読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

武将転生王子! 織田信長、職業はアイドルです!? (ビーズログ文庫アリス)妙見 さゆり

貧乏女子高校生の百井ひなたは、破格の条件と交換に、売り出し中の新人アイドル“B・SHOWZ”のお世話係を命じられた!だが彼らの正体は…織田信長伊達政宗の転生者!?「おい女。おまえは、どこの手の者か!」「女性は皆、薔薇のように大切に育てなきゃ」ひなたは、問題だらけの彼らをお世話し、見事、仕事を獲得することができるの…か?

 bookwalkerのニコカド祭り再来で半額になってたから購入。ビーズログ文庫アリスってとなりの魔王ぐらいしかちゃんと買ったことはないけど、もしかして現代モノ気味なのかな? と思ったり。たかだか2冊程度で何をわかった気になっているという話だけれど。

 織田信長(ショタ)と伊達政宗(タラシ)がコンビを組んでアイドルをしているところに、お世話係として主人公が派遣される話。主人公は貧乏で、特待生待遇を人参として目の前にぶら下げられている。歴史上の人物が云々がなければなんとなくよくありそうなタイプの話。
 でも織田信長伊達政宗がアイドルというあらすじを見て一番最初に連想したのが戦国鍋TVのうつけバーだった。この小説では特に女装はしていない。

 雰囲気的には乙女ゲーのノベライズ風味織田信長ルートという雰囲気。
 なかなか懐かない猫みたいな気まぐれな信長(ショタ)に次第に膝枕だので距離縮めていったり、女たらしと見せかけて変な部分でトラウマ持ちな政宗のトラウマ解消をしていったり。
 主人公のキャラ付けを貧乏以外は薄くすることで、逆に相手の男キャラを印象的に見せかけてるのかなーと思った。主人公ほんとキャラが薄い。
 個人的にはそれよりもクラスメイトの平安女子連中がとてもツボった。毒舌ブロガー紀貫之腐女子紫式部と比較的まともな清少納言紀貫之がキャラが濃すぎる。清少納言のこと大好きで近づくやつ全員敵でボクっ娘紀貫之ボクっ娘ネカマしすぎて転生したら女になった。

 平安ガールズや雪舟平賀源内などは結構元の歴史上のキャラクターのキャラ付けが強かったのだけれど、信長は意外とそこまででもなかったなという印象。というか、伊達政宗は料理上手などパッと思いつくというか現代のキャラ付けにも応用できるネタがあるから良いのだけれど、織田信長って案外難しいのかもしれない。炎が怖いというのも、そうか最後本能寺で炎に包まれたからかとはわかるけれど、延暦寺焼き討ちだの、松永久秀が逃げた後城にいた人間小屋に突っ込んで火をつけた件だのを思い出すと結構炎属性のイメージがあったので意外なかんじ。

 ラストのラストに出てきた森蘭丸がアレな意味で濃ゆすぎた。信長と政宗の転生者の二人でも信長のほうが年下だったり、平安ガールズがほぼ同い年ぐらいの年でいたりとするので生まれ年齢はかなりばらばらなのか。
 ほんと全体的にキャラ付けが面白かったので、他のクラスメイトメインの話が読みたい。主人公+メインアイドル2人はそこまで好みじゃなかったが、雪舟や平安ガールズが非常に面白かった。

広告を非表示にする