読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

かませ系ヒロインルートの結末を俺は知らない 打ち切りの5秒前

かませ系ヒロインルートの結末を俺は知らない 打ち切りの5秒前 (角川スニーカー文庫)

女子高生にしてプロの漫画家の狗我香凛と、アシスタントの御門駿介は幼なじみである。ラブコメ脳でラブコメしか描けない香凛は、駿介に対する好意を隠すことなく、積極的にアプローチを続ける日々。そんな中、駿介の住む千歳荘に新しくやってきた管理人・歩沢ひびき。「わたしはあなたを好きにならない」と宣言するひびきが気になる駿介だったが、「あたしが、駿介のかませ犬になる」と突然香凛が言い出して―。三角ラブコメ開幕!

学園、ラブコメ、三角関係。
主人公が「高貴な血から醸し出す雰囲気のせいでとにかく女子にモテる」という特殊設定は有り。
主人公が特殊設定パワーのおかげで女の子にめっちゃモテまくる系統の話だけれども、だからといってハーレムやラッキースケベがあるわけではない雰囲気の話。

とにかく女子にモテまくるせいで逆に女性恐怖症になり気味の状態で、幼なじみの香凛だけは大丈夫、みたいな感じから始まってたのでてっきり香凛がメインヒロインかとおもいきや、メインなのは管理人として現れた歩沢ひびき。
読んでいてあんまりひびきが好きになれなかったこと、またあんまり主人公がひびきのことを好きという感じがなく読んでいたので、香凛が絶対あんたはひびきのことが好きだから私がかませ犬になってあげる! という下りが突然すぎに感じられたかも。
でも、逆に言えば、幼なじみでずっと主人公を見ていた香凛だからこそ、主人公の本人すら気づいていない恋愛感情に気付けたのかもしれない。

香凛が本当にまっすぐに主人公のことを大好きで、主人公のモテ体質なんて関係なしにずっとずっと前から大好きでいて、だから主人公が少しでも幸せになれるためにはと自分からかませ犬を買って出るあたりなんか読んでてこの子幸せになってほしい~と思っていた。
漫画家である理由も何もかも主人公のためだし、きっと部室も名目だけで本当は主人公が逃げ込める場所を作るつもりだったんだろうなと。
だからこそ終盤のセックス寸前シーンで痛々しさMAXだった。香凛がとにかく読んでて痛々しくて可哀想で、でもきっと彼女はそんなこと言われたくないんだろうなあって感じが。本当に主人公のこと大好きで、彼に好かれるためにやってるんだろうなってあたりが読んでて地味に辛かった。

メインヒロインだろうひびきは好きになれなかった。主人公も後ろ向き加減がそこそこきつくて、どうしてこいつがモテるんだろうとすら思う。ただ一応香凛の続きが気になるので続刊が出たら買いたい。

広告を非表示にする