日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

エンデンブルクの花嫁 (ファミ通文庫)水城 みなも

エンデンブルクの花嫁 (ファミ通文庫)

「するぞ、結婚!」エンデンブルクの若き国王スレンは宣言した。人魚が制する海の国。エルフが治める森の国。そして強大な帝国。三国に囲まれた小国が繁栄するには政略結婚による持参金と商業同盟しか手段がなかったのだ。かくして娶った人魚のヴィアとエルフのエユランは、両国が誇る美姫だったが、種族間の確執により仲は最悪!しかも夫となったスレンにも頑なな態度で、夫婦円満には程遠く―。美しき花嫁たちと紡ぐエンデンブルク国の物語、開幕!

政略結婚、戦略、ファンタジー。
エルフの姫君と人魚の姫君を政略結婚で娶った主人公が、うまいこと他国と渡り合っていく物語。

第17回えんため大賞優秀賞作品。
嫁二人なので惚れられて困っちゃう系かと思ってたのだけれども、試し読みを読んでみたところ完璧に自国のためを考えての政略結婚モノで面白そうだったので購入。
主人公のスレンが良い性格をしている。ぱっと見ヘタレに見えたのだけれども、実際は自国の利益、他国の利益をうまいこと算出し、恭順が必要ならば選択し、戦争が必要ならば選び取れる、自分の結婚すらも自国の駒ともしてしまえるいい性格した男だった。
恭順を貫き通し、自己が馬鹿にされようとも笑っていたスレンが切れる理由が嫁のためというのも良い。しかし自国も馬鹿にされてたのだけれどもそっちはいいのかー?
国民からの愛され具合はなんだかなー? と思わなくもないけれども、それが話の後半に生きまくってたので良かった。

ヒロイン二人も可愛い。ツンデレどころか絶対零度のツンからのデレへの変遷が見てて可愛かった。二人の性格に合ったデレエピとデレ方向がとても可愛い。
ヒロイン二人だと人魚の姫のほうが好みかなと読んでて思ったけれども、「あなた」呼びをするエルフの姫もとにかく可愛い。ヒロイン両方とも可愛いものは良い。
終盤戦争描写にて、ヒロイン二人が相手を自分が背中を預けることができる恋敵(とかいて友と読む)としているあたりがとても良い。互いを認め合うライバル関係は最高。

戦争描写自体はちょっとなんだかなー? 感はあった。特に終結のあたりが、他にもなにかあったのではないか? というか、面白くないというか。
けれど、そこにいたるまでのヒロイン二人の圧倒的戦闘や、主人公スレンの策(ちょっとどーかと思ったけど)は面白かった。

ヒロイン二人も嫌味なく可愛い性格をしているけれど、個人的にはメイドのフェンが一番好き。主人を操作しているメイド、そんでもって主人に懸想しているとそこそこよくあるキャラ付けではあるけれど、こういう「地獄の果てまででもお供します」と副官として言えるキャラはやっぱり好き。
本人が、幼いころから一緒にいすぎておもらしの世話までしていたせいで妹としか見られていないのもわかっているという部分含めてとてもツボ。
そんでもって、主人公スレンも籠城戦の後逃げろと暗にフェンに言うあたりもとても好き。
こういった恋愛感情を抜いてもそこに確実に長年築いた信頼関係があるような上司部下の関係性が好き。
物語的に続きが出るとしても嫁2人がヒロイン格としての物語だから彼女に恋愛枠は来ないだろうけれども、それでもなんらかの方法で幸せになってほしいなと思う。スレンの子供のおもりをするのが夢という彼女の台詞が地味に痛々しくてたまらない。

面白かったので続きが出るのを期待したいのだけれども、ダブルヒロイン(トリプル?)かつ既に二人と結婚してる場合、両取りエンドしか存在しないんだろうか? この流れならば二人ともというのもありかもしれないが、倫理的にセーフなのかどうなのか。既に結婚しているのだから無問題なんだろうか。
ヒロインふたりとも可愛かったので、どちらにも決めてほしくないというのが本音。

広告を非表示にする