読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

沓掛時次郎 観劇

★★☆☆☆ 見たもの 見たもの-舞台

とある田舎町の神社の境内に、旅芸人一座の“長谷川團十郎一座”がやってきた。
座長の團十郎夫婦のもと、この夜、一座が上演するのは、長谷川伸が残した股旅芝居の傑作の「沓掛時次郎」だ。 観客の涙を誘った終演後。舞台上では、初日恒例の座員勢揃いのお披露目が進んでいる。その賑々しい口上が、 一座がこの町にしばらく滞在し、連日芝居を打つことを告げるのだが、この一瞬の華やかさを感じさせる舞台上こそが、一座の寝床にも変わるのが旅芸人一座の生活だ。そして、座員それぞれが、その生活の場でくつろぎはじめた頃、「おひけぇなすって!」と一人の少女がやってきた。さてさて、いわくありげな座員といわくありげな少女の顛末は・・? はい、それはご覧になってのお楽しみ・・・。 

わたしが見たのは浅野和之さん休演、寺十吾さんが代役の回。ご無事であることを祈るばかりです。

話の内容としては、家出少女が旅芸人一座のところにいついて過ごす数日のお話、というタイプ。酒の好きな座長や、ちょいときつめにも見えるが面倒見は悪くなさそうな役者、新入りなど様々な人のいる旅芸人一座と、読書が好きで、親とうまくいっていない少女。はたしてどうなるか……そして、彼らの行末は、という物語だとは思うのですが。

個人的には合わないお話でした。でも何度も映画化もされた物語である以上、こういったタイプの話が好きという人は一定数いるはずなので、単純に私の好みではなかったというだけのことで、好きな人はすごく好きなタイプだと思います。
洋子さんのキャラも良かった、初舞台の女優さんらしいのですが、微妙に旅芸人一座からは浮いてしまった、この場においては緊張している女の子という演技、そして最後の春を売る女としての演技での変わりっぷり含めてとても良かった。おひけえなすって! って今見た舞台のマネッコしちゃうあたりすごく可愛かった。
段田さんはさすがベテランさんだという格好良く渋く素敵な演技でしたし、それ以外の方もみんな素敵でした。
しかし脚本が合わなかったのだと思います。

ベタなお涙頂戴、過去に演じたことが未来で現実になる、あからさまに怪しい男がなんかそのまんままじで怪しかったとか、見ててあんまりおもしろくなく、こういう人情モノは好きじゃないんだよあな……と後半はぼんやり見ていました。銃での打ち合いのシーンは格好良かったんですが、そういうシーンシーン、区切り区切り、演出一つ見せ場一つで見ればとても格好良いものの、物語全体が好きではない雰囲気なので最終的には面白くなく感じました。

あとから気付いたんですが、これ時代設定が本当に意味がわからないんですよね……。Amazonで本を買います! というヒロイン、そのくせヒロインを売った男は学生運動っぽいのに参加していたという。これはいったいいつの時代のお話なんだ。
そのあたりとか色々と適当というか……微妙な部分が多かった……。

劇場

新国立劇場小劇場。中劇場は今まで何度か行ったことはあるものの、小劇場に行くのは初めて。
小劇場というだけあって小さく狭く、どの席でも見やすそうでした。バルコニー席でも見やすそう。良い。

沓掛時次郎 [DVD]

沓掛時次郎 [DVD]

広告を非表示にする