日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

映画 真田十勇士

f:id:wride:20160930213836j:plain

堤幸彦監督と中村勘九郎がタッグを組んで大ヒットを記録した2014年の舞台「真田十勇士」を映画化。関ヶ原の戦いから10年後。真田幸村は天下の名将としてその名を世に轟かせていたが、実際の幸村は奇跡的に運に恵まれ続けただけの腰抜け男で、自分の虚像と実像の差に悩んでいた。そんなある日、幸村は抜け忍の猿飛佐助と出会う。自分の嘘とハッタリで幸村を本物の天下一の武将に仕立てあげることを決意した佐助は、同じく抜け忍の霧隠才蔵ら9人の仲間を集め、「真田十勇士」を結成。亡き秀吉の遺志を継いで豊臣家復権を狙う淀殿に呼び寄せられた幸村と十勇士は、瞬く間に徳川との戦いの最前線に立つことになってしまう。佐助役を中村勘九郎、才蔵役を松坂桃李が舞台版に続いて演じるほか、佐助と才蔵の幼なじみでありながら彼らの命を狙う女忍び・火垂役で大島優子が本格時代劇に初挑戦する。

見てきた人

  • 舞台の初演は見ている、再演はこれから
  • ただし初演は赤真田と時期が近くて記憶が不確か
  • 加藤和樹の声が聞きたくて行った

話に対する感想

 これは……これはどうにも……。

 一大スペクタルだとかコメディ部分強め映画としてはすごく面白かった。冒頭初っ端からしばらくアニメが続くの面白すぎたし、もしかして間違って入ってしまったのでは……? と思い始めるタイミングで※もうすぐちゃんと本編が始まるよ! って書いてくれるの最高に面白かった。あのアニメの絵もまたキャストさんたちにめっちゃ似てるのな。加藤和樹由利鎌之助がすごく似てて笑ったし、松坂桃李霧隠才蔵もすごい似てて笑った。すごい。

 ただ、映画でやりたいことがわかりやすすぎた。
 おそらくは舞台で(初演はかなりのプロジェクションマッピングを使いまくった)合戦部分を、映画の迫力でやりたいのだろうなと思った。そのため序盤の九度山のシーンなどもアニメを利用しそこそこカットし、合戦部分を伸ばし、なおかつCGなども使って迫力満点にしている。  けど、そこが勿体無い。
 九度山の部分がないので、なんで佐助がこんなにも幸村に対して肩入れしているのかがわかりづらいし、才蔵・鎌之助によって「この中に一人裏切り者がいる」と言ったくだりであそこまで佐助がキレるのがわかりづらい。もともと舞台でも佐助は感情察しづらいキャラの一人だったんだけれども、なんかよくわからんうちに、少なくとも視聴者的にはそこまで馴れ合っている描写がないうちに、十勇士たちにかなり肩入れして裏切り者などいないと信じたがっている甘すぎる忍に見えてしまってだめだった。
 これが九度山でわーわーしているシーンが入っていたらちょっとは違ったんじゃないか。少なくとも初演舞台を見ているときにはこの部分の違和感が無かったので。

 また、合戦シーンが増やされたことにより、終盤のシーンは冗長さが増してしまっている。なげえよ! と思ってしまった。
 もちろん勇士らの死亡シーンは感動したのだけれども、なげえよ。
 死んだ人たちは結構死に方が変わっている印象。初演は望月六郎真田大助を庇いつつも、大助もその場でさくっと死ぬような覚えがある。でもこれに関しては幸村-海野六郎主従と、大助-望月六郎主従の対部分として描かれているようで良かった。海野六郎、基本的に戦闘シーンがここしかないので多分戦闘自体に向いてないのにわざわざ幸村についてきて死んだんだろうな感がある。

 なので、この映画自体、舞台を見てその補足(もしくは蛇足)として見るのが良いのではないだろうかと思った。舞台だとどうしても場所・使えるものも限定されているために観客の想像力に頼らなければならなかった部分を、ド派手な迫力で見せてくれる。

 個人的に初演の時点で気になっていたのがラストのどんでん返しのシーン。今回もほぼその部分は同じ脚本だった。
 夏の陣で戦って散った者たちがいるので、その後のどんでん返しの死んだふりが重みを増してシーンとして活きることはわかっている。しかし、ならばこの死んだ者と生きた者の違いはなんだろうなと思ってしまう。どんでん返しで死が軽くなってしまうというか。なんかもったいなさがあった。

 あまり話題になっていないけれど、人死の描写が結構エグい。目の前でガンガン死ぬし、死体もごろごろ転がる。首を掻っ切られて死ぬシーンはかなり出てくるので、人死アクションが苦手な人は覚悟して行ったほうが良いと思う。
 わたしもグロは得意じゃないが、一撃必殺で死ぬならばあんまり問題ないので大丈夫だった。というか首チョンパされるシーン、松坂桃李が空飛んでやってくるあたりで笑いすぎてそっちの印象のほうが強くて……空飛ぶ松坂桃李つよい……。

キャラについて

 気になったものの一部だけ。

 佐助(中村勘九郎
 白目がでかい。他の人と並ぶと印象的なのだけれども、もうとにかく白目がでかい。目がぎょろっとしているわけじゃないのに白目がでかいのがすごく印象が強い。瞬きも少ないので更にでかく見える。
 滑舌がすごく良い。何を喋っても聞き取りやすい。すごい。なんかもうすごい。
 佐助自体が何考えているのかすごく分かりづらかったので、幸村が「明日は本物になる」と言ったシーンで佐助が泣いているのもどうにも理論としてはわかるのだけれども彼の感情としてはよくわからなかった。結局佐助は、最初の最初、何もないと言っていた幸村をうまいこと本物の武将にしてやろうというところから始まって、幸村自体に面白いからではなく本当に信頼できるから、尊敬できるから、そうしてやりたいから的な感情を持っていたということで良いのだろうか。軽い部分から前置きなしに泣いたりキレたりがあったので、ちょっと彼に感情を乗せきれなかった。
 佐助がいるとシリアスな部分に軽いツッコミが入るので、こちらも真面目になりきらずに済むので良いw 火垂と才蔵のシーンで「俺は?」とか軽いツッコミ入れてくれるのがとても良い。好き。

 霧隠才蔵松坂桃李
 顔面レベルが高い。アップ率が高い。ぶっちゃけ松坂桃李の顔を見るためだけに映画行っても十分もとが取れるのではないかと思うぐらい顔が良かった(感想には個人差があります)。  なっがいマントばさばさやりながら短めの刀を逆手持ちでアクションする松坂桃李のビジュアルが強い。
 あと、前述の通り空飛ぶ松坂桃李が面白すぎてダメだった。笑う。初演舞台でもワイヤー付けて飛んでたけど映画でも飛ぶのかよ! しかも回数増えてるし! もうまじで空飛んで攻撃する松坂桃李を見るために見に行っても十分良い映画だから見てほしい。
 キャラ的に感情移入しやすい立場だった。佐助が何考えているか分からない分才蔵がわかりやすくてよかった。冷静冷徹に見えて意外と他のキャラのこと信頼している(鎌之助から裏切り者がいるかもしれないと言われたときにその発言を迷わず信じた)あたりが良いし、三好兄弟の良い親分していてとても良い。

 火垂(大島優子
 才蔵に矢を射掛けて情報を与えたシーンで、思わずそんな近くから射る必要は!? と突っ込んでしまった。いやあれあんな近くから射る必要性は皆無なのでは!?
 という冗談は置いといて、女の子っぽいシーンとちゃんと忍してるシーンの切り替えがすごく良かったー! 切り替えが、パキッとしてるわけじゃなくて滑らかに切り替わるのがすごく良かった。かわいい。「絶対って言ったら絶対!」の突然女子の理論かましてくるシーンの声のかわいさやばい。まじでやばい。
 基本的にギャグ要員というか、恋愛要素はほぼ全てギャグ状態に持っていかれるのがなんだか面白かったぞ(主に全て佐助のせいで)。佐助の嘘伝言ごときで信じちゃって本気で協力しちゃうのが本当に可愛かったし、ラストのブチ切れさいこーに良かった。

 真田大助(望月歩)
 これは……殺すに忍びない……。舞台よりころころした可愛いお子さんというビジュアルになってしまわれたせいで、彼が戦ったり頑張ってたり死んだりするシーンでのこちらのこころの痛みが半端ない。このビジュアルは怖いというか強いというか。

 筧十蔵高橋光臣
 なんで衣装の尻尾なくしたの。なんで。
 初演舞台で! 立ちションしてる十蔵の尻尾が揺れるのすごい好きだったのに! 消えた! 全体的に映画の衣装良いなと思ってたけどここだけは許せない。
 カマっぽいキャラ付けを前より強めに出してて、なおかつ強いというキャラだった。ただ、初演舞台で仙九郎に言われた「男に惚れてこちらを裏切るか」的な発言があったからの彼の真田側へとちゃんと付く部分に良さがあったとおもっているので、今回その台詞カットが勿体無い。そりゃ彼が裏切った理由は変わらず鎌之助だろうけれども。
 とはいえ、そういうカマっぽさ部分だとかそういうのを消しちゃうとまじで彼のキャラ付けが消えてしまうんだよな……。ただでさえ勇士が10人もいてわやわやしてるので、たしかに必要な設定かもしれない。メタ的な意味で。

 しかしどれにしても、キャラについて考えるほど九度山のシーンが欲しかったなあ……と思うわけで。
 結構対として見ると面白い部分は多かった。大野兄弟の死に様だとか。

 とはいえ、やっぱりこれ舞台の補足(もしくは蛇足)としての映画だなあ……という気がした。

広告を非表示にする