読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』を見てきたよ

★★★★★ 見たもの 見たもの-映画

f:id:wride:20160325155303j:plain

ウルトラマンXの映画を見てきた。

あらすじ

円谷プロダクションによる特撮テレビドラマ「ウルトラマンX」の劇場版。ウルトラマンエックスのほか、テレビシリーズで共闘したネクサス、マックス、ゼロらウルトラ戦士が結集。ウルトラマンウルトラマンティガも参戦する。太古の昔に地獄が封じ込められたと伝えられる芭羅慈(バラジ)遺跡の封印が破られ、この世を地獄に変える閻魔獣ザイゴーグが復活。ウルトラマンエックスは、その恐るべき力の前に絶体絶命の危機に陥る。一方、地球防衛の特捜チーム「Xio(ジオ)」の隊員たちは、考古学者・玉城ツカサと協力しながら、ザイゴーグ封印の鍵となる神秘の石を追跡。ツカサの息子ユウトの母への思いが奇跡を呼び、ウルトラマンウルトラマンティガが駆け付ける。

劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン : 作品情報 - 映画.com

前提条件

感想

面白かった。
事前情報で「ティガの物語だった」「ティガだった」と話を聞いていたため、ティガを全然見ていない(ついでにいえばXは更に見ていない)私では楽しめるかという不安はあった、が完璧に杞憂だった。

物語としてティガは根底部分に関わってくるものの、しかしそれも未見の人でもわかるよう、まるで新しいヒーローの一人のような雰囲気でなんとなくどういうウルトラマンかわかるようにしてくれている。そのため、ティガを知らない人でも楽しめる。
けれどもティガを知っている人ならば楽しめる要素として、謎のピラミッド的な遺跡がある場所→ティガ1話で怪獣が向かっていた場所、考古学者→ティガのヒロイン、戦闘BGM→ティガの曲が混ぜ込まれている、ティガに変身する人→OVAネタ(これはあとから教わった)など、おもわずニヤリとする要素が組み込まれていて最高。たのしい。
わたしとしては今現在見ている最中のレナ隊員のかたが将来的にはこういう風貌になるのか……というのも楽しかった。更に言えば、レナ隊員の女優さんがウルトラマンのハヤタ隊員の娘さんということも付け加えると、マン・ティガ・Xの揃い踏みでヒエエエエとなれる。わたしはこれもあとから聞いた。痕から聞いてもヒエエエエとなる。

もちろんティガ部分が良いというだけではなく、Xの映画としても面白かった。
Xを見てないわたしでも、冒頭部分にあるダイジェスト版ウルトラマンXの映像で、今までのXの流れがなんとなくわかった。ヒロイン・アスナの前での変身による正体バレは、正体バレ燃えこじらせている(井上敏樹のせい)私はすげー熱くなった。この部分が気になるのでちゃんと本編も見たい。
その上での物語が始まるので、なんとなくXを知った上で見ることができてよかった。

戦闘は、ウルトラマンだけが戦うのではなく、サポートとなりがちな他の隊員たちも存分に戦っているのが格好いい。各自が戦闘機に乗って怪獣を抑えこむべく戦っているのがすげー燃える。戦闘機燃えがあるので存分に見られて良かった。
本編中、避難したくない男が「Xioならば怪獣がここに来る前に退けてくれるだろう?」というシーンがある。キャラ的に本当に命の危機となれば速攻逃げそうな男が逃げずに嘯けるぐらいなのだから、Xioはそれだけの能力があると思われ、かつ知られているのだろう、そんな信頼を背負っているのだろうと思えた。格好いい。めっちゃ格好いい。
序盤ではキャルルン系研究者なのかな~と思ったルイルイ? 眼鏡の女の子の戦闘機シーンむっちゃ格好いい。ああいう子が戦うシーンが好き。てっきり研究室から出ないキャラかと思ったのに、案外武闘派で格好良かった。あとコスモスで言うフブキ隊員っぽい雰囲気の人の戦闘機でのシーンがカッコ良かった。名前ちゃんと覚えてないからふわっとした説明で全然説明たりえていない。

そして、ウルトラマン3体揃い踏み、更には5体のウルトラマンがそれぞれ各地で戦うという総力戦が格好良かった。いいよね、これこれ! こういうのが滾るんだよ! とでも言うようなシーンが格好いい。
それぞれのウルトラマンたちが、ヒーローたちが、世界を守るためにそれぞれ戦っている。僕らのヒーローが僕らをまもるために戦ってくれている。そういうシーンが大好きだ。最初エジプトに敵が到着したとき、周囲がピラミッドと砂漠だったので、これもしかして放置しても人的被害はないんじゃね? と思ったのは内緒だ。
Xの、力を受けての合体攻撃? っぽいのもすげーかっこよかった。みんなの力で大勝利というのはやはり好きだ。滾る。

ちょろっと入り込むギャグもすごく好き。
「1キロメートル先、左折してください。目的地に到着します」
あれ大爆笑した。こんなカーナビがあったら、声優的にもとても良く売れるのではないだろうか。円谷はジャミラに水関連のグッズを出しまくるという謎のプレイをしていないでそういうのも考えてみてくれないかな。以前ガチャポンで見たジャミラのぬれ煎餅キーホルダーに至ってはなんかもう笑ってしまった。コップやコップのフチ子ジャミラも十分酷いか。ジャミラ生きろ。
それからカルロス黒崎のウルトラQパロっぽいあの謎番組も笑った。とてもウルトラQ。わたしはウルトラゾーンからウルトラQを知ったという逆流組だけれども。
Xによるお菓子への脂肪分ツッコミといい、Xは随分とフレンドリーだし人間に絡んでくる様子で楽しげで良い。怪人が防衛チームに混ざっているぐらい人間と怪獣が共存している世界観というのがその時点でわかりやすい。すき。

ウルトラマン3体揃い踏み、共闘でも思ったけれど、円谷のコラボ映画は過去作と戦わないのが良い。
東映の春映画、なんで平成と昭和が戦ったのか(そして花を踏み潰さないことで心優しいやつだな///となったのか)なんで橘さんはするっと敵側に洗脳され混じり込んでいたのか、未だによくわからない。オルフェノクの王が敵雑魚扱いなのもわからないけれど。下手にライダーとライダーが戦う! という刺激的な内容にするよりも、ウルトラマンウルトラマンがともに戦う! というほうが、私は心躍るのだけれども。今年の仮面ライダー1号でそのあたりは期待している。しかし1号先輩は平成昭和でよくわからない内容で紘汰に殴りかかってきているのであまり信用がない。
東映と円谷で毎回同じ内容というのは面白くないかもしれないし、そういった共闘モノだと冬映画があるだろうと言われるかもしれないけれど、無理に同族同士の戦いをするよりも良かった。
ヒーローは、僕らを守るヒーローであり、敵を、怪獣を、悪いやつを倒してくれる英雄だと思う。だから、英雄同士が、しかも片方はなんかよくわかんない理由で殴りかかってくるのを見たりするぐらいだったら、蛮野のように都合の良い悪人を作り上げてでも共闘してくれるほうが良いなあ、と思う。

今回監督である田口清隆監督を、私はウルトラゾーンで知った。「THE LOVE」でめちゃくちゃすげー! なんだこのすごいの! 話も良いし映像超綺麗! と思って見たら田口監督だった。
その後、同じウルトラゾーンで「最後の攻撃命令」にて脚本も務められていて、そちらのソフト版に入っているDC版の内容の濃さに興奮した。(そういえば「最後の攻撃命令」もウルトラマンXで隊長を務められている神尾さんが出演している)ついでに、ソフト版に入っているメイキングで、監督自ら動いているのを見て何だこの人めっちゃ可愛いなと思った。今回でかい画面で田口監督の絵が見られるのが楽しみだった。
ミニチュアの破壊や怪獣自体の撮り方の格好良さ、全部全部凄かった。面白かった。戦闘シーンが安定しているのが好きなところかもしれない。
また、私は坂本監督の戦闘シーンが苦手だ。上下に大きく揺れることが多い。勢いをあるように見せるためとはいえ、映像酔いすることがあるのであのやりかたは好きではない。その点、田崎監督はあのブレブレ戦闘シーンではないというだけでもかなり好感度高い。画が安定しているというか、無理に動かすことをしないでいてくれているおかげで、キャラクターの表情に集中することができる。そのあたりもとても好きだ。

見ていてとても楽しい映画だった。上映館が少ないのが不思議すぎる。
ところで、明日は仮面ライダー1号の公開日だ。始まる前から様々な要素が合体しようとしてしきれないために珍作になるだの言われているが、井上敏樹脚本が好きなので楽しみに見たい。文句は見終わってからつける主義なので、ちゃんと見た上で何か言いたい。

広告を非表示にする