日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

ジャバウォック 真田邪忍帖 (Novel 0)友野 詳

魔王・織田信長が召喚した邪悪な神々により魔界化した戦国の世が終わって十年。太平の世を再び魔界戦国に戻すことを企み、悪神の力を宿す真田十勇士あらため“十幽鬼”が冥府から舞い戻った!それに立ち向かうのは、真田幸村の忘れ形見にして大阪の陣で散ったはずの“生きていた兵”真田大介。古今東西を問わない様々な神々の力を持つ者同士が豊臣の莫大な黄金塊を求め、今ここに、わけのわからぬ化け物=「ジャバウォック」たちによる、想像を絶する奇怪なる戦いの火蓋が切って落とされた。超スケール伝奇アクション!

 歴史、ファンタジー、山田風太郎系。
 大阪の陣から10年後、悪鬼の力を宿して現れた真田十勇士ならぬ十幽鬼と、彼らと戦う真田大介の物語。

 赤真田(上川さん主演のほう)を見てから真田大助主役の小説探してたのだけれど、意外とあんまり無いんだよね。秀頼、西へ - 日々放置プレイぐらいしか見つけられていない。大河ドラマもあってもうちょっと関連小説が増えるのかと思ってたんだけど。
 などと考えてる所でノベルゼロから出てた。ノベルゼロという時点でこれは濡れ場有りだな! あらすじ見た感じ山田風太郎系かな? と思ってたけどだいたい正解。

 豊臣の財宝を封印しなおすために、鍵である千姫を攫って隠された場所へと向かう真田大介。道中では十幽鬼として蘇ったかつての仲間たちが立ちふさがったり、ドジっ子くのいちがなんとなーく仲間になったりする。
 敵も味方も謎ファンタジー魔法を使ってくる。もうホント何でもありだなw しかもそれに加えて第三勢力的な立場で歴史修正主義者的なやつもいる。こいつは未来の道具を使ってくる。もうホントに何でもありだなww
 そんなやつらでドンパチしながら最終的には秀頼の隠した豊臣の財宝を探すのだと思う。多分。

 個人的にはドジっ子くのいち非常にツボった。戦闘時にはしっかり戦えるけれど、日常的なあれこれだと結構ドジっ子部分が会って可愛いぞ。
 十幽鬼メンバーだと三好伊三が女だったのに驚いた。それもありだな。
 十幽鬼たち、大介の前に立ちふさがりつつも、昔かわいがってやっていた大介に対してちゃんと情があるし可愛い大事なやつともある程度思っているのが見えてきて結構良い。ニワカ大介好きとしてはなんだか嬉しかった。
 大介の、秀頼への友情にも似た感情がすごく良いな~。そりゃ10年も一緒にいれば情の種類も変わっていくだろうけれども、もうただの主従ではなく、友として、仲間として大事な人になっているっぽい雰囲気がすごく良かった。くのいちに問われて秀頼との関係を話す時の大介が微妙に声音が変わるというのがなんとも良かった。

 面白かったんだけれども、やっぱりエログロ有りなので好き嫌いがわかれそう。一般小説も濡れ場はあるけどね! 一応成人男性向けラノベみたいなカテゴリだからかな。でもそこまで濃いわけじゃないし、回数も多いわけじゃない。他のノベルゼロでもっと多いのもあったので、これぐらいだったらさらりと読める範囲じゃなかろか。
 真田丸や最近の映画真田十勇士、舞台の真田十勇士で興味を持って、めっちゃ変なやつ読みたいという人にはおすすめかもしれない。

広告を非表示にする