読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

最近の実写化の話題に乗っかって思うことあれこれ

元々舞台はアニメ・漫画・ゲームの実写化多いよね

最近漫画やアニメの実写が多い、と言われるなーと感じました。

若手俳優舞台なんか見てると漫画の実写化そしてミュージカル化はテニミュの大成功以降あるあるなのですが、最近はドラマ枠にもそれが増えてきたなという感覚です。
個人的にはペルソナ3のミュージカルはすごくレベル高かったと感じたのですが、あれドラマ化したら絶対なんだこれwwwwって大草原になるだろうことは確実ですからね……。多分私もなんだこれwwwwって言うと思いますし。

f:id:wride:20150710213103j:plain

PERSONA3 -ペルソナ3-|蒼鉛の結晶

ペルソナ3のビジュアル画像はこれ。タケヤがね……本当に上半身裸状態でめっちゃ歌うしすげーカッコ良かったのですよ……。
ペルソナ3のミュージカルは好きな俳優がいたので観に行ったのですが、スクリーンを二枚使用したプロジェクションマッピングで、本当にその場にペルソナを呼び出しているかのような演出が素晴らしかったです。ただあれもテレビでやったら陳腐なんですよね。そういうあたり、舞台でなければすごいと思えないものの筆頭だと思います。

実写化する理由

実写化は、確実な手段だとは思います。

脚本を作るって多分すごく大変だと思うんですが(特に綺麗にオチをつけたりだとか)、原作有りだとその部分にそこまで労力を割かなくて済む。当然規定内の尺に収めるための改変だの変更だの台詞変更だの演出だのはあると思うのですが、原作が存在している以上物語部分は安定したクオリティのものが出来ている。
さらに、原作の知名度を利用するために人を集めやすいという部分もあると思います。例えば最近なにかと話題になったデスノート実写版だって、あれだけ事前情報でやべえこれは地雷だひどい改変だと言われながらも、むしろそんな炎上をしたからこそ、

headlines.yahoo.co.jp

この通り民放連ドラ初回最高視聴率を叩きだしているわけで。そういった炎上効果による視聴率も見込めるというのも大きいんじゃないかなって。

設定のトンチキさで話題ですが、デスノはキャストのメイン格に「売り出したい俳優」ではなく「実力派俳優」をきっちり据えているのがニクい。
月役の窪田正孝ケータイ捜査官7の頃から好きなのですが、年数重ねてどんどんすごい俳優になってってると思います。古代少女ドグちゃんみたいな超イロモノ出てる時から演技力がすごかった記憶。

f:id:wride:20150710213453j:plain

StarChild:古代少女ドグちゃん

news.livedoor.com

ドグちゃんは、名目上は土偶の神様な土偶のコスプレした女の子が、妖怪退治するという超トンチキ系特撮です。土偶のコスプレというかビキニです。こんなアレな系統ですが、レギュラーキャストに上川隆也柄本時生など(私の)今をときめく俳優を配置し、さらにゲストには田口浩正安達祐実竹中直人などの有名人たち、監督はあの井口昇というもう何がなんだかわかんないドラマです。
ドグちゃんの話のなかでまぶたの母の回、窪田くんの演技がすごかった。すっと表情が変わるんですこの人。あとガチバンかなー、ガチバンMAXIMAM見た時もすごい役者さんだと思いました。殴り合いしたあと、口元の血を拭った瞬間にすっと目から殺気が消え去る。そういった演技がすごい役者さんです。

L役山崎賢人も、一度里見八犬伝でナマで見たっきりなんですがあの時にあの糞めんどくさい役を演じきっててスゲー人だなと思いました。どうしても初演の西島信乃と比較してしまうけど、山崎信乃もいいキャラしてた。西島信乃よりちょっと乱暴気味だよね。
その他レギュラー陣でも、仮面ライダー複数回出てて好青年から悪役まで演じる弓削智久(相沢役)や、天てれ子役から年々パワーアップしてる前田公輝(松田役)なんかも個人的にはとても好きです。

何が原因か

って、そりゃ設定改変だよね、という話です。

月は天才ながら天才ゆえの傲慢さとちょいとねじくれた思考がアレだったというのが面白かったのに、平凡な青年にしてしまったら意味が無い。ならば何故その意味がないことをしたのかと言えば、すでに原作設定のままで成功した映画があったからではないかと思います。

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

すでに原作設定のはできている、でもドラマ化したい、ならばどうすればいいのか。そうだ、設定を変えればいい。そんな感じのあれこれなんじゃないかなーって思いました。そして、視聴者に親近感を持ってもらえるように、最近よくあるヘタレでドルオタにすればいいんじゃないの、みたいに改変かけたんじゃないのかな、などと。

しかも最近成功したミュージカルもあったし、もうそのまま出すことはしづらそう。


『デスノート The Musical』ダイジェスト映像 - YouTube

デスミュはあんまりネタ的話題にはなってないみたいですが、歌唱力的な意味でも月すごさ的な意味でも観劇クラスタがすげー騒いでいた印象。私もかっきー月見たかったー。小池徹平ダークホースっていうの聞いて今度ある小池徹平加藤和樹Wキャスト舞台見たくなりました。

こういう設定改変は大抵炎上のもとになりがちなので、炎上狙いのときはとても有用だと思います。だってもし原作設定のままでドラマ化してたとしたら、映画があるじゃーんで視聴率もここまでいかなかったでしょうし。そう考えると、視聴率を伸ばすのに一役買っているとも言えます。
ただ、それで面白くなるかは別問題。今後の脚本家さんの手腕に期待するしかないのかなーと思います。

じゃあ成功する実写化って?

比較的安牌で成功する実写化って、個人的な考えなのですが「現実にあってもおかしくないもの」だと思います。この場合言う「現実にあってもおかしくない」というのは、設定だけではなく「髪の色」「服装」などの部分にあたります。

ここで、ちょっと原作からの改変は多いですが実写化として成功した部類に入るだろうものとして、ライアー・ゲームを出します。

ライアーゲーム DVD BOX

ライアーゲーム DVD BOX

ライアー・ゲームは、1期はフクナガ以外はそこまででもないですが、2期などは原作と内容をごろりと変えています。それなのにそれなりに成功したのの理由に、原作のキャラクターが、現実に存在しそうな髪色であることがあげられるのではないかなと思います。変更部分であるフクナガも、原作そのままのキャラを出すと視界の暴力かもしれないなと思うので、個人的には良改変だと思っています。
二次元にしか着られない服装もありますし、二次元しか許せないような髪の色もあります。三次元にすればどうしたって「あー……(察し)」となるような外見も、二次元キャラならいけます。そして、その部分を原作再現すると「あー……(察し)」になるのは当然ですし、変更したら原作からの改悪となりがちです。

そのため、実写化する原作としては、髪の色や服装が普通のもののほうが安牌なんだろうなーと思っています。
逆に改変したものの成功するものとしては原作がそこまで名が知れ渡っていないものとかかもと思っています。インディゴの夜はドラマ版も人気結構あるけど、あれは所属ホスト数名が改変・追加・クラブ移動してます。あれこそ若手イケメンわらわらドラマで、数年前なら深夜にやってた風魔の小次郎とか東京ゴーストトリップとかの枠でやっていそう。最近で言うと薄桜鬼SSLかな? あれも既にミュージカルがあったというのにすごい叩かれっぷりで、舞台とは何が違うのかとちょっと気になる。薄ミュは囓ってないので全くわからない地です。早乙女太一がすごいという話は聞いたので興味はある。

舞台とドラマは違う

実写について考えてみてて、舞台とドラマは違うなと感じました。

舞台だと、表現できる範囲に制限があるということが見ているほうでもわかっているため、「海だ!」とキャラが舞台の奥を指さして叫ぶならそこに海がある。「上空高度は○メートル。晴天です」と言っていれば飛行機の外は晴天。刺された人は血糊がなくとも血が飛び散って死にます。そういったように、ある程度ないものがそこにあるお約束がある。
それと同じように、髪の毛の色がおかしくとも、変な必殺技を出そうとも、それをそういうものだと許容する、という文化的なものがあると思います。舞台BASARAなんて明智がモブに鎌刺したまま動いたらそれはHP吸ってますってことだからね! ゲーム内お約束。
有名な宝塚だってテレビでドアップで見るとああうん……ってなりがちなメイクだったりしますが、あれも宝塚の席から見たら映えるものなのだと思います。

さらに、実写化がよくあることなので、ある程度慣れがある。そしてお金を(しかもあんまり安くない)出さないと見れないので、興味が無い人は最初から見ない。実際に見ないと話題にできない状況が多いので話題にすることも少ない。

これらが、舞台による実写化がある程度受け入れられる(というか嫌なら見ないという選択肢が取りやすい)部分ではないかと思います。

私の場合は原作有りのものだとひでー舞台に当たる確率が下がるので(少なくとも筋と流れはわかっているので地雷回避が出来る)お金を出しやすいというのもあります。
脚本・演出が知っている人ならその辞典で地雷か否かを見分けられるんですが、そうじゃない場合は原作がどういったものかというの結構大事。苦手そうなら見てから苦手だと叫ぶよりもチケット買わない。
まあ、原作あり舞台だけどマルガリータのように私が大事と思ってたシーンの改変・削除と、大事だと思っていた台詞を作中からほぼ消し去って乾杯の音頭に使うようなこともあるので製作スタッフの見極めもめっちゃ大事なんですけどね!!!

最終的に何が言いたいの

役者は悪くないんだよ!! 実力派使ってるんだよ!! 役者は! 悪くないんだよ!!

役者も叩かれているのを見てちょっと叫びたくなりました。あと、古代少女ドグちゃん面白いから見てね! 以上です。

広告を非表示にする