読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

銀河高原ビール「ペールエール」「小麦のビール」を飲んだよ

f:id:wride:20160422213420j:plain

こないだまで「妹さえいればいい」を読んでた。

morelovelike.hateblo.jp

「妹さえいればいい」は主人公の友人ラノベ作家である春斗がよくビールを持ってくる。彼が持ってくるものは外国産ビールが多いが、あれが旨いこれが旨い、これはどういう味でそれはどういう味と作中でキャラたちが語る。
それがもう旨そう。めちゃくちゃ旨そう。読んでたら、なんだか私もビールが飲みたくなった。
小説に影響されてなにかしたくなるなんてめっちゃ読んでる感があっていい。楽しい。

ところで、私は殆どビールを飲まない。酒を飲むにしても日本酒ばかりだ。理由は単純、苦いものが苦手だから。
そんな人間がビールを、しかも本にあこがれて外国のビールを飲んでいいのか。外国のビールってなんだか強そう(偏見)。
などという適当すぎる理由により、とりあえずは名前を聞いたことのあるビールにしようと思った。

やまやにてどれにしようか眺めていたら、なんとなく聞いたことがある気がするビールを発見。買ってきた。

ペールエールと小麦のビール。飲み比べをしてみようということで。

飲んでみた。

小麦のビール、どちらかといえば酸っぱめ? 酸味があって、その分苦味は少ない。
ペールエール、酸味はないが苦味がある。なんとなく舌のあたりでしゅわっと溶ける感じがした。

ビール飲みなれないのでどういうのが好みというのはまだあまり無いけれど、ぱっと二種類飲んでみたかんじ、酸味が苦手なのもあるためかペールエールのほうが美味しく感じられた。
麦の味がどういうのなのかもわかってないのでコクだとかそういうのはわからないけれど、なんとなく美味しいなーと思った。公式サイトではペールエールのほうをビタースウィートって書いてあるからこっちのが苦めに作ってるんだろうな。酸味さえなければ小麦のビールのほうが飲みやすそうに思えるけれど、私は酸っぱいのがすべてにおいて苦手なのでちょっときつかった。

日本のビール飲んで少しずつ飲めるようになってったら、最終的に妹さえ~で出てたビールも飲んでみたい。美味しいお酒を飲んでいい感じに気分よく酔っ払いたい。

広告を非表示にする