読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

妹さえいればいい。 4 (ガガガ文庫) 平坂 読

★★★★☆ 読書 読書-ライトノベル

妹さえいればいい。 4 (ガガガ文庫)

『妹のすべて』のアニメ化が決定し、さらにはコミック化も決まり絶好調の羽島伊月。しかし満場一致でコミカライズ担当に選ばれたマンガ家・三国山蚕にはとんでもない秘密があり、それはぷりけつや可児那由多、そして何故か普通の女子大生の白川京まで巻き込んだ珍騒動へと発展していくのだった。果たして伊月は、初めてのメディアミックスという荒波を無事に乗り越えることができるのか! そして伊月と那由多との関係にもついに変化が……!? 大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第4弾! 今、すべてを懸けた戦いの幕が上がる!

現代日本、社会人、ラノベ作家、ラブコメ
妹大好きラノベ作家の物語。

ブログには書いてないけど読んでました。他人からおすすめされた本っていいですね、謎の読む気が湧いてくる。

今回はメディアミックスについてのお話。前回散々なメディアミックスをされた春斗のこともあれど、自分の作品のアニメ化に関してはそこそこ前向きな伊月。彼はいつだって馬鹿みたいなこと言って無理に自分を勇気付けているのがわかるから良いなー。素直に応援したくなる。
前巻の春斗を見てても思うけれど、メディアミックスって大変なんだな。声優さんや作監さんなどたくさんの人が関わっている。彼らが大変だったことを知っている春斗は文句をいうことが出来ない。自分だって作った同士の一人のつもりでいるから。言える立場にもない。だからこそ、全くそういうことを知らない立場としての妹が文句を言ってくれてなんだか少し嬉しかったっていうのがすごい痛々しいし切ないし、良かったねって素直に思えた。
若手俳優大好き人間としては、ラストの電子おまけというかドラマCDの小説化されたやつで「実写化で幸福ポイントが下がる」というの、納得できるけど許容したくないぞ! という気分。そりゃ若手俳優の経験値つけるための駄作にされることも多いけれど! よくわからない謎のものにされることも多いけれど! でもたまに良いものもあるだろ! 完全別作品にされることもすごく多いけれど!! あと舞台化をとりあえず叩く風潮も終わってくれ……。

今回の巻はなゆたが可愛い! カニ公、ずっと嫁だ妻だ結婚するだと言っていたけれど、前回の伊月の発言を聞いてからというものちょっとばかり羞恥を覚えてしまったのがもうとても可愛い。今までの攻め攻めテンションを貫き通せなくなってしまっているのがなんかもう、突然恋する乙女(まとも)モードになってしまったかのようで可愛い。
ファンとして原作再現してほしいが故に蚕に対してあれこれ文句を言っちゃう(そして原作通りにさせちゃう)あたりも、なんだかすっごく可愛い。本当に伊月の書くものが大好きで大好きでたまらないんだろうなと思う。
他人のフェチや性癖を変えるなんてすごく大変なことで、相手の好きなものを新しく追加させるだけのすごい労力が必要だし感動も必要だと思うのだけれども、伊月への愛(と自分の趣味)でそれを行ってしまうなゆた、本当に伊月が大好きなのだなあと思う。でも全裸か下着かの現場は京がもうちょっと常識人として頑張って欲しかった。ストッパーは君しかいない。
前の巻で読者に対して伊月からなゆたへの恋愛感情を見せてしまったからなのか、TRPGのシーンでも伊月が結婚を言うなら現実で……とちょろっと言ってしまっているのも可愛かった。
この二人がくっついてしまって、春斗が京に告白してうまいこと受け入れられて、そしてぷりけつと千尋がくっつく……みたいな総CP化するのかなあ、とちょっと思った。千尋とぷりけつはろくに顔を合わせていないけれど

このシリーズはどうしてこう変態ばかりがあつまるのか。続きの巻が楽しみ。

広告を非表示にする