日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

ついてまわる肩書は『強盗殺人犯の弟』「手紙」

 

手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

 

 

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

先だってから続いている東野圭吾の流れの続きです。
今回は、三浦涼介が今度舞台で演じるということで気になって読んでみました。とにかく鬱々とした小説だった……。誰も悪くないんじゃないのかなーと思わせるような物語でした。

弟に大学進学をさせたいために窃盗をしたところ、老婦人に見つかってしまって彼女を殺してしまった兄。その兄が進学させたかった弟は、強盗殺人者の弟として大学進学なんてできなくなってしまう。
そして、主人公である弟の直貴は、何をしようとも「殺人者の弟」という肩書がついて回る。弟であって本人が罪を犯したわけではないのに、「殺人者の弟だから」アルバイトの時にも身元人がいないしその理由も正確に言えないために仕事先が見つからない。「殺人者の弟だから」ふさわしくないと女もろくにできない。「殺人者の弟だから」まともな職にもなかなかつけない。

直貴自体は何もしていないというのに、それがずっと繰り返される。直貴は悪くないのに、直貴はその弟というだけなのに。
物語は直貴視点だから、ただただ世界が理不尽だと思います。直貴は何も悪くないし、何もしでかしていない。にも関わらず、直貴の人生に兄の存在がでかでかと出てくる。
でも、もし自分の近くにそういう人がいたらと考えてみると、どうしてもしょうがないと思ってしまう。直貴の兄が犯した『強盗殺人』という事件は大きな物だけれども、理由と経緯を考えたらあまりにも遠い世界のものとは思えない。現在低所得者のほうが多い現状で、同じようなことがすぐ起きるかもしれない。
そして、そういった人が近くにいた場合、自分はどうするか。エスニック料理屋の主人のように『彼に幸せになってもらいたいが、自分は関わりたくないので直接手は出さない』ということしかできないのではないか、と思います。彼の人生そのものを背負い込む気力や勇気がなければそういったことはできない。殺人者の弟がバイトしているなんて知られたらそういう目で見られるかもしれない。そういった、どうしようもない保身を考えるかもしれないし、だからこの物語に出てくる直貴と対立する立場の人たちの行うこともしょうがないと思ってしまいます。

最後で直貴は兄に対して『もう手紙を送らないでほしい』と返信を書きます。これは、兄という呪縛から逃れたのかなーと思いました。
直貴が拒否しようとも、ずっと白石さんのほうが受け取って返事を書いていた手紙。直貴と白石さん、そして娘に対してずっとつきまとっていた呪縛であり、兄とをつなぐ糸であり、それを拒否したことで直貴は兄という呪縛からも逃れたのかなと思います。
呪縛を逃れたところで完全に断ち切れるわけではない。けれども、これからの彼らの生活に、身勝手な願いだけれどももう兄は関わってこないでほしいと思いました。そうでないと、彼らはまた『殺人者の○○』という言葉に縛られるから。

んでまあ、よく考えたら白石さんちょっとこわいなって思いました。だってこの人、序盤に直貴が見せたこともないはずの静電気体質なこと知ってたし。いったいどこで知ったんだ。その他にも教えたはずのないこと知ってたし。
てっきり被害者の老婆の孫娘とかで何かしらの伝手があるのかなーと思ったけどそういうことでもないし、なんかもう普通に怖いです。あれかな、ストーカーかな!

 

東野圭吾で読みたいなーと思っているのはこれでひとまず読み終えたつもりなので、今度は何読もう、積んでた本とか崩したいところです。あと部屋の片付けな。

 

ところで、ウィキペディアを見てみたら、前回の舞台は兄が進藤学で弟が相葉弘樹なんですか。なんとなく想像できるかんじです。今回は読むときに弟を三浦涼介で想像していましたが、この二人で脳内再生してみても面白そうです。
この二人だったらなんというか、弟キラッキラしてるわ……。

広告を非表示にする