読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

秀頼、西へ

読書 読書-歴史小説

秀頼、西へ (光文社時代小説文庫)

戦国末期。天下を手中にしようとしていた徳川家康は、大坂城に配下の者を忍び込ませた。一方、真田大助は、父・幸村より、落城の際には秀頼を連れ出し落ち延びよ、という密命を受ける。目指すは薩摩、島津家の元。燃えさかる大坂城を脱出した一行は西へ―。誰が味方で誰が敵なのか?行く手には、想像を絶する謀略が待ち受けていた!迫真の傑作時代ミステリー。

タイトル通り、誰が味方で誰が敵か? 誰が秀頼を殺そうとしていて、誰が秀頼を生かそうとしている? 謎が謎呼ぶ時代ミステリーでした。
歴史物、ミステリー。

今年の始めなどに見た真田十勇士の影響で、真田大助がメインの話が読みたかったのですが、父幸村がメインの話は多かれど、大阪の陣ぐらいしか戦いがなく、かつさくっと死んだ大助の話は殆ど無い。そんな中見つけたのがこの本でした。
作者の岡田秀文さんは、前に本能寺六夜物語を読んだことがあります。本能寺六夜物語は、本能寺の変に関わる自分の知っていることを、それぞれが話すという形式の短篇集。
あれは蘭丸の話でぞっとしました……。最後の話で「そりゃ隠すわ!! 全力で隠すわ!!」と思ったのも良い思い出。

 

今回は、大阪の陣で実は死なずに逃げ延びた秀頼が、真田大助らを伴って薩摩へと逃げるという物語。とはいえ、大阪城落城までが結構ページ数あります。半分ぐらいはかかるかな。それまでの秀頼と大助の信頼関係がとても好き。年下の大助を、弟をからかうかのように女関係でからかったり、それなりに気安く話している二人が可愛いです。
そして、大阪城落城。そして薩摩へと逃げることになる秀頼。しかし、当然あっさりとはいかない。同時進行で描かれていく、家康や島津親子らの陰謀。家康や島津らの視点から描かれることにより、彼らの側にいる誰が実は敵で誰が実は味方だったかということが明かされていきます。
読みながら、いやこいつは絶対スパイだろう……こいつは意外と味方じゃないかな……なんて思いながらドキドキしつつ読むのがすごく楽しい。普通の犯人当てミステリーとは微妙に違ってて、ミスったら主人公ふくめて皆死ぬ可能性があるからかな、読んでてすごくドキドキしました。
残り100ページというあたりから、もう話が一気に動き出してすごい。そして最後に明かされる、秀頼薩摩行きの理由と陰謀。もう全部ひっくるめてむちゃくちゃに面白かったです。

敵をバッタバッタとなぎ倒す痛快アクションというよりも、海の上の小舟のように右へ左へ流されながら必死で沖を目指す物語。
秀頼という過去のトップをどうすればいいのか、これが薩摩へと行ったら、薩摩の人間としてはどのようなことが起きるのか、行かせたら徳川としてはどのような状況になるのか。
それらが少しずつ紐解かれて、ミステリーがほどかれていくのがとてもおもしろかったです。

 

登場人物の描き方がすっごく好き。

読んだ理由である真田大助は、若いなー青いなーという感じでとっても可愛い。
女の子のことで気もそぞろになったりもするし、どこか子供っぽい命なんてどうでもいいみたいな感情もあるし、捨て鉢になる部分もありながら、それでも未来を見て生きていくという感じが凄く可愛い。
性格ちょっとゆるいよね、ぽやーってしてる部分があるのがすごく可愛いです。

そんでもって、個人的に一番好きなのが長十郎です。元々スパイなのに、次第に大助らに心揺り動かされちゃう人。こういう主の盾となり矛となり地を這いつくばってでも生きてきたっていう人が大好きなので、その時点でドツボでした。こういうクールでめっちゃ強い人大好きです。
しかもそんな人が、純粋な少年らを見て次第に揺らいでいくって最高かーという感じです。且元らに自白した理由がもう! この人!

あとは淀君が……。大抵気が強くて、大阪城に固執しているが故に逆に大阪城落城へと駆け抜けてしまった人と描かれがちな彼女が、何故落城をさせたくなかったのかという描写がすごく良かったです。大野治長との関係性もすごく良かった……。
基本的に淀君って淀君メインの話でも無ければ基本的に悪役扱い、あんまり良い人扱いされない場合って多いよなって個人的には思っていました。女故に城を明け渡さなかったとか、息子溺愛しすぎてやべえとか、強欲だとか、そういう嫌な女的に描かれるものを多数見ていて、今回もそういう人なのかなーと思っていました。けど違った。
城が落ちることを何よりも恐れるのは、幼いころに目の前で見た、北の庄と小谷城の落城のため。その騒ぎで父と、再度父と母をなくした淀君は城を守ることに固執していたのだろうと読めました。そりゃそんなに城が落ちるたびに大事な人がばかすか死んでりゃ落城にトラウマも持つよ!
さらに、前述の通り大野治長との関係性がなんかもーー純愛。たまらん。

 治長が自分に対し、主従の関係を超えた好意を抱いていることは、早くから気付いていた。その治長の気持ちに無関心を装ったのは、治長への心の傾斜を、気位と野心が許さなかったためだ。
 しかし、記憶をたどれば、
(治長はいつもわらわの側にあった)
 小谷でも、北の庄でも、そしてこの大阪城でも。
 さいしょの小谷のときには、まだがんぜない童であった治長も、北の庄では立派な侍姿となって自分を支えてくれた。そして、いま――。溢れ出そうになる治長への感謝と愛のことばを、
(わらわは決して口にはすまいぞ)
 それが淀の方の最後の矜持であった。

これだよ……。なんだよ、それ。死ぬ間際に気づく幼なじみへの恋情かよ。っていう。そもそも治長も淀君のことを憎からず思っているし、なんかもーーーしかも死ぬときまで絶対言わないっていう、この……なんだ、好きです。

物語的に一番かっこよかった! となるのは秀頼公。
最初はちょっとほわわんとした貴人が、この長旅(というほど長くはないけれども)を経て、次第に強く、人を率いる人へとなっていく描写がすごかったです。大阪城にいるときは少なくともあんまり自分の意見を出さなかったような人が、城を出てからというもの、徐々に周囲の人間を守らねばとなるのが良かった。
つる姫が出てきてからというもの、さらに成長めざましく、最後のシーンは涙でした。父は強い。ちゃんと伏線張ってあったんだよね、この人意外と強いんじゃね? って数回思ったし。

 

「大助、おぬし逃げる気か」
「なにを申されます、父上、大助は戦うと申しておるのです」
「それは心得違いじゃ、大助。ここで戦って死ぬほど容易いことはない。されど、わしはおぬしにもっと苦しくつらい役目を申し付けたはずだ。上様をお守りして最後まで生き抜くという役目だ」

このシーンで思い出したのは最後の忠臣蔵。以前読んだ時に記事にもかきましたが、死ぬよりも生きることのほうがよっぽど辛いなと。
結局、最終的に大助は生きる、生きて、逃げ延びます。けれども、逃げた先で当然なんで生きてるんだという目で見られることもあるだろうし、大阪の陣に関して良くない言われ方をするのを耳にすることもあると思います。その中生きるのは辛いだろうし、陰口を叩かれることもあるだろうし、それでも生きるのは、苦しくつらい役目なのだろうな、と思います。

 

改題前の「落ちた花は西へ奔れ」がすごく綺麗だなと思ったのですが、内容がわかりやすいという意味では「秀頼、西へ」はすごい好きです。前のタイトルもものすごくきれいなので良いんですが、多分前のタイトルだと中身がぜんぜんわからなかったと思います。
前述の通り、上川さん主演の真田十勇士から興味を持って読んだ本です。そのため脳内再生が彼らだったのですが、そういえばあの舞台だと佐助が海の向こうへと逃げたんだっけ。中村勘九郎主演のほうの真田十勇士だと、佐助や才蔵らがそれこそ秀頼を連れて西へ、薩摩のほうへと逃げていたなあと思いだしました。懐かしい。

500ページ以上もあるのに、ラストには一気に読まされました。本当に面白かったです。あと真田大助がメインで出てくる小説って何があるんだろう。

広告を非表示にする