公らの世界へはアバターとしてしか存在してない。
 自分で書いてて意味わかんなくなってきた。ちょっと設定が面倒くさい。
 ともかく、主人公は魔力の返済のため、運営側である悪魔に力を貸して、MMORPGとして遊んでいる悪魔たちの要求を叶える事となる。

 冒頭にも書いたけど、ヒロインは悪魔のファナミナ。悪魔であるために主人公よりもずっと長く生きる。そのため、主人公がごくごく幼い頃からいるものの、外見はほぼ全く年を取っていない(そもそもアバターだし)。そんでもって、主人公が頑張ってたりすると母性本能発揮して抱きついてきたり、幼いころはお母さん代わりをしていた時期もあるのでそういう目で見ちゃったりもする。主人公側もあんまり恋愛感情を持っている様子はない(といいうか恋愛に関してめっちゃ鈍い)。
 そういうお姉ちゃんなヒロインと、ショタの主人公。めっちゃおねショタ。とても良かった。

 悪魔勢が良い性格をしていて好きだった。関西弁の胡散臭い借金取りでヒロインの上司である男・ツァウラがいい性格してて好き。
 それ以外のキャラたちも、みんな目的はこれ! ってしっかりしているので分かりやすかった。

 作中、MMORPGの世界では人格者の神父として過ごしているが、オフではただの引きこもりゲーマーというキャラが登場する。自分は普通の仕事なんて出来ない、ゲームすることしか出来ないとうだうだいう彼に対して、主人公が「この世界で神父になるというのはとても努力が必要だ、そんなことが出来るお前ならば現実世界でだって努力出来るだろう」というのがすごく良いシーンだった。
 悪魔たちはこの世界をネトゲとして見てる。しかしこの世界の住人である主人公らにとっては、普通に生きる普通の世界だ。だからこそ、ただのゲームとしてではなく努力の結果として見れるのだなあ……と。良い話だった。しかもそれが後半への伏線として生きてくるのだからなお良い。天才肌に見せかけて実は努力家の主人公、最高。

 話としてすごく面白かった。続きもあるなら読みたい……と思ったらこれはなさそうだな……。

広告を非表示にする