読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し (集英社文庫)

読書 読書-歴史小説

ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し (集英社文庫)

怪異が大好きな変わり者の中将・宣能に気に入られてしまった中流貴族の青年・宗孝。宗孝の姉が、山で「茸の精」を見たと聞き、真相を確かめに向かう宣能と宗孝だが……。平安冒険ミステリー第3弾!

前の巻はこちら。

morelovelike.hateblo.jp

 

前巻で出てきた他の中将様たちも物語に絡みつつの第3巻。
今更気付いたけれど、このシリーズって宗孝と中将と、そして宗孝の姉の物語なんですね。気付くのが遅れていました。

今回は宗孝の姉が見た「茸の精」にまつわる短篇集。
茸の話から始まって、4人の中将の中でも恋多き中将がとある女に惚れこんだ話から天狗に出会う話まで。

だんだんと宗孝が中将の扱いに手慣れてきて、もののけに対してもそこまで恐怖を抱かなくなっているのが、慣れてきた感があっていい感じ。化け物自体はそれなりに怖いんだけれど、今回天狗ごっこで駆けまわったときに「闇を味方につけたような~」と言っているし、今後ちょっと怖くなくなるかも? でもそれだと宗孝が怖がっていることも面白がっているふしのある中将は残念だろうなwと思います。
宗孝と初草の君もどんどん仲良くなってて可愛い感じで。宗孝に警戒心もなにも一切なく、友人として接している初草の君が可愛いです。年下の友人をとっさに守るためにわめきたてる宗孝もGJ。

中将はなんというか、だんだん宗孝に対して適当になってないか? と。前だったら宗孝であろうともそんな簡単には毒キノコなんて食べさせないと思うのだけれども。だんだん宗孝だったら大丈夫、彼だったら危険もないだろう! みたいなかんじに思ってそう。多分それが信頼だのなんだのの現れなんだろうけれども。
適当というか、間違った信頼感? 宗孝のことを何かあっても立ち向かってくれる面白い人というかんじから、次第に化け物探しも付き合ってくれる良い友人ぐらいに心情変化してきていそう。

この中将以外のキャラの濃い3人の中将たちも、それぞれアレな部分ありつつ友情築いているのだから大したもんだと思います。
化け物好む中将と、惚れっぽい女好き中将と、子持ち中将と後誰だっけ……みたいなかんじはありますが。

 

このままだと中将は最終巻となるまで怪異に出会えることはなさそう。出来れば宗孝が、怪異と思われるものはどうせ全部人間なんだー! と開き直った頃にどっと怪異、出来れば百鬼夜行みたいなのに出会ってほしいなあと思います。

広告を非表示にする