日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

長篠の四人 信長の難題

長篠の四人  信長の難題

歴史に残る長篠の戦い武田勝頼徳川家康の戦いに増援に駆けつけた信長は、いつもどおりさわやかな顔で無理難題をふっかける。
「織田の味方を一人も損ぜずに武田に勝て」
戦力の差は目に見えている。しかも武田に買ったことなんて無い。ろくでもねえ無理難題に、しかし家康は応えなければならない。
協力者として秀吉と光秀のむしろいると不安になるコンビと共に、果たして家康は信長の無理難題をクリアできるのか。あと戦に勝てるのか。

歴史モノ。

鳴かぬなら「     」時鳥、で表される三英傑、それから織田信長を破った明智光秀。戦国武将としても有名度トップに入るだろうこの4人のシリーズ第三弾。
空気読まない、周囲気にしない、圧倒的カリスマ性で家臣らを引っ張ってるものの人として問題しかないし無理難題ふっかけまくってくる織田信長
熱く、人心掌握には長けているものの戦は壊滅的に弱く、一緒に戦いたくない隊No.1扱いされている秀吉。
いつも懐にサイコロを持っていて事あるごとに賭け事したがる明智光秀
そして、秀吉・光秀のひでえコンビと組まされ信長から出される無理難題を片付けなければならない家康(最近嫁姑問題にも悩まされている)。
ただ単なる歴史モノではなく、キャラ付が現代人っぽさもあり、また家康の精神が結構現代人よりなので、読んでいて思わず笑ってしまう歴史エンタメです。

今回はタイトルで「長篠」とついていたため、長篠の戦い明智光秀参戦していないのでは? と思っていましたが、突拍子もない方法で無事参戦。さすがあの織田信長の家臣だなと笑ってしまいました。絶対にコレ、信長が出した策ですよねw
光秀は今回再三「性格が普通だったら信長んとこで出世できてない、性格がコレだから出世できるのだ」と言われまくってて、家康に言われるんだから本物だなとw ずっと一処にとどまらずにいたあたりなんかも引っ張ってきて、だから適当気味なところがある性格だ、みたいに持ってくるの本当面白いw
そろばん弾いてぱちぱちっと速攻で撃たれた弾の数を計算するあたりなんか完璧に頭が良い人なのに、その分どこか明確に狂っているあたりがとても好き。

今回で光秀の本能寺の変のことがうっすら示唆されていましたけれど、この光秀が本能寺の変を起こすとしたらどんな理由でなのかが気になります。自分が関わることだと結構まともに計算するみたいに書かれている人なので、計算して勝てると思ったからとかかも。
4人でわいわい漫才やってる話が好きなので、確実に最終回になるだろう本能寺の変は読みたいような読みたくないようなですが。

秀吉は相変わらずの戦ダメダメ具合で、敵味方に知られる戦ダメ具合が更に磨きがかかっていて笑いました。でも1巻や2巻よりは、秀吉の出番自体が少なめになっていたためにそこまでヤバさは感じなかったかも。どちらかというと今回は光秀のほうがポジション的に出番が多かった気がします。
この話はメイン4人全員好きだから、次回はもっと秀吉の出番が増えてくれたらいいなーと思ったり。秀吉の人心掌握できるものの戦に関しては味方すら嫌がる弱っぷりが大好き。

出てくる武将のセリフもなんだか現代っぽいし、何より家康が非常に現代人っぽい性格なのもあって読みやすいのですが、ちらほらと地の文に挿入される通説や史料の取捨選択が面白いなあと思います。私は歴史小説を読むのは好きだけれども史料漁る気は皆無なので、しかみ像の話は初耳で興味深かったです。
こういう話がめっちゃ現代っぽい文体で突如出てくるところも、この小説の好きなポイントです。

超高速参勤交代がおもしろいと思えた人にはおすすめだなーと思う歴史エンタメ小説です。