日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

決戦!本能寺(講談社)葉室麟, 冲方丁, 伊東潤, 宮本昌孝, 天野純希, 矢野隆, 木下昌輝

決戦!本能寺

天正十年六月二日(一五八二年六月二十一日)。戦国のいちばん長い夜―本能寺の変。天下人となる目前の織田信長を、討った男、守った男。その生き様には、人間の変わることのない野心と業が滲み出る。名手七人による決戦!第3弾。

歴史小説、アンソロジー。
7人の作者による、7つの視点からの本能寺の変の物語。

面白かったー。作者が7人、視点が7つあるために、その人が何を重要とするか、何を大事にして動くかというのが人によって全然違い、また見えるものも全然違うのがものすごく面白かった。長編じゃなくてこれぐらいの分量だと1日1本ぐらいの感覚で読めるのも良いのかも。

それまでの話で、様々な人間の思惑や意思や謀によって動かされて織田信長を討たされていた明智光秀が、最後の話で自己意思によって織田信長を討つことと決める流れが美しい。織田信長像も、作者が違うこともあり様々な方向性が見えて面白かった。一番信長が人間くさかったのが明智光秀視点からの物語というのもまたなかなか面白い。
織田信長像と同じように、もう一人の主役とも言うべき明智光秀像も多種多様。かたや教養ある人物、かたや野心にあふれた男。そうおもいきや安寧に埋もれた男だったりと、作者と物語によって描かれかたの違いが興味深かった。細川幽斎と中が良くない話は普段あまり見ないので新鮮。

個人的には博多の商人視点というのが面白い。堺の会合衆あたりからの物語は(黄金の日日あたり読んだ時か?)見た気がするけれども、博多という遠く離れた地からの物語も物珍しくて面白かった。堺の会合衆である津田宗及といい千利休といい、この頃は商人のが茶の湯に関しては上だったのかなと思う。そして、この話の黒幕が色んな意味で予想外過ぎた。
生きている間の信長はたいてい人外じみた様子を描かれているのに、死ぬ間際の信長は人となったのだ! というかんじのがいくつかあるのめっちゃ面白い。人は死ぬ時には地が見えるということか。

コンセプトとして面白かったので、今後わかる範囲のイベント事のがあったら読みたいなと思う。そう思ったところで次は川中島なので、なんとなくわかるので読みたい。楽しみ。

広告を非表示にする