読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

銀狼王の求婚 箱庭の花嫁 (一迅社文庫アイリス)小野上 明夜

★★★☆☆ 読書 読書-ライトノベル

エレンシア姫が求婚されたのは、忌み神を宿したと恐れられている、美しく冷酷な王・フレドリクセンだった。けれど、エレンシアにとって彼は、厳しくも優しい初恋の相手。幸せな結婚を夢見るエレンシアだったが、フレドリクセンは力に翻弄され、恐ろしい銀狼王になっていた!彼の『生贄の花嫁』となったエレンシアは、元に戻って欲しいと奮闘するが…。忌み神に蝕まれた孤独で強大な王と、閉ざされた箱庭の姫の心の行方は―。

 これは……。主人公が男運が悪すぎるというか、四面楚歌過ぎて笑えない……。

 兄たちにはいじめられていた時に現れた初恋の相手に「強く賢く美しくなってくれ」と言われたために、強く賢く美しくあろうとした姫様。実際強く賢く美しく育ち、やっと初恋の相手と結婚できるとなったら、相手は性格が残忍になってるわ、相手の弟からも求婚されるわ、唯一信頼してた従者にも恋愛感情を持たれているわ、従者はそのために主人公の兄と通じていたわ、主人公の兄は主人公を嫁にしようとしているわでなんかもう四面楚歌。こいつに味方はいないのか。
 しかも、その中にまともな性格に人間がいれば良いものの、初恋の相手は体内に魔獣をおろした関係で性格が歪みまくってしまっているし、義理の弟は全く笑えない自虐ギャグを連発する暗いの、従者はまだマシだけれども守ってくれるよりも主人公の後ろに隠れてしまうし、血の繋がった兄はちょっと論外。まともな相手はいないのか。

 これで主人公が「色んな人にモテちゃったはわわ><」系ならまだはいはいそうですねと読めるし、「みんな優しいけどなんでだろ~???」みたいなノリだったらうぜえなと読める。しかしこの話の主人公は初恋の相手以外はちょっとご遠慮願いたいとちゃんと思ってて相手にも言ってて、その上で求婚されるからなんというか、不憫極まりねえ。
読んでて主人公に対して、お前そんだけ出来るんだったら他の相手も選べると思うよ? 他の相手を探したほうが良いと思うよ? 現状ろくな相手いないよ? とここまで思ったのは初めてかもしれない。

 ろくでもねえ男たちに翻弄されつつある程度立ち向かい戦う姫様の話ではあるんだけど、初恋の君が読んでて結構ムカついた。まともな人の振りも出来るんだったらもっと早くやれよと思ってしまった。一応彼的には姫様の幸せを願っているのはわかるんだけど、もうちょっと早くから頑張れ。

広告を非表示にする