日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

余計な時間をカットして、そして余った時間はどこへ「節ネット、はじめました」

 

節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す

節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す

 

時間がない! お金がない! 余裕もない! ――すべての元凶はネットかもしれません。

■ ネットのせいで、実際の日常生活でやろうとしていたこと(家事、仕事、趣味など、あらゆること)ができずに終わった日がよくある
■ ネットを見た後、なんでこんなことに時間を使ってしまったのだろうとむなしい気持ちになることがよくある
■ ネットを見た後、イライラしたり、悲しくなったり、他人が妬ましかったりと、見る前より不幸になっていることがよくある

ひとつでも当てはまれば、あなたもすでに「ネット中毒者」です。
すべてに当てはまった「34歳・ネット中毒女」が不健全な関係を見つめ直してみた結果……

↓ ↓ ↓

「脱」ネットではなく「節」ネット。取り締まり対象を絞って狙い撃ち。

【黒ネット】見たことに対する後悔が大きいもの。見ていて心がざわついたり、見る前よりも自分は不幸になっていると感じる【節ネット優先度高】(例:2ちゃんねる、各種まとめサイト、ゴシップ・芸能ニュース、ヤフー知恵袋大手小町フェイスブックなど)

【白ネット】ためになったり面白かったりで後悔はないもの。よく言えば知的好奇心を満たす旅だが、ネットの樹海にどっぷりはまり込んでしまっている迷子状態とも言える【節ネット優先度低】(例:ウィキペディア、ユーチューブ、不動産物件サイト、求人サイト、健康・美容のクチコミサイトなど)

【無害】仕事や生活で必要なもの。これの履歴をつなげれば、日記よりも雄弁にその人の生活を語る【節ネット対象外】

●対策案●リンクまみれのページは見ない/見終わったらログアウト/フェイスブックでは友達の投稿は見ない/SNS時代だから、あえてのブログ/今より遅い回線にする/スマートフォンをやめる/ネットの代わりにやることを見つけておく(暇だと、今度はテレビを見ます)

著者の「時間を無駄にしてしまった……」と思う瞬間があるあるすぎて。夜中にウィキペディアを見ていたら気づけば時間が経っていた! なんて本当にあるあるすぎてたまらない。そんなネット中毒の著者が中毒から抜けるまでの自分がやったことなどを解説付きで紹介してくれている本です。
つい2ちゃんねるや小町などを見てしまうならば一度読んでみて、「黒ネット」と「白ネット」を仕分けてみるのも良いかも。私のことです。
チェックリスト付きで自分がどれだけネットに依存しているのかをわからせてくれるという親切仕様。チェックを入れながら次第に半笑いになっていきました。

「黒ネット」→見てイライラしてしまうウェブサイト。絶対イラつくとわかっているのに見てしまう、小町の不倫話だったり炎上ニュースだったり。
「白ネット」→役立つことだけれどもそこまで便利になるわけではなく、ついつい時間を潰してしまうもの。ウィキペディアだったり。

ああ、わかる! わかる! と読んでいました。「イライラの答え合わせ」という言葉に笑ってしまった。その通りです。

自分のウェブサイトの履歴から黒ネットと白ネットを色分けで仕分けして実際どれだけ無駄な時間を過ごしているのか視覚化する、というのがつらすぎて。
私がやってみたら、艦これツイッターでほぼすべてが埋まっていました。つらい。

 

ネットをしまくらないために、ネット以外のできることを予めリストアップしておくというのがいいなと。
その中で著者の『成果をネットで自慢したくならないもの』というのになるほどなーと思ったのですが、著者が実際にやったものとして『ダンス』を上げているのに笑いました。確かになかなか自分のダンスは他人に見せづらいw
それと同時に『掃除』は良い案だなと思いました。綺麗になった様子が視覚化されるために、やったぞーっていう感じも出ますし。

 

かれていた下記の手順で、実際にちょっとやってみました。

①空いた時間で何をするか、ネットをしていた時間で何ができたかを考える
②自分のネット閲覧履歴を確認して、現状にショックを受ける
③履歴を、後悔の強い「黒ネット(優先度高)」と、楽しい・ためになるなど後悔のない「白ネット(優先度低)」と、生活に必要な「無害(節ネット対象外)」に分類する
④黒ネットのうち「カスタマイズできるもの」から着手する。フェイスブックが黒ネット対象の人はカスタマイズ要素が多いのでおすすめ
⑤節ネット中は簡単な日記をつける。毎日自分を褒めちぎりましょう。
⑥寄り道を阻止するため、ブラウザの設定変更や、メールマガジンの購読解除などを行う
⑦ログインしたページは毎回ログアウトするなど、ネットに入るときの関門を増やす

開いた時間で何をするか考えてみたら、まあ読書だなと……。しかし読書をしたところで結局感想をネットに書き込むのだからなあ、と思わなくもないのですが、少しずつ読書時間が多くとれてきた気がします。多くとれてきたところで艦これのイベントが始まってしまったのですがw

 

黒ネット、白ネットを節約することで、気づけば夜更かししていただとかそういったものを削れるのはすごく大事なことだとは思うのですが、結局空いた時間を何に使うのかだなあとE6チャレンジしながら思いました。
ところでこの本を見て初めて不動産サイトが面白いということを知ってしまって、新たな時間泥棒を見つけてしまった気分です。どうしてくれる。

広告を非表示にする