読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)紅玉いづき

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)

新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

時代モノ、大正時代、少女。
どんな箱も開けることができ閉じることが出来る「箱娘」と、見習い記者と、様々な箱に詰められた女たちの物語。

なんとも不思議な読後感。間違っても幸せな、めでたしめでたしという物語ではないけれど、しかしならば不幸せな物語だったのかと言われればそれも違う。
時代という不格好な箱に閉じ込められているが故に、自由に手を伸ばしたりすることの出来ない女達の物語というか。
主人公である見習い記者も、女は家でおとなしくしているものという箱に閉じ込められかけ、男のふりをして記者をするという箱の破り方をする。また、箱のような旧家の蔵から見つかった呪いの箱は、ある意味呪いだけれども箱のなかに心を閉じ込めたものだった。旧家という箱に閉じ込められた女は感情を壊して行場を無くして箱にちょうどいい形に変形する。
なんともまあ、読み終わった後にどう言ったらいいのかわからなくなる話だった。

大正だから、というか女性の権利が残念な時代からしゃーないけれど、物語の根底となる部分に男尊女卑や女の権利のなさ、縛り付けられる女というものがあって、読んでいるのがちょっときつかった。そういったジェンダー的な物語があまりとくいではないので。 どんな話であろうとも、それが物語のテーマであるから仕方ないのだけれども、ジェンダーについての話へと持っていかれる。それが少々きつい。(余談だけれども、なんとなく村木嵐・マルガリータにおいて、どんな事柄も殉教へと引っ張っていかれたのを思い出した。あれも殉教がテーマの物語だった)
しかし、次第に箱娘になついていく見習い記者、見習い記者を大事に思っていく箱娘の様子でなんとか読めたのかも。そういう意味ではライトノベル。キャラで引っ張っていく小説。箱に閉じ込められた少女である箱娘が、外から箱をあけて入ってくる見習い記者の持ってくる食い物に嬉しげに懐柔されていくあたりがとてもかわいい。
あと、個人的には主人公上司がとても好き。

「そんなの、創作記事じゃないですか!」
 ばっきゃろう、と怒号が飛ぶ。
「必要なのは事実ばかりじゃねえんだよ。説得力と、真実味ってやつだ。何を喰ってるかより、何の味がするかのほうが大事だってこった」

こういう人大好き。

記者については謎といえる謎は溶けてしまったけれども、箱娘については何も解けていない。講談社タイガの他のシリーズを見る限り、今後、2巻でそのあたりも出してくるのかもしれない。

 

ここからは完璧に余談。
紅玉いづき作品は確か「ミミズクと夜の王 」と「MAMA」は発売時に読んだ記憶がある。当時は男子校の中に入り込んだ女子だとか言われていた気がする。懐かしい。じゃあ読むの8年ぶりか、と思ったけれども、よくよく考えてみたら数ヶ月前に読んでいた。

saizenseki.com

舞台レビューで非常にお世話になっています。TRUMPレビューを見た記憶もあるので3ヶ月ぶりぐらいか。
若手俳優舞台界隈に首を突っ込んでいると、小説家としてよりこっちの俳優舞台だとかのほうで名前をよく見ていた。そりゃ久しぶり感が無いわけだ。

広告を非表示にする