日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)東 龍乃助

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)

とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!
 
エイルン=バザッドはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。雷鳥国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】のネイバーチームの派遣を決定。しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!

アクション、ロボ、ラブコメ
僕らの救世主であるエイルン負傷から始まる今回のロボ物語。

相変わらずアッツイロボモノアクションラノベ
熱い。本当に熱い。相変わらずテンションの緩急が旨いなあと思うラノベ

今回の巻は、物語において最強かつ救世主、こいつがいれば絶対に大丈夫! と思える絶対的主人公・エイルンが冒頭にて負傷することから始まる。エイルン負傷、よってアンノウンとガチで戦えるのはほぼセレンのみ。しかしセレンは未だ本格的に戦える精神状態ではない。
前巻元不良3人組が死ななかったことで誰かが死ぬ展開はほぼ全くないだろうと思っていたので、その点はあんまり気にしてなかった。ただ、他国からのマリス鎮圧部隊の人がもうずっと怪しげな雰囲気を出しているため読んでて不安だったし、エイルンが重体になったことで不安定さに拍車がかかるセレンが読んでて辛かった。
意識不明重体状態の夏樹を背に庇うようにして、お前たちのせいで夏樹が目を覚まさないと敵対視するセレンがもう辛くて辛くて。今までのセレンがかなり引っ込み思案で他人に対して明確な敵対行動を示すことが少なかったため、どんだけ辛がっているのか、精神状態がギリギリなのかという。
冒頭部分でセレンがかなり夏樹に対して気を許しているというか、二人して一緒にいるのが楽しいのか見せられているからこそきっつかった。

デストブルムが覚醒→戦闘からの展開は熱い。戦いに対して消極的なセレンがデストブルムとの戦闘を納得、彼(彼女?)と共に戦うことを決意というか決める流れが熱い。
そして、エイルンの戦闘が熱い。遅れて出てくるヒーローは格好いいものだ。今回話の中にはほとんど出てこなかったのに、出てきたら一気に流れをかっさらうエイルンはずるい。

ラスト、紫貴がなんとなくエイルンの正体をわかってしまうというあたり、今後の流れに一体どうなるのか気になる。
紫貴にとっては憧れのアニメキャラという存在が現実にいるわけだし、果たして。
とはいえ、今回の紫貴ちゃんがあんまり個人的には好きではなかったかも。現実とアニメを切り分けられてアニメは現実と違うから良いみたいな部分があるような子が、でき婚狙いするかよ! と思わず突っ込みたくなった。いやするのかな……夢見過ぎてればするのかな……。
かなり人としてまともな雰囲気のある、理性でできてるような子が、恋愛に関してのみまともじゃない思考になって相手の心情も何も考えられない子になっちゃうっていう描写が苦手なのかもしれない。

今回は部長&副部長コンビがすごく可愛かった。シートベルト代わりなんて言いながら相手のことを信頼している様子がすごく萌えた。可愛かった。

今後もどうなるのか楽しみ。物語自体も少しずつひろがってきて、今後一体どう広がっていくのか気になる。あと阿賀沼ら元不良3人セットが今後一体どう進んでいくのかが楽しみというか心配というか。

広告を非表示にする