読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

女装・男装モノ「花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (ビーズログ文庫)」

花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (ビーズログ文庫)

花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (ビーズログ文庫)

 

 歌姫は、女・装・中!?
「何度だって君に会いにくる――」少年・クロードが初恋の少女・ロゼと交わした約束は、花が人を喰う“花嵐”によって引き裂かれた! ロゼがいなくなって5年。クロードは、18歳の可憐な美女に成長!? ロゼを奪った花を狩る“歌姫”になるため、見た目は女の子として楽院に通っていたのだ!! そんな彼(彼女!?)の前に、少女と見紛う“舞手”の少年・ノワールが現れる。出会い頭に彼に殺されかけたクロードと、ノワールの仲は最悪! しかもノワールの正体が実は……!? 複雑・厄介・面倒くさい恋の花が絡み合う!!

 キャラがとにかく可愛い!

キャラがとにかく可愛いお話でした。

主人公の少年クロード(女装中はロゼリア)も、ヒロインでもあるノワールも、幼なじみのミュゲも、出てくるキャラがみんなとにかく可愛かったです。

特に主人公のクロードがとにかく可愛い。ロゼの名前を使っている以上、彼女だったらきっと素敵で笑顔で朗らかで誰にだって優しくて……のようなことをかんがえてとにかく「ロゼのために」可愛く過ごそう! としているところが健気でたまらなく可愛かったです。
純粋馬鹿というか健気というか愛らしいというか。とにかく可愛い主人公でした。

ノワールの正体は比較的序盤でわかったんですが、この巻の最後にでも明かすのかそれとも記憶が戻るかなーとおもいきやそんなことなく、互いに知らないまま、思い出せないままというのが驚きました。
じゃあ続くのかな? と思いきや続かないんですね……残念。こんな美味しいところで打ち切りとは。

純粋馬鹿×人馴れしてない言葉の足りない子=可愛い

人馴れしてなくて、どうにも言葉が足りてないノワールが次第にクロードに懐いていくところがとにかく可愛いです!
女の滑降しているクロードのことを次第に大事な友人として認識していくあたりなんて野良猫がだんだんと人間に懐いていくみたいだったし、男の姿のクロードに本人気づかないままにときめいているところはいかにも少女! って感じで可愛かったです。
クロードの純粋馬鹿故の無邪気に近づいてくる感じに、どうにも抗いきれずにそのまま流され仲良くなっていくノワールがたまりませんでした。

二人のデートシーン、クロードのほうはノワールを男の子だと思っていて、ノワールはクロードのことをろくに会ったことのない人と認識していて、互いの認識のズレっぷりがとにかく可愛い!

女装×男装=可愛い

私は男装も女装も大好きなんですが、その点に関してもとっても美味しい。

主人公クロードは女装男子ですけど、本人好き好んで女装しているわけではなく理由があるので中身はとっても男らしい。格好いい。薬を飲んで一時的に体の年齢を戻しているだけなので、胸は無くてパン詰め込んでる。このパンが小ネタでいい味出してるなーって思います。

ヒロインにあたるノワールが男装しているのもちゃんと意味があるのがいい。ノワールはクロードと違って単順に出たり引っ込んだりするとこの生育がそこまで良くないのとだぶだぶの服を着ているというだけなので、もう数年したらバレちゃうんだろうなーと思うと美味しいです。

もうとにかく色んな所が可愛いし面白い本で、これから二人の距離も近づいていいとこになる! ってとこなのに、続刊なし……残念でたまりません。ここからが可愛いって感じなのになー。

広告を非表示にする