読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

女性ホームズ&女性ワトソンの女性バディ物「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱

 

2012年、オリンピック開催に沸くロンドン。アフガン帰りの軍医ジョー・ワトソンは、早々に除隊したものの、物価の高さと仕事のなさに鬱々としていた。このままでは路頭に迷ってしまう。そんな折、友人ミカーラからフラットシェアをすすめられた。シェアの相手はシャーリー・ホームズ。ちょっと変わった女性だという。だが、実際に会ったシャーリーは、ちょっとどころではなく変わっていた。乗馬服に身を包んだ清楚な美貌、人工心臓を抱えた薬漬けの身体、初対面で経歴を言い当てる鋭い観察眼、死体置き場で寝起きする図太い神経。なにより驚いたのは、彼女が頭脳と電脳を駆使して英国の危機に立ち向かう、世界唯一の顧問探偵であることだった。 ベイカー街221bで同居を始めてまもなく、ヤードの女刑事グロリア・レストレードが訪ねてきた。死体がピンク色に染まる中毒死が続発しているらしい。いまだ無職のジョーはシャーリーに連れられて調査に赴く。それは二人がコンビを組む、初めての事件だった。 表題作に短篇「シャーリー・ホームズとディオゲネスクラブ」を加えた、目覚ましい独創性と原作への愛に溢れた、女性化現代版ホームズ・パスティーシュ登場!

舞台版メサイアは見たことがあったので、作者の方の名前は聞いたことがありました。今度シャーロック・ホームズ関連の舞台に行くので読んでみようかなーと思ったので手に取りました。

 

タイトルから分かる通り、シャーロック・ホームズのパロディで性別逆転物。性別逆転というか、男性が女性になっています。シャーロック・ホームズはシャーリー・ホームズに。ジョン・ワトソンはジョー・ワトソンに。これ以外にも、レストレイド警部も女性だったり、モリアーティも女性だったりと、レギュラー枠の登場人物がだいたい女性になっています。
舞台も2012年のロンドンに。2012年というよりは、読んでてもうちょっと未来なイメージがありました。ホームズの周囲にはどういう仕組かわからないファンタジー系でよく見る空中に浮いてるコンピューターの画面っぽいものが浮かび、ハドソン夫人は家全体に仕込まれた人工知能。多分ファンタジー小説なんだと思います。

 

ただ、読んでてどうしてもあんまりホームズが女性っぽく思えないのが難点。一人称は僕だし、言葉遣いも男っぽいし、これ本当に女性にする必要あるのかな? 原作のホームズは別に女性言葉なわけでもないんだし、男性言葉にせずに女性言葉でも良いんじゃないかなと思いました。
あとさすがに27歳女性でブラも自力で付けられないのは、なんというか、ホームズの世間離れっていうとことはなにか別のものが感じられてちょっと……。ぱんつのはけないヒロインまではいかないけど同じようなにおいがしました……。

 

ワトソンと伴に謎を解くというのは原作通りでしたが、事件の内容はオリジナル。緋色の研究のパロディで緋色の憂鬱と付けたのかとおもいきや、事件の中身が直球で緋色の憂鬱でした。確かにこれは女性作者じゃなくちゃ書けない内容だなとも思いました。
ただ同時に、私はこういう内容大嫌いなのでちょっと、物語の確信に触れる部分ではあれどネタバレがあったら助かったかもなーとちょこっと思いました。生理関連ネタ嫌いです。

あらすじの方には『目覚ましい独創性と原作への愛に溢れた』とありますが、個人的にはそこまで原作への愛ではなく、うまいことパロディにしたなーとしか感じられませんでした。キャラクターもそこまで魅力的とは思えませんでした。
うーん、原作のホームズって、ちょっと世間離れはしてるし阿片窟なんかにも行っちゃうかもしれませんが、外出のときの格好はワトソンが来る前からもまともそうなイメージあったんですけどなんなんだろうなあ。多分作者さんの解釈と私の解釈が合わなかったのだと思います。

広告を非表示にする