日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

DNA登録社会というギミック「プラチナデータ」

 

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

 

以前映画のCMで見た気がして、いまさらに気になって読んでみました。

読み終わってから私が気になっていたのは確か藁の楯では……? と気付いたのはご愛嬌。プラチナデータは全く違う話でした。

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。

DNA捜査システムという「ギミック」

物語の本筋、もしくは中央部分に位置するのはこの「DNA捜査システム」という部分に当たります。今のところは国民の多くの、できることならば国民のすべてのDNAを登録し、犯罪が起きた時は犯人の遺留品をシステムにかけることで犯人の親類縁者を洗い出し、そこから犯人の外見・身長・モンタージュ写真までを作成してしまうシステム。これだけSFチックな捜査システムは、物語のギミックでしかありません。
おそらく物語の舞台は近未来となっていて、タバコもタール何ミリ以下しか吸ってはいけないだとかいう嫌煙者に超ハッピーな決まりがあったり、タクシー等も数台に一台は監視システムが入っていたりと現代より進んだ監視社会になっています。そういった部分も、この物語においてはミステリーのためのギミックでしか無い。

DNAシステムでわかるのは、塩基配列でありどの体の使用者がその犯罪を起こしたのかだけ。そして、システムが弾き出した犯人である神楽は、二重人格者。その犯罪が起きた時間、神楽は薬を使ってもう一人の人格に体を明け渡していた。
犯人は神楽のもう一人のじナックであるリュウなのか、それとも他の誰かなのか。そして協力者である白鳥の存在は、と物語はどんどん動いていきます。

この「製作者である神楽が二重人格者」というのは、結局のところDNA捜査システムがうまく利用できなくなるためのギミックでしか無い。DNA捜査システム自体がミステリーのための設定であり、本筋は別の部分であったというのが面白すぎか。

個人的な話ですが、このDNA登録システムで、何故かマイナンバー制度を思い出しました。
あれもよくわからないけどなんとなく個人情報的にイヤだなーってやつなんですよね。何が嫌なのかうまく言葉では表せないけれどもなんとなく嫌。

「国民が許さない? ねえ、浅間さん。国民に何かできるわけですか? デモをしようが、演説をしようが、政治家たちは自分たちの通したい法案を着々と通していく。これまで、ずっとそうだったでしょ。国民の反対なんかは関係ない。それに国民だって、どんなに無茶な法案を通されようが、怒っているのは最初だけで、すぐにその状況に慣れていく。今度も同じことです。最終的には、DNAを管理されるのも悪く無いと皆が思うようになる」

この言葉じゃないですが、結局何をしようと慣れていくし、始まってしまえば何も言わなくなるんでしょうが。

話は微妙に違いますが、消費税だって8%の時代に慣れ始めている。私は物心ついた頃からすでに消費税5%な世代なのでまだ100円は105円と思いかけてますが、すぐにそれも慣れてしまうんでしょう。デモをしようが演説をしようが、結局は何も変わらずに慣れていく。
そして政治家たちがそのDNA登録システム化を推進していく理由がなーーー。実際政治だのなんだのってそういうものだってわかってても胸糞。でも物語的にはものすごくスッキリするからなんとも。

水上先生めちゃくちゃ格好いい

登場人物の好みだと、水上先生がNo.1です。彫りの深い顔立ちでサイエンティスト最高じゃないですか。

映画のキャスティングは全くわかっていないので(それ以前に私がプラチナデータだと思っていたCMはおそらく藁の楯)キャストは全くわからず、脳内では伊礼彼方さんで想像していました。彫りの深い顔立ちっていう部分で。スリルミーのサイドシートで見て以来、伊礼さんの彫りの深い顔立ちがまた見たくてたまりません。横から見た時めちゃくちゃ美しい顔立ちだなと。
この話で唯一映像で脳内再生していた人です。

ネタバレだけれども

 

後半部分のネタバレにあたりますが、最初相手のこと確実に気に食わん奴、いけ好かないやつだと思っていた浅間と神楽の共闘めちゃくちゃ良かった! コンピュータをあまり使わない古い人間である浅間を、神楽がうまく指示しながら物語の筋が溶けていくのすごく気持ちよかったです。
しかし、これだけ情報が集中して集められて理論整然とより分けられている世界なのだから、本屋で端末借りた時にもてっきりメールシステムつないだことから神楽の居場所がバレて警察来るんじゃないかとハラハラしながら読んでいました。ものすごい勢いで目を走らせて読んでしまいました。
絶対出だしというか顔合わせの時は相手のことをめちゃくちゃ嫌なやつと思っていそうな二人が、最後に力を合わせて協力し、二人の力でやっつけるぜ! とかくとまあものすごくジャンプっぽく思える。すごい。でもそんな感じだった。めっちゃ良かった。

水上先生のマッド理論というかあのあたりは、まあ、物語の悪役だしこんぐらいアホな理由で馬鹿げたことをしてくれたほうがスッキリするからいいかなーってかんじです。ペラいな! と思わないこともない。

「いいことを教えてやろう。人の心を探るのに、遺伝子なんかはお呼びじゃない。人の心は、単なる化学反応と電気信号にすぎない」

お前絶対ゲームのマッドサイエンティストだろ? と思った台詞。でもすきだよ水上先生。本当に伊礼彼方さんで見たいです。

上で引用した官僚その他お偉いさんの通したい法案が云々、あれは結局後半まで物語に関わってくるんですよね。
プラチナデータ」というタイトルは、主人公たちにとっての「プラチナ」ではない。官僚、その他法案を通すのに何かしらしたのだろうお偉いさんにとっての「プラチナ」。プラチナが王水以外には溶けないように、プラチナデータもそれをわかった上で行う人以外には謎が解けないデータ。
DNA捜査システムがあるからこそ初動捜査をろくにしないだろうという現状捜査の状況を逆手にとったのはうめえなと思いました。

広告を非表示にする