日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

廃皇子と獣姫の軍旗 (ファミ通文庫)田代 裕彦

廃皇子と獣姫の軍旗 (ファミ通文庫)

“黒狐”と怖れられるアルガント帝国の皇太子ウィルフレド。獣の半身を持つ亜人族との一戦に勝利した彼は、唯一人、人の姿をした“獣姫”を捕縛し帰国する。しかし凱旋した彼に“偽嫡”の嫌疑がかかり、喝采から一転、ウィルフレドは罪人となってしまう。そんな彼の前に現れたのは“獣姫”ククル。先んじて解放していた彼女に救われたウィルフレドは、彼女と共に亜人達の元へ身を寄せるが―。獣の姫と大帝国に牙を剥く、本格ファンタジー戦記登場!

ファンタジー、戦記。
国を追われた皇太子が、敵対する獣人の国へと逃げ延びての話。

表紙買いだったけれども中身もめっちゃ面白かった。余談ですけれども私すみ兵さんイラスト大好きです。

主人公の性格が良い。作中で言われているけれども、一割にも満たないような布石を大量にうち、そのどれかが当たるように仕掛けているような人が大好き。自分の頭の良さを自覚していて、口と頭の回転が早いことを理解した上で利用しているような主人公がとても良い性格をしている。
こういったタイプの策士キャラが大好きなので、読んでいてものすごく面白かった。
主人公が、おそらくはこうなるだろうと思いながら他に起きるだろうことも用心して考えつつ策を出していくというあたりがめっちゃかっこいい。
しかし主人公、底知れぬ部分があるので今後も安穏とした生活を送るわけには行かないんだろうな。不気味な部分が強いので、今後の流れが楽しみ。

国に追われる主人公を助けた獣人の中で暮らす人間の少女・ククルもとても可愛い。けどそれより主人公になつく要領の良い獣人少女・チトリが最高に可愛い。
主人公の見張りをしていれば畑仕事も狩りもしなくていいから~と完璧に打算で主人公にくっついているかと思わせて、結婚する? 子供は三人がいいなあなんて言えちゃうあたりが可愛すぎる。
ヒロイン枠的にはククル・チトリ・秘書枠の彼女なのかな。秘書の彼女は物語の流れ的にしばらくは敵対ポジになりそうなので、実質ククルかチトリになるのかも。押せ押せヒロイン・チトリと、信頼しつつもツンデレポジ・ククルでいくのかな。どちらも可愛い、というか誰も彼もが可愛い。

終盤の、主人公が出した策に獣人らが飲まれていき、次第に今まで疑っていた主人公に対して信頼とは言い切れないかもしれないが信じようとする気持ちを持ち出す形がとても格好いい。口が旨いキャラはこれだから。
だが、主人公がどことなく人間性が狂っているというか、静かに底のほうでおかしくなっているような雰囲気があるので、このまま彼にすべて任せてたらやばいかんじしかしない。

一種の貴種流離譚みたいな形になるのかな、どうだろう。最終的には主人公が国王となって大団円……と行きたいところだけれども、今回人間軍の将だった男の言うように、主人公の才だけに頼りきり、国としてはトップが死んだら即滅亡するような国になってしまうきがする。このまま獣人らに認められたら獣人らの集団のほうがそのようになる可能性もある。
不穏な空気が散りばめられて、まだ1巻だというのに物語的にどうなるのが一番円満な解決になるのか全く読めない。

なにはともあれあからさまに次回へ続くというフリも気になる感じなので、続きがとても楽しみ。新刊出るのはいつだろうか。

広告を非表示にする