日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

勇者には勝てない (電撃文庫)来田 志郎

勇者には勝てない (電撃文庫)

魔王に次ぐ力を持ち、異世界で人々を恐怖のどん底に突き落としていた三人の魔将たち。だが、勇者にあっさりと破れ去り、今は人間として生まれ変わって平凡な高校生活を送っていた。そんな彼らの前に、勇者の証“光の波動”を放つ転校生が現れる。自分たちを始末しにここまで追ってきたのか!と怯える三人組。これは土下座して許してもらうしかないと覚悟するが…。しかし、彼らは知らなかった。その後に勇者より恐ろしい魔王様の“闇の波動”が迫っていることを!勝てない宿命を背負う、中ボスたちのファンタジック学園コメディ。

第18回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。

ファンタジー、学園コメディ、魔王と勇者。
現代世界に生まれ変わった魔将たちの通う学校に、こちらの世界に生まれ変わった勇者が現れさあ大変、しかし勇者は過去を思い出していないようだ。勇者が思い出さないように東奔西走する過去は三魔将、現代三馬鹿高校生のお話。

これはめちゃくちゃ面白かった!
過去は魔王の部下、しかし現代では三馬鹿高校生。こういうキャラすっごい良いよね。読んでてめっちゃ可愛かった。

転校してきた勇者はどこからどう見ても可愛い女の子。しかし体から発する光の波動によって、近づくだけでも調子が悪くなるし、直接さわりでもしたもんなら即効でしびれが来る。
そんな状況で仲良くなろうなんて言われ、更に勇者に悲しいことがあったら過去を思い出してこちらを殺しにかかるのでは……? なんて思っちゃったので、彼女が悲しまないためにストーカー行為から何から頑張る。でもどんなに辛い時だって仲間がいるから大丈夫! というノリなのが読んでて楽しい。

これやってるのが男子高校生一人だったらそこそこあー……という案件なんだけれども、三人だから馬鹿が悪化するというか。悪友がいるとヤバいよね。アホが悪化する。最高。

というか、この三馬鹿含めてキャラが全員憎めないんだよなあ。
三馬鹿は三人ともして馬鹿というかアホというか、三人揃って三倍馬鹿! という感じで可愛い。とても可愛い。
そして、彼らの脅威である勇者がもうめちゃくちゃ可愛い。ほんわかでぽわわんしてて、でもうざったさが無い。天然少女で嫌味がないキャラ造形ってすごいなと思う。読んでて嫌味な感じがぜんぜん無くて、優しくて。なんだこの勇者。こりゃ勇者だわ、という感じ。ほぼ出会い頭レベルの状況の三馬鹿たちが速攻土下座しても、驚きつつも許容しちゃうあたりがすごく可愛い。
こんな勇者がおねえちゃんだからこそ、あの妹もあんな状態でいられるというもので。というか、この妹のキャラもすごく良い。詳しく書くとネタばれにしかならないのだけれども、この子が「おねえちゃん」が「おねえちゃん」で合って欲しいっていうのが読んでてなんとなく実感できるような、そういう雰囲気ですごく良かった。

コメディといってもラブコメじゃない。本当に、恋愛なんてなく、あるとしても姉と妹の姉妹愛だとか三馬鹿トリオの友情みたいなやつだとか、そういうタイプの愛ばかり。とても良い青春小説だった。青春? 青春なのかちょっと言い切れないけど、面白かった。
話の序盤は女子が勇者しかいないので男女比の偏りっぷりがパない。妹ともう一人が出てきたことでやっと男女比がとんとんになるのだけれど、男のほうが多いラノベってなんだかすごく久しぶりに読んだ気がする。

話が全体的に良いしキャラも良いし、話としてこのさきをみたいなと思う物語ですごく良かった。でも続きないのかー……残念

広告を非表示にする