日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

我がヒーローのための絶対悪2 大泉貴 感想

我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)

正義のヒーロー・ガイムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の闘争から二週間。月杜市は平穏を取り戻しつつあった。だが戦いに破れようと、その命が果てるまで悪の総帥・二代目ヘルヴェノム卿である武尊はガイムーン打倒を諦めることはありえない。どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべてを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける。ガイムーンとして生きる宿命を背負った最愛の少女・ミアを正義の呪縛から解き放つために――。青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!

現代モノ、ヒーローモノ、薄く恋愛モノ。

あー、今回の巻も熱かったし切なかった……! まさにヒーローモノ。
今回の主な敵は第一世代の連中。武尊の祖母が行っていた初代リヴァイアサンと初代ヘルヴェノム卿に従っていた彼らとの戦い。

今回の変身妨害がすっごく好きです。
前回からミアの変身方法は仮面をかぶり弱者と悪者を認定し「変身」と言う、と有りましたが、そのうちの一箇所を遮ることで変身を不可能にする・強制解除させるって面白いなと! ミアを強いヒーローへと変えるその方法こそが彼女の弱点だった、というのが面白い。
花音も似たような方法で変身妨害と変身補助を受けていましたが、こういうのも面白いなーと見ていました。

ヒーロー物としては絶対的な悪やラスボスが存在してたほうが見てて面白いんですよね。仮面ライダーしかりスーパー戦隊しかり。その点武尊は基本がミアの味方なのでやられてしまうと読者側からしたらちょっとやだーみたいな気分になっちゃうのですが、そこんとこ今回の適役な敵が出てきてくれて良かったです。
圧倒的な敵。倒すべき敵。ミアを傷つけ、ミアの心を痛めつける敵なんて武尊が許すわけもないし、彼女のためならば誰をも殺す彼がほっとくわけもないと思ったけれども、まさか一挙両得の手段を取ってくるとは思いませんでした。
ミアが次第にヒーローとしてパワーアップしていくのも読んでて楽しい。自我を失いそうになる変身状態において、それをちゃんと保てるようになるってやっぱり展開的に熱い。しかもそれが正体を隠した敵であり友の言葉っていうのがたまんない。
武尊のヘルヴェノム卿強化体的な状態が出てきた時に、彼の精神のとなりにヘルヴェノム卿を模したものがいるっていうのすっごい熱いですね! そういう展開大好きなので読んでてめっちゃ楽しかった!! 変身前と変身後がインナーワールドでもどこでもいいから一緒に存在しているのめっちゃ好きです! 最近だとゴウライガンとかウィザードとかあのあたりで見てめっちゃ熱かった(ゴウライガンは宴会だけど)。

今回花音が難しい立場になっちゃって、今後彼女は辛いだろうなーと思います。一番はがゆい立ち位置だろうあn。
武尊のこともミアのこともわかってる、彼と彼女が互いに想い合ってることもわかってる中で、一体彼女がどうするのかが気になります。下手に両方と知り合っちゃったからこそ、このままだと彼女がヘルヴェノム卿率いる悪になりきれないのではないか……なんて想像もします。

武尊の前に現れる佐和子の亡霊は、きっと彼の罪悪感と後悔の具現化だし、彼の恐怖心そのものなんだろうな。また彼女のために誰かを殺すかもしれないという恐怖心が佐和子なんだろうなと思います。佐和子の亡霊がいっそずっと武尊にとりついていれば、彼がまだ人間であられるのになーと思いました。

地味に笑ったのがトイレで変身するミア。リュウケンドーを思い出して笑いました。リュウケンドーの、正体バレないために3人同時にトイレ変身を思い出して笑う場面じゃないのに爆笑。

新たなガイムーン二世なんかも出てきたし、内容がどんどん熱くなっていくので楽しみです。今回は内容的にてっきりミアと武尊共闘するのか!? と思ったけれども、悪はやっぱり絶対悪だった。ミアのために悪でいつづける武尊が間違っても彼女の前で正義みたいなことを見せるわけがなかったもんな。最後に挑発までして、圧倒的な絶対悪っぷりを見せつける武尊がカッコ良かった。
新しい巻が出るのが楽しみです。

ところでウルトラマンXの町破壊シーンってどれだ。今度トウマ・カイトが出るのが心の底から楽しみですウルトラマンX。花音のサービスシーンって耳だけ変身のことだよなーって読みながら思ってたけど後々考えたら挿絵のある後ろから釣られているシーンですね。耳だけ変身ってめっちゃえろいとおもいます。

広告を非表示にする