読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

スーパーヒーロー大戦GP仮面ライダー3号~あるいは続きはウェブで!商法~

見たもの 見たもの-映画

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

スーパーヒーロー大戦GP仮面ライダー3号の映画を見てきました。

映画の内容は既に各所で説明されているからいいとして、とりあえずざっくりと感想その他。

仮面ライダーは、平成1期はそれなりにざっくりと見ています。ブレイドはリアルタイム時に言葉が聞き取れなくて結局見るのを諦めたり、響鬼は忙しい時期に重なって見れなかった、クウガは怖くて見てなかったりですが、それ以外は全部全話見ています。
映画で好きなのはアギト・龍騎ファイズ・キバ。とくにファイズが、サイガの外見の格好良さに惚れています。白地に寒色デザインの格好良さは最高だな! イクサはそこまで好きではないのはなんでだろう。怪人だとクレインオルフェノクの劇場版のタイプが一番美人だと思っています。美しい。

もっけから大賑わい

今年は事前に及川ミッチーが3号ということで各所から話題になり、更に言えば普段はネタバレしない人たちもツイッターで早バレに対してキャッキャとしているという異様な状況で始まりました。
今までは1号が出るでも乾巧が出るでもそこまでクラスタ外の人たちがネタバレ合戦をしているイメージが無かったんですが、今年はすごかった。みんな容赦がなかった。もうちょっと容赦してくれてもいいのよ。雑誌早バレじゃなくてせめて公式発表があるまで待とうよ。普段はネタバレなんて><と言っている人すら容赦がなく、ああ及川さんは凄いのだなあとそこまで詳しく無くとも思わされました。

同時に私の界隈では、スーパーヒーロー大戦相変わらずの米村脚本&去年と引き続き白倉プロデューサーということで微妙なガクブルがありました。
去年の平成vs昭和ライダーの映画も、乾巧、門矢士、左翔太郎ら平成ライダーたちの続きの話としては(なんでオルフェノクの王が死んだのに巧ピンピンしてんだとかなんで平然とした顔でいるんだオートバジンとか)突っ込みどころはありましたが面白かった。でも平成vs昭和部分はこれ必要あるの? っていうかわざわざあんだけ煽っておいてこれ? としか言いようのない残念さで、あの流れが続くのだとしたら、今年の映画もGP部分はひどいことになるぞ……という確信じみたものがあったり。
ぶっちゃけ怖い。怖すぎる。そんな感じで、3月上旬の先行公開、見に行けるはずもなくツイッターで情報集め。

事前に分かった情報としては、

  • ライダー大戦部分はいつもどおりだから諦めろ
  • マッハクラスタお通夜
  • 4号のdビデオを待て

という状況で。ああこれはいつものあれか……と覚悟して、でも巧がいるからと結局初日アサイチ、地方中継舞台挨拶付きので見に行きました。

中身について

そんなに金を集めたいか。

とりあえずこの一言に尽きるなと。

 

個人的に、映画の内容自体は面白かったです。

3号が1号と2号を倒してしまったことによって歴史が改変されてしまった世界。それによってショッカーが世界を牛耳ることとなる。何故か正しい世界のことを覚えている霧子。ライダーを捕獲する課にいる泊と霧子。ライダー捕獲のために子供を盾にするショッカー軍団に対して違和感を覚える泊。霧子と課長がしんだことによって決定的にショッカーと袂を分かつ泊。

泊がショッカー軍団に対して疑問を持つまでの序盤の流れも、人を守るために出てきて戦って死んだと思ったが当然この程度では死なない南光太郎も、3号の存在がおかしいとして尾行する桜井侑斗も、ショッカー軍団に対して慣れ合うこと無く一匹狼でいた乾巧も、どれについてもとても良かったです。
特に及川光博さんの黒井がとにかく格好いい! 車から降りる時に黒い羽が舞ってて、なんだこの格好良い人は! となりました。本当に格好良かった。彼は実はショッカー側の人間であったというおそらく驚かせるための展開が中盤にあるのですが、その時に怪人軍団に左右を固められて立っている黒井は迫力満点だしとにかく格好良かった。メットオフもあったのですがあの体にぴったりとくっつくようなスーツがとにかく格好良かった。

黒井というキャラクターは、ショッカー軍団に対して疑問を持ちはするものの泊に言われるまでそれを表面化させずそれでいいのだと思い込んでるが、泊に言われることによって正しい正義の心を取り戻す――みたいなキャラなのですが、及川さんの表情もあって素敵でした。
台詞回しも米村脚本にあってて良いかんじ。米村脚本は台詞そこまで格好つけじゃないんですが、及川さんが言うと謎の花とライトがあるのよね。すごい。

この3号が生まれたことによって改変されてしまった歴史、その前にちゃんと存在していた正しい歴史を覚えていたということは、もしかして霧子は特異点だったんでしょうか。だからこそ覚えていられたとか。同じ理由で南光太郎も……と思ったのですが、彼は我の中の正義に従っていただけの可能性もある。
泊は正しい世界を覚えていないにもかかわらず、霧子が言っていたからということで正義を見つけ、(序盤で霧子と課長がショッカー軍団のせいで死んだように見えたからというのも大きいだろうけれども)ショッカーと敵対するという方に立ったのが主人公とヒロインっていうかんじでとても良かったです。覚えていないはずの泊が正義について云々言えるのはだいたい霧子がそういったからでしかないからなー。
3号が歴史を改変したことはイマジンの行動じゃないので侑斗や良太郎が感知できないのはしょうがないんですよね。これに関しては時空警察やってるはずの黒崎レイジさんに出てきてもらわなければなるまい。彼は今どこでなにしてるんでしょうか。イブどうなったのかな。

個人的は乾巧が相変わらずでよかったです! なんとなく気に食わないから敵対する、そのぐらいの巧が好きです。
去年はメインで主人公格だった乾さんですが、彼は今年はサブというかとても出番は少ないのですが、その代わりでいいとこ持ってった感がすごい! だって今までやったことのろくにない(というかもはや記憶にない)ファイズフォンのガンモードでの銃撃、変身シーンはまさかの電飾ファイズ! 電飾ファイズ大好きなので嬉しかった! あと髪型が冬場のたっくんの髪型で嬉しかった。ファイズファンとしてはそれだけでお腹いっぱいです。

ドライブと3号のライダーグランプリ、そこからのみんな集まっての戦闘の流れはもう勢いで超展開だろうととにかく勢いで引っ張っていくタイプで、例年通りなので特になにもないです。

 

ここまでベタベタに褒めたので、ちょっとここから批判。

誰もが突っ込むポイントだけど、最後の剛。
中盤までの剛のキャラが弱いのは、まあ別に、パンフレットを見る限り本編の脚本もろくにできておらずキャスティングすらしてる最中だったようなのでしょうがないかなーって思います。オーズのMOVIE大戦もひどかったし。よくあることだなーと。

でも、殺すことないじゃん。

あれ、序盤に南光太郎が生身で受けた攻撃とほぼ変わらないように見えたのですが、それを変身状態で受けて死ぬってどうよマッハ。どんだけ防御力低いんですか。そしてその状態で死んで、誰かが悼む描写もなく出たのは霧子のアパートに置かれた遺影ってこっちは笑うしかないぞ。おい。正直笑いました。
そこまでして4号に続けて4号に課金させたいかと。そんなことしなくとも海堂直也が出るぞと言われているだけでも課金するつもりだったのに、わざわざ殺す必要あるかと。
あの死に方の適当さ、なにかで見た気がするぞと思ったんですがディケイド最終回でユウスケが(一応)死んでいるシーンと似てて……。あれもよくわからないままに復活されたからどうかと思ってたんですが、まさかおんなじようなのをまた見せられるとは思わなかった。続きは映画へ! が怒られたからって、続きはウェブで! をほぼ同じ展開でするのはどうかと思う。

こちらは、金を払って仮面ライダー4号の販促ビデオを見に来たんじゃないです。気になる内容を加えて続きはウェブで! をしたいのはわかりますが、主要キャラクターを死なすとかいうひどい方法してまで続きはウェブで! をしたいのかと。ここまでされたら金を払うきを無くしそうです。
というか、dビデオに他の付加価値を持ってなかったら確実に見なかったろうなと思います。私は海堂直也のために見ますけど。

それと、去年までのライダー大戦の理由がだいたい敵側をだますためにライダー大戦するぜ! というのを3年ほど続けたのを今年は変えたのはよかたんですが、でも敵側に一人ライダーが混じってるよっていうのを逆にしただけだからその部分は何も変わってないなと。米村はいつもそういうことする~みたいなわけじゃないから、そういうテンプレートでもあるのかな。正直もうお腹いっぱいです。

 

映画自体は好きです。面白かったと思います。
あと、何故か曲がものすごく好きでサントラがほしいと思ったレベルです。
ただ、去年のように何度も何度も言って映画館で何回も泣いてBD買うほどまでじゃないなーと思いました。去年は巧の「子供の夢を守るのが大人の仕事だろ」に号泣して映画館繰り返しました。でも今年は、巧の出番そこまででもないしまあいいかな……と。

dビデオ自体は見ます。当初予定通り海堂直也の登場に期待して見ると思います。間違っても剛が生きかるのを見たいからではないです。海堂直也を見たくて見ます。
「剛が死んだから見なきゃ……」じゃなくて、「海堂直也がいるから見たい!」みたいな、プラスの理由で見たくなるようにしてくれたらいいのになあと思いました。

 

仕事をしろ黒崎レイジ。お前の仕事はこういうやつをなんとかすることじゃないのか。それとも勝手に時間移動したやつを捕獲することだけなのか。
同じ米村脚本なんだからレイジが出てきて「確保する!」とかやってくれても良かったと思うのですよ……。

 

仮面ライダー555(ファイズ) Blu-ray BOX1

仮面ライダー555(ファイズ) Blu-ray BOX1

 

そしてまあ、何をどのように文句硫黄とも、私はファイズのために見ます。
ちらっと巧が夢のことを言ってくれたのも嬉しかったし、本当に剛のことさえなければそれなりに良い映画だったで済ます映画だったんだよ今回の映画は!!!

続きはウェブで商法部分も見たよ

そしてまあなんだかんだで続きはウェブで商法の最たるものである4号DVDも見ました。
あっ、これ好きなやつ。

泊が目が覚めたら4/4の9:55。霧子からの電話で目が覚める。剛と霧子と映画の約束をしていた。もう映画は始まると霧子と剛は二人で映画へ。ベルトさんのところへいく泊。そこへ飛び込んでくる巧と侑斗。二人はGPの記憶がある。彼らに連れられて泊も共に昭和怪人との戦闘へ。戦闘の末に、剛が死ぬ。そして、目が覚めると4/4の9:55。
剛が死ぬことで物語がリセットされるのか? と思わせて、その後泊が死んでもリセットされる。そしてリセットの理由を知っているような顔で現れた海堂直也。海堂直也。海堂直也!!!

美味しかったです。ループ作品というものはさほど見たことはなく、せいぜいリセット彼女と龍騎ぐらいなんですが、この先どうなるのかすごい気になりました。これでウェブへ商法だったら大成功だよ、課金するよ。
誰かが死なない限りリセットできないのだとしたら、彼らがもっとひどい目にあっても、黒焦げどころじゃないレベルになっても誰かが死なないのならば時間は巻き戻らない。そう考えるとちょっとぞっとして楽しすぎます。
ただ、乾巧というとうに死んでいそうなキャラが混ざっているのが。もはや巧の場合は30になってまで生きているのがおかしいんじゃないのぐらいにいろいろあった人なので、巧が死ぬことに酔って正しい歴史に戻ってループから抜け出すとかそういうのだったら嫌だなあ。美味しいけれども。最近のライダーはとにかくオリキャスを使いまわすことに固執してるようなので死ぬことは無いと思いたいんですけど。でも、オリキャス使い回しがあるからこそもうリマジの小野寺ユウスケなんかは出られないんだろうなあとも思って悲しい。オリキャスが出るのは嬉しいけれどもリマジも出て欲しいジレンマ。

そんなこんなで、しっかり商法に乗って、ただし来月から課金したいと思います。

ライダーでループものといえば、やっぱり仮面ライダー龍騎が浮かびます。

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1

 

龍騎の場合ループのスイッチは主に優衣ちゃんに関わること(優衣ちゃんが死ぬとか、優衣ちゃんが描いた絵に水がかかるとか)で、神崎士郎がタイムベントのカードを発動させることによってループとなる。ならば神崎士郎が発狂している劇場版や優衣ちゃんすでに関わってねえTVSPとかどうなってるのって思わなくもないけどまあ置いといて。

とにかく、今回の有料映像もそういった何かしらのルールがあって、リセットとループの範囲も決定されている……のかなあ。気になります。
龍騎では真司の数少ない主人公補正として前回からの記憶引き継ぎがありましたが、泊の記憶引き継ぎもそういった要素なのかな。GPでは特異点と思われた霧子が覚えていない、ベルトさんは2回めから記憶引き継ぎ、巧と侑斗は不明……どうなってるんだろう。
でもベルトさんが覚えていたからといってあれが2回めというのが確実なわけではなく、ベルトさんの覚えている初回と泊の初回は違うかもしれない。本当はその間に無数の試行錯誤死にゲーループがあって、そしての此処かもしれない。何度も死んでいるかもしれない。そんなことを想像すると空恐ろしくなります。

 

4号ビデオ見た後の感想も書いたよ! morelovelike.hateblo.jp

 

広告を非表示にする