読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

さびしがりやのロリフェラトゥ (ガガガ文庫)さがら 総

★★★☆☆ 読書 読書-ライトノベル

「変猫」のさがら総が贈る、新青春エンタ!
 
ぼくらの学校には、血を吸いつくす吸血姫がいる――。クラスメイトたちのあいだでまことしやかに囁かれる噂は、真実だった。理想と現実のバランスに苦悩する高校生作家、常盤桃香は深夜の旧校舎で怪異と出会い、風変わりな姫とおかしな会話を紡ぐことになる。「汝、無礼である。如何なる理由でここを訪れるか?」「おでんを作ったので」「……おでん?」「こんにゃくもあります!」「……こんにゃく?」けれど、ふたりの奇妙な友情は、死体の出現をもって終わりを告げた。常識人的いじめっ子、自爆系宇宙ロボット、そして“正義の味方の敵”のぼく。優雅なる吸血姫を取り巻く人間関係は多角的に入り組んで、表と裏が混じりあい、複雑怪奇な青春群像劇を織り成していく。「だれもが静かに平和に暮らすだけの話を書きたかった」「いいかな? だれもそんな話は読みたくないんだ」――これはぼくたちの悩みを笑い飛ばす物語だ。そして、ハッピーエンドになるべき物語だった。『変態王子と笑わない猫。』のさがら総が挑む、新機軸の黄昏ロリポップ! 誰にも先が読めない青春ミステリアスコメディ、開幕!

KindleUnlimited対象。

ファンタジー、学園、アクション、恋愛。
吸血鬼と出会った女子高生作家から始まる、多面性物語。

うわー面白かった。面白かったというのか、いや面白かったんだけど、面白かったんだけど【物事は見る方向によって全く違う姿を見せる】という感じの小説だった。円錐かよ。三角と丸かよ。なんだこれは。
序盤の展開で一応ギリギリ常識的いじめっ子が何かしら意味がある立場では? みたいなことは思ってたんだけど、まさかこうなるとは! みたいなのをバカスカ食らった気分だった。

以下ネタバレあり。

 好きな点

  • いやなにこれ……序盤だけ読んだだけじゃあ全く話の構造がわからなくて、吸血鬼視点になった途端に何が起こったのかと思った。女子高生小説家が「何故自分の外見ばかりを売るのだ」「なんで自分自身の物語ではなくわたしを売ろうとするのだ」と散々悩んでいて、その章ではかわいそうだなとすら思っていたのに、吸血鬼の章になった瞬間にいやこれはしゃーねーわ……出版側としてもその方向で売り出そうとするわ……と真顔になった。
    だって女子高生ロリエロベ作家だよ!? そりゃ出来ることなら顔つきで売り出したいわ……わかるわ……。
  • 各自の主観の違いの物語なので、それぞれの主観によって物語が違うというのがわかってからが本番。なんで吸血鬼視点からが面白い。偉ぶった高貴な吸血鬼を演じていたという彼女がもうめちゃくちゃに愛らしい。また、ロリがでかい姿を取ろうとする理由としての理由付けが最高にひどすぎて納得できた。
  • 常識的いじめっ子可愛すぎでは? この子が物語内の唯一の良心というか。なんで彼女に対しての反応が周囲はそうなのか、と考えたときに、中学校からの進学組は正義の味方が過去にやらかしたことを知っているからこそ彼女が誤魔化してやっていると一部わかっている部分もあるのだなと、だからそうなっているのだとわかってからが面白い。
  • 正義の味方はヤバ可愛かった。いじめっ子とくっつくのかな? と思いきや。
  • 物語が読めば読むほど驚かされる、事実が明らかにされていくというタイプなので、読み進めることが面白い。しかし個人的には小説家と吸血鬼の取り合わせが一番面白かったなあ。

気になった点

  • 文体とっつきづらい、特に吸血鬼視点が読んでてきつかった。クオリディア小説読んでいるのでカナリアを連想してしまった部分がある。
  • ラストがうーん、あんまり予想外という展開にならなかったのが残念。この流れだったらもっと突拍子もない落ちが来るかと期待していた。

 

地味にガガガ文庫が1巻全てをKindleUnlimitedに出してくれているので、ガガガを読み切るまではやめずにいられそう。たまにHJや一迅社もあって面白い。前々から気になってた戦国ぼっちがかなりの数入ってるのがホント嬉しいんだよなー、あれリアル書店じゃ全然見ないから。

クオリディアはどうなるんだろうね……。イベントの時期の変更とOPが中途半端なところで変更されたところから、もしかして2期を予定していたけれどもあれがアレすぎてやっぱり駄目ですみたいなことかなって思っている。個人的には神奈川が一番好きです。神奈川は橘公司脚本&本文だと百合じゃなくて同士であり戦友であり友達なので最高です。

広告を非表示にする