読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ! (MF文庫J)おかざき登

★★★★☆ 読書 読書-ライトノベル

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ! (MF文庫J)

ファンタジー、料理、ラブコメ
タイトル通り、姫様、世界が滅ぶからご飯食べに行きましょ! というお話。

わたしの座右の銘のひとつに「生きるって、美味しいってことなんです」というものがある。
昔、というよりも現在進行形で好きな仮面ライダーである仮面ライダーアギトの劇場版で言われていた台詞のひとつ。作中で主人公が「生きるってどういうことだと思います?」と訊かれた時の答えがこれだ。
生きることすなわち食べることだし、命をいただくということだし、あと食べると元気になって生きる気力が湧いてくるよね。ということで、ここ十年以上、わたしの座右の銘のひとつがこれだ。
ちなみにこれ以外だと、中学時代の教師が口癖のように言っていた「間違いとキ○ガイはどこにでもある」というやつ。これもなるほど至言だと思うが今考えると教師が口にしちゃって大丈夫なのか。
閑話休題

本編では、異世界からとあるお姫様(と、その従者)がやってくる。ちょっとした特殊体質で、凹んだり悲しんだりすると世界に恐ろしいことが起きてしまう。例えば空から貝が降ってきたりする。なんじゃそりゃ。ちょい凹み程度だとその程度で良いが、ガチ凹みすると本格的に世界が滅ぶ。
お姫様が凹み世界が滅びかけると、必ずとあるキャラが出てきて言う。「もう世界滅ぶし、締め切りなんてどうでもいいから美味しいもの食べに行きましょ!」と。この女、作家なのだが締め切りギリギリ常習犯。ただ単に世界が滅ぶから締め切りなくなるじゃーんということにかこつけて美味しいものが食べたいだけだ。
そうして、主人公含むみんなで美味しいものを食べてお姫様の凹みも回復し、あっという間に世界の危機から脱出する。とにかく美味しいものを食べる、そんな物語。

出てくる料理は多種多様。連れて行ってくれる彼女の行きつけのお高め居酒屋さん(作家などの接待に使われることもある)の美味しそうな刺し身から、ちょっとお高めの洋食屋さんのエビフライまでなんでもあり。
様々な場所に誘われて連れて行かれることで、お姫様と従者たちはこの世界の料理を知る。例えばテレビで外国の人に日本の食べ物美味しいって言われると嬉しいけど、それとおんなじで異世界の人にこっちの食べ物が美味しいと言われているのを読むのはなんだかすごく楽しい。
個人的にツボったのは、異世界人なのに日本酒にはまり、作家の彼女と共に日本酒を酌み交わしつつ酒の肴として食べ物の味を覚えちゃった、従者のヴヴさん。この酒にはこの食べ物が合う……なんて始めちゃったらもう完全に日本酒の虜だと思う。彼女、また別の異世界に行ったらやっていけないんじゃないだろうか。

冒頭に書いたとおり、ラブコメ成分もある。主人公と、その幼馴染と、お姫様。主人公は鈍くて幼馴染からの好意に気づいてない、お姫様は鈍くて自分の好意にも気づいてない。ちょっともだもだしたような三角関係だけれども、一歩間違えたら世界が滅ぶ。具体的に言うと姫さまが失恋したら世界が滅ぶ可能性がある。世界がかかった恋なんて強すぎる。

タイトルにもなっている「世界滅ぶから」が否定的な文脈で使われてないのがすっごく良いよね。
姫様は今まで、機嫌を損ねると世界が滅びちゃうからって、此処に来るまでいろんな世界で上っ面ばかりの接待を受けてきた。だから、そういう接待は嫌い。
しかし、飯に誘う彼女(そしてその妹や主人公)は違う。「世界滅ぶ(と自分たちが嫌だ)から」じゃなくて、「世界滅ぶ(ともう美味しいもの食べられない)から(ぱーっといいもの食っちゃいましょ!)」というからりとした文脈がすっごい良い。良いなー、なんだか読んでてこっちまで嬉しくなる。よかったね姫様。

ちょっと前にも悪魔っ娘とご飯を食べるだけのラノベも読んだし、異世界食道も読んだし、なんとなく食べ物ラノベブームなのかなと思った。随分と前からブームなのかもしれない、読む範囲になかっただけで。食べ物系はラノベよりも時代小説で小料理屋を営む主人公~というかんじで見ることが多かったので、ここにきてラノベが時代小説に追いついたぜ! という気分だけれども、きっとそんなことはない。
面白かったし美味しそうだったので、続きが出るならぜひとも読みたい。エビフライの章を読みながら、でっかいエビフライをほとんど食べたことのないわたしの脳みそは、頑張って怪獣居酒屋のツインテールエビフライを再生していたけれど、きっとあれとは全然違うやつなんだろう。いつか食べてみたいと思う。

ウルトラ怪獣500 ツインテール

ウルトラ怪獣500 ツインテール

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [Blu-ray]

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [Blu-ray]

広告を非表示にする