日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

極悪人を絡めとる蜘蛛の意図「弾正の蜘蛛」

弾正の蜘蛛 (新時代小説文庫)

弾正の蜘蛛 (新時代小説文庫)

信長を何度も裏切った男松永久秀と、彼を絡めとる糸を持つ蜘蛛の物語。

信長のところへと来た松永久秀は、信長の嫁帰蝶に乞われ、自らと帰蝶の父道三との思い出について語る。 幼いころ道三に拾われた久秀は、彼とともに油売りをし、山の中を走り回る生活をしていた。そしてその頃に出会ったのが一組の母娘。娘のほうに淡い恋心をいだいた久秀だが、しかし事件が起こり彼女らとは別れてしまう。
そして月日が経ち、久秀は彼女のようなものがいる里へと向かう。
信長から大悪人とまで称された松永久秀の、予言に引きずられ糸に引っ張られるだけの虚無的な人生と、恋の物語。……とでも言えば良いのでしょうか。

歴史小説と思いきや、思いっきりファンタジーモノでした。面白かったです。
雨木シュウスケはレギオンで名前は聞いたことがあったのですが、小説を実際読むのはこれが初めてでした。あるよね、名前は聞いたことあるけど実際読んだことはない作家って。
松永久秀自体も、織田信長関連の小説を読む際に出てきて爆死する人というイメージぐらいしかありませんでした。ある意味どっちもちゃんと読むのは初めてです。

松永久秀については小説を読んでいると大抵「この人は何がしたかったんだろう?」と思わされます。そういった部分でこの話は「松永久秀は何をしたかったのか」という部分を全面に出してきていたので面白かったです。
この物語の松永久秀は、何をしたいわけでもなかった。あえて言うならばあの時山でともに時間を過ごした少女に出会いたいというぐらいのもので、それ以上のものは何もなかった。あとは行者に操られるまま、里の者達が日本中に広がる手伝いをさせられているだけ。彼自身が何をしたいということは無かった。その彼が最後に得たのは蜘蛛だった。

読んでいて少女の「蜘蛛を抱いて死ね」の意味がずっと気になっていたのですが、最後にそうまとめてくるか! と思わされました。蜘蛛=彼を絡めとるもの、糸であるということからその根源たる行者であるだろうとは思っていましたが、更にそこに引っ掛けてくるのだなと。
なるほど、彼にとっての蜘蛛はそれだけだなと思いました。

松永久秀についての本を読むのは初めてでしたが、こういう書き方もあるのかーと思いました。面白かったです。
レーベル的にはいわゆるキャラ文芸なのかな、それとも歴史物にがっつりと行く感じなのかな。どちらなのかわかりませんが、今後も読んで行きたいところです。

広告を非表示にする