日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

英雄都市のバカども ~王女と封鎖された英雄都市~ (ファンタジア文庫)アサウラ

英雄都市のバカども ~王女と封鎖された英雄都市~ (ファンタジア文庫)

かつて戦乱から街を守り切った英雄たちの末裔が住む辺境都市・リキュール。その血は、今も脈々と受け継がれていた。身の丈ほどの大剣を操る無双のシスコン自警団長、誰にもそのお尻を触らせない眩惑の看板娘、鋼のごとき硬さの絶品パンを焼く職人、大岩を軽々と担ぐ剛力の大工(手抜き)…。そんな、毎日がお祭り騒ぎのこの街に暮らす、ワケありビンボー何でも屋モルト。彼のもとに、祖国を追われた王女が逃げ込んできた!彼女を追う帝国は、圧倒的大軍で街を包囲する。窮地のリキュールだが、可憐な少女を見捨てるなんて選択肢は、英雄の血を引くバカどもの頭にはもちろん存在せず―!?

ファンタジー、ハイテンション、爆笑、馬鹿。

馬鹿ばっかり!!! それ以外どう表現すれば良いのかわからないぐらい馬鹿ばっかり!
帝国に囲まれたが、ストリップ芸団が来るまえになるべく早く包囲を説かなければいけない。じゃないと一度のお楽しみが見れなくなってしまう! ということであまりにも馬鹿すぎる理由で包囲を解くために全力を出す馬鹿どもというのが最高だった。
物語において『制限時間をつける』っていうのは緊迫性を出すために良いみたいなのをどこかで読んだことがあるんだけれども、その制限時間の理由も何もかもがあまりに馬鹿すぎて超面白かった。
暴力沙汰をしたらアウトという協定が結ばれているが故に、抵抗手段としてバゲットで殴る・全裸で登場などあまりにひどすぎるのが出てくるのも最高。相手の兵士が数が多すぎるから減らそう! まではわかるけれども、減らし方もあまりにひどすぎる。どれもこれも、話としてはありきたりかもしれないし、制限内容としてはどこにでもあるものかもしれないんだけれども、それの回避方法があまりにもひどすぎる(褒め言葉です)過ぎてずっと笑いながら読んでしまった。

最大の馬鹿だと思っていた(というか秘書さん以外もみんなそう思っているだろうし、そのくせ何かあったらちゃんと使える男とも認識されているあたり面白い)議長が、悪知恵働くやつだったっていうのが凄くギャップがありまくりでよかった。
なんだかんだで秘書さん以外からも頼られている議長かっこいいよ議長。

サシャは亡国のお姫様っていうことでいいのかな。表紙に描かれているのはサシャなのでてっきりサシャがヒロインかな~と思ったんですが、多分違う。

飯のシーンがすごく美味しそうだった。ブイヤベースをバゲットにひたして食べるシーンや、パングラタン食べるシーンは、夜中に読んでしまったのでお腹が減って困った。生ポ兄貴を読んだときにも思ったけど、この作者さんご飯のシーン本当に美味しそうだなー。お腹が減ってくる。

すごく楽しかったので、同じ作者の別の本ももっと読みたい。

広告を非表示にする