読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

Bハナブサへようこそ(東京創元社)内山 純

★★★★☆ 読書 読書-文芸書

僕――中央(あたりあきら)――は、大学院に通いながら、元世界チャンプ・英雄一郎先生が経営する、良く言えばレトロな「ビリヤードハナブサ」でアルバイトをしている。 ビリヤードは奥が深く、理論的なゲームだ。そのせいか、常連客たちはいつも議論しながらプレーしている。いや、最近はプレーそっちのけで各人が巻き込まれた事件について議論していることもしばしばだ。今も、常連客の一人が会社で起きた不審死の話を始めてしまった。いいのかな、球を撞いてくれないと店の売り上げにならないのだが。気を揉みながらみんなの推理に耳を傾けていると、僕にある閃きが……。 この店には今日もまた不思議な事件が持ち込まれ、推理談義に花が咲く――。 第24回鮎川賞受賞作。

KindleUnlimited対応。

安楽椅子探偵、ビリヤード、ミステリー。
ビリヤード喫茶に持ち込まれる謎を、バイトの青年が話を聴くだけで解き明かしていくお話。

そこそこ面白かった。
ビリヤードについてのお話なのでビリヤードに詳しくなければ用語その他わからないかと思いきや、そこはビリヤードにくわしくない友人を出すことでちゃんと用語解説もいれてくれるので嬉しい限り。
話を聴くだけの探偵の場合、往々にして読者側にもほぼ同量の解決に対するヒントが与えられるため比較的こっちも謎解きクイズはし易いものなのだけれども、今作はラスト周辺で主人公がいくつかヒントを貰ってからの謎解きとなり、その部分は読者に明示されないので謎解きゲームとしては中途半端感があったかも。

好きな点

  • ビリヤード自体についてそこそこ詳しくなった気分になれる。
  • 安楽椅子探偵モノが好きなので読んでて楽しい。
  • キャラクターがいちいち濃ゆい。ただのビリヤード喫茶の客のはずなのにロシア語まで喋れるご隠居何者なの。謎すぎる。
  • ミステリー短編集でひとつひとつがあまり長くないので、ちょっとした時間に読むことが出来る。

気になる点

  • 主人公の台詞が全て「」でくくっておらず、時には──で描写されるのが気になった。てっきり主人公は幽霊か人外かなにかか? と思ったらそんなことはなく。ならば一人称は僕の女性だろうかと思ってページを進めたがそんなこともなかった。何か意味があったんだろうか。
    でも推理シーンで台詞ばかりが連続する場所では「」でくくるよりもこれが主人公の発言とわかりやすくてよかったかもしれない。
  • 提示される謎に対して出て来るヒントがめちゃくちゃ多いので、どれが謎解きに関わるものなのか一瞬わからず混乱する。謎解きゲーム自体には全敗した。

ミステリーとして完成度自体はすごく高くて、読んでいて面白かった。

広告を非表示にする