日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

謀略の首―織田信長推理帳 (講談社文庫)

 

 

天下統一を目前にした織田信長にとって、最大にして最後の敵は一向宗の総本山石山本願寺であった。彼らを壊滅すべく、配下の九鬼水軍では秘密兵器、鉄甲船の建造に着手した。本願寺と組む毛利家はスパイを信長の側近に送り込み、計画の妨害を狙った…。怪事件に信長の推理が冴える。長編歴史ミステリー。

 

織田信長が探偵役のミステリー小説。
他にも有名所だと九鬼嘉隆滝川一益森蘭丸なんかも出てくる。多分シリーズ物なのかな、同じようなタイトルのを他のでも読んだ事がある記憶が。

 

軽くてサクサク読める歴史ミステリー

話は本当に面白かったー! ミステリーとして面白かった! 軽くさくさく読めた。
史実のほうは勉強不足であまりよくわからないのですが、こういうのが裏にあったら面白いね、まあ無いだろうけどね、創作として面白いね! ッて感じで読んでて楽しかった。

信長が本当に格好いい。探偵役として事件の謎をとくところは当然としても、扇を下手人に投げつけて相手の動きを止めたりと格好いい。

信長がハイスペックイケメン

全体的に信長がやることなす事格好いいんだけど、いっそ格好良すぎてちょっとむかつくwそれぐらい本当に格好良い。
ホームズ役が信長でワトソン役が蘭丸っぽい。信長に言われて現地調査に蘭丸だけ行く所なんか特にホームズを思い出した。
タイトルに首とついているけれどもそこまで首首してはいなかった。最初の死に方が首だったぐらいで。他の織田信長推理帳シリーズが「五つの首」「修道士の首」だから首で揃えたのかなー。

私は幼いころは母親の少女漫画を読んで育った。それのなかに出てきた拷問の方法がこれのトリックそのまんまで思わず笑ってしまった。

 

歴史物だから誰が死なないかはわかっちゃう

歴史モノだからしょうがないんだけど、終盤の九鬼のシーンがあってもどうせ死にはしないんだろうと思ってしまったのでそこがもったいないかも。
同じ作者の短編で読んだ「修道士の首」だと出てくる登場人物がほとんど名の残る人間はいないからそういう部分を気にせず読めたので、それも含めてもったいない気分。

 

そういえば、

この作者さんの名前で検索したんですが「逆説の日本史」とか書いてる方なんですね。なんとなくこういうタイプの本ってトンデモとか多くて怪しげだなーと思っちゃうので、この作者さんで読むとしたら完璧にフィクションとして楽しめる歴史ミステリーを主に読もうかなって思います。
トンデモ系は加治将一で十分です。最初ひっかかって痛い目にあった。

 

 

 

はみだしっ子 (第1巻) (白泉社文庫)

はみだしっ子 (第1巻) (白泉社文庫)

 

 

 

 

広告を非表示にする