日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

ヘタレでゲーマーな織田信長の生まれ変わり「よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム」

よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム (角川ビーンズ文庫)

よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム (角川ビーンズ文庫)

 

連続死体遺棄事件が起こり、不穏な空気が漂う京都。瓜巣志信は、単位取得のため、行方不明になっている講師を捜すことに。そこへ森蘭丸柴田勝家の転生者と名乗る者達が現れる。彼らは志信を織田信長の転生者だと言い出すが、志信は信じない。アパートに臣下達が強引に転がり込んでくるが、志信は怪事件の影に戦国の武将達が関わっていることに気づき!?時田とおる×hatsukoが贈る、歴史×ミステリー開幕!

歴史物のラノベが読みたくなって探してみたら見つけました。これはツボ、ドツボでした。とても好き。

 

 

以下、話のネタバレありの感想です。

戦国モノだとだいたい織田信長って傲岸不遜とか性格が悪いとかそういったものと決まってるんですが、この話の他称織田信長の生まれ変わりさんはそんなことは全くない。ヘタレでゲーマー、ひきこもり体質。まさか過ぎて笑っちゃいました。織田信長っぽさ全然ないw 威厳とかゼロw
しかも単位ギリギリで必死こいてなんとかしなきゃならない状況だし。単位ギリギリという言葉を聞くとこころが痛くなるのでやめて欲しいです。

でもこのキャラだけじゃなく、自称森蘭丸も自称柴田勝家もそれっぽさがあんまりないです。
自称森蘭丸は他称織田信長もぶん殴るし他のキャラ相手にもすぐ手がでる喧嘩っ早い人だし、自称柴田勝家織田信長大好きのわんこキャラ。歴史物だとどっちかっていうと森蘭丸が信長大好きわんこにされがちで、柴田こそ血の気の多いキャラかお市に片思いしている場合が多い気がするので驚きました。あと、作中で一回触れられてるけど柴田勝家って信長裏切ったりしてるしね。

でも自称森蘭丸に関しては後半で解決。なんとなく予想してたけどやっぱりそうだったか! という感じ。明智光秀転生者に「血の気が多い」って言われてたもんね、そりゃ森ヒャッハー長可兄貴ですわ。そうすることで、明智光秀の「二人の鬼」の言葉も生きてくる。人間無骨出てきたとこでうわーーーーとなりました。こええよこの人出陣させちゃダメな奴。
しかし、森蘭丸と見ると蘭先輩はちょっとキレ安すぎじゃないかと思いますが、森長可と見るとかなりまともだなーと思いました。完全に前世に引きずられているわけじゃないんですよね、結局誰も彼も。

個人的には画家の正体に気づかなかったのが非常に悔しい。
愛している女性と来たら細川忠興以外になるわけがないのに! しかも嘘かホントかわからない逸話で嫁の顔みた庭師殺してるからね……。そういう部分を考えると、彼はこの世界で玉さんを見つけたとしても絵に顔は書かないんだろうな、見た人を片っ端から殺す必要が出てくるので。
なんで細川忠興で画家になるのかと思ったけれど、よくよく考えたら細川忠興=文化人だし、当然といえば当然かも。作家か画家か、その辺りのラインになりそうな感じです、細川忠興
でも、読み終わった上で思うと、細川忠興、人を殺してるわ誘拐してるわなのに全くお咎めなしなんだよな……。説明がつく事象ではなかったとはいえ、のうのうと普通に生きられてもなんだか。何かしら報いを受けて欲しかった。例えば殺した人のなかに本当は玉がいたとかそういう。

 

同じ角川ビーンズなのもあって、主人公の志信くんはなんとなくまるマのユーリとも近い部分もあるなーと思って読んでいました。本人全くその気はないのに自称家臣たちからきゃーきゃー言われて守られてるあたりが。あとツンデレっぽいのもいるし。
でも中身は全然違うのでそこまで……とも言える。でもまるマが好きな人は受け入れられそうだなーって思いました。

 

読んでてギャグとしてもめちゃくちゃおもしろかったのでぜひとも続編が読みたいです。このまま集めていって、最終的には本来は織田家臣ではない人も家臣としたりしてね。
でも、織田信長=絶対殺すマンそこまで多くなさそうなので、京都に集まってくる人も少ないのかなー。もし続刊があるとして、出てくるとすれば羽柴秀吉竹中半兵衛黒田官兵衛あたりな気もします。でも本来竹中半兵衛織田信長の家臣であり、それを一時的に秀吉のところにおいてるよっていう状況だったはず。だったらもし半兵衛が出てくるとすれば、主従の儀的なのは志信くんと行って、でも居場所は秀吉配下みたいになるんでしょうか。難しい。
与力連中どうなるんだろうなあ。どこまで過去に引きずられて過去の主従関係を貫こうとするのか、それとも新たな主従関係を結ぶのかというのも面白そうで気になります。

……というところまで想像したところで調べてみたら、この作家さん、このよろず暗やみ~以降出してないみたいで、そろそろ……そろそろ続刊出ないかなーと……。

 

ところでよくよく見たら、この「よろず暗やみ解決屋 戦国敗者の復活ゲーム」、どこも中身と関連してなくて笑いました。
別によろず解決屋なんてやってないし(解決したのはほとんど偶然で、勝先輩が騒いでるのに対して志信が言うとおり自分で意識して成したものは殆ど無い)、暗やみっていうけどあの空間行くの別に暗闇じゃんくていいし、織田信長は戦国的に敗者と言われたら首を傾げるし柴田勝家明智光秀は敗者ぽいけど残りの二人は全く……? となりがちだし。どうしてこのタイトルになった。

広告を非表示にする