読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (一迅社文庫)七月 隆文

「あなたは、我が校の“庶民サンプル”に選ばれました」ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に拉致されてしまう!伝統と格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、同世代の「男」を見たこともないという超絶箱入りっぷり。異性と世間に免疫をつける教育のため、「庶民サンプル」として選ばれた公人だったが、ケータイ、ゲーム、漫画すら知らないお嬢様たちにとって「庶民」は憧れの存在で…!?いきなりお嬢様にモテモテ生活スタート!ハートフル学園ラブコメディ。

 学園、ラブコメ
 世話焼き型主人公が、突然お嬢様学校に転校させられ、庶民のサンプルとして見世物状態にされる話。

 主人公が選ばれた理由が適当すぎてそれでいいのかよ! と思った。というか、主人公が惚れられる流れなども含めてあまりにそれでいいのかよ! と言いたくなる都合良すぎるパターンが起きているのは気になった。
 選ばれた理由が主人公が筋肉好きだから(勘違い)、惚れられた? 興味を持たれる? 流れは主人公がこの場では珍しい庶民だから(個人ではなく庶民だからという奇抜さで興味を持たれる部分が多い)というのがどうにもこうにも。
 ただ、女の子に好かれているけれども気づかない主人公という流れのためならある意味とても正しいとも思えた。

 ヒロインはそこそこ可愛い。メインヒロインはぼっち少女。同じクラスの人気者少女の評判を貶め相対的に自分を上げてやるぜ! そのために人気者の庶民を利用してやる! と息巻く少女。残念系ヒロインだし努力の方向が空回りなんだけど、それを含めてなんかもうすごい可愛い。見てて不安になるけど可愛い。
 これ以外にも、ポンコツ刀少女や合法ロリ、人気者お嬢様など。合法ロリの集中していると脱いでしまうとかは正直全く意味がわからない。
 誰も彼も主人公に興味を持つ理由がすごい適当なんだけど、きっと女の子たちにきゃっきゃ惚れられても気付かないままの主人公というのが話のメインテーマなのでそれでいい。

 終盤の庶民パーティの展開は、事前の「庶民というものが珍しい」「庶民に憧れているお嬢様」の流れを旨く汲んでて面白かった。そして、主人公がそれを自分のためにやってくれたと思ってたのに実は……ということを知ってのお嬢様の反応、初めて他人を嫌いになるという流れはすごく良かった。
 ただどうしても、個人的には主人公にそこまで魅力を感じなかったので、みんなよくそんな珍獣に惚れるなあ……みたいな感覚はずっとあった。

 本当に主人公が気に食わなかった。どうして他のキャラがこの主人公を好きになるのかわからなかった。ちょっと面倒見の良いばかりの人に見えたので、庶民というレッテルさえ剥がしてしまえばどこが良いのかわからない。なので、主人公がもっと好きなタイプだと読みやすかっただろうなと思った。

広告を非表示にする