日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

俺を好きなのはお前だけかよ (電撃文庫)駱駝

俺を好きなのはお前だけかよ (電撃文庫)

第22回電撃小説大賞“金賞”受賞作

ここで質問。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする?しかもお相手は一人じゃない。クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!!意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そして告げられた『想い』とは!…親友との『恋愛相談』かぁハハハ。…やめだ!やめやめ!『鈍感系無害キャラ』から、つい本来の俺に戻ったね。でもここで俺は腐ったりなんかしない。恋愛相談に協力すれば、俺のことを好きになってくれるかもしれないからな!そんな俺の哀しい孤軍奮闘っぷりを、傍で見つめる少女がいた。パンジーこと三色院菫子。三つ編みメガネな陰気なヤツ。まぁなんというか、俺はコイツが嫌いです。なのに…俺を好きなのはお前だけかよ。第22回電撃小説大賞“金賞”受賞作!

現代、学園、ラブコメ
三角関係と思わせて、ぶっ飛び系恋愛関係物語。

面白かった……。どうなることかと思わせて、物語が二転三転と話で引っ張っていかれた。
キャラの設定が面白い。物語自体は、この子可愛いな~ぐらいに思っていた関係性の女子二人に「あなたの親友が好きなの! 協力して!」と言われたことから始まる物語なんだけれど、そんなある意味テンプレ的物語でもキャラが濃ゆくて面白ければここまで面白くなるのかと思った。

主人公はロールキャベツ系男子とでも言えば良いのか、普段表に出しているのは一人称「僕」の純情ボーイ無害系なのだけれども、その実中身は一人称俺、切れたら言うこときついわ性格あまり良くはない少年。
相談してくる女子二人に対しても、この天然ビッチ! だの言うこときついきつい。でもそう言ってしまうだけのことやられてるからなw これだけ期待させられてからの展開がこれはちょっとなあ、と思わなくもないのであまり嫌悪感もない。
また、ヒロインたちの身勝手さ(後半で解消されるけれども)もあって、主人公の言いのきつさはあまり不快感がなかった。むしろ身勝手さに対してそこそこ献身的に振舞っている主人公なので、内心の声でぐらいそれぐらいやってくれないとなーと思わなくもない。

表紙における左右となるヒロイン2人は身勝手でもあり、またある意味等身大の高校生らしくもあるのか。自分の味方をしてくれているうちは大事な相手だし大好きな幼なじみで可愛い後輩かもしれないが、好きな相手の敵にまわり、また自分の敵になった途端に攻撃的に牙をむく。ある意味とても「らしい」といえばらしかった。
この二人に好かれる「サンちゃん」のキャラ造形がうまい。前半は、というかパンジーによる謎解きになるまで全く気づかなかった。

パンジーについては何を書こうと思っても「なんでお前はエスパーなんだよ!!!」という部分でだいたい全部終わってしまうので。でもそのエスパー部分があるからこそ物語が面白かったとも言えるけれども。
口調や性格設定なんか考えてもパンジー濃ゆすぎ。

本当に、テンプレを逆に利用した面白い話だった。テンプレもキャラ付け次第でどこまでも面白くなるのだなと思い知らされた気分。
どうでもよいけれど、タイトルから勝手に某特撮ヒーローの「俺のことを好きにならない人間は邪魔なんだよ」系かと思っていました。全くそんなことはなかった。良かった。あれが来たら困る。

 

今回の電撃受賞作3作は全部が全部、方向性を違えてきているあたりが面白かった。
人間心理ズタボロ系スクカーラノベの「ただ、それだけでよかったんです」。
ゆるっとファンタジー~男子中学生の心理を添えて~な「ヴァルハラの晩ご飯」。
単なるテンプレラブコメと思わせて後半からの怒涛の展開の「俺を好きなのはお前だけかよ」。 すべてが別方向として面白かった。