日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫)

 

 

これは面白かった。メインが家族愛だと思うんだけど、お母さんはお前たちのこと大事だからね! っていうのが台詞だけじゃなくてやってることからしても出てきてなんかもう。たまらん。っていうか読んでてつらい。自分が親になった時にこんだけのことできるのかなーとか考えちゃった。

17歳教とかあからさまにネタがぶっ飛んでて一発ネタっぽいしなんで17歳教の儀式やると17歳の肉体になれるのかとかすら書いてないんだけど、そんな瑣末なことはどうでもいい!ってかんじ。

 

かーちゃんの「これが当たり前なのよ。だって私は、隆史のお母さんだもん」とか、すごく好きです。

二次元的だなっては思うんです。ラノベ的じゃなくて二次元的。ラノベにおいて親っていらないもので、主人公の自由を阻害するもので、例えば主人公が女の子を家に連れ込んだり夜遊びしたりすることに対する障害であって、物語に置いてよく排除されるもの。父親にくっついて母親が中高生の子供残して海外行ってたり、さっさと死んでたり、そういう影の薄いもので。でもこの話だとそうじゃなくて、主人公にとっての親とか、妹とか、家族とか、おばあちゃんとか。そういうものが全面に出されてて、大事なものとされていて、尊敬できるものとされてて。なんかそういうのがいいなって思いました。

家族っていいもんなんだよな……。ラノベにおける妹以外の家族、親がメインで出てくるのとかあんまりない。しかも親から子供への愛情がメインってそんなにないんじゃないのかな。

ラノベの対象年齢って確か中高生ぐらいで、そのぐらいの年齢だと親を疎ましく思うからっていうのもあってラノベでの親・大人っていうのは敵であり排除されるものなのかなって思うんですけど、これは読んだあとにお母さんにちょっと親孝行したいなとか思わされました。

 

本当に設定がぶっ飛びなんですけど、お母さんが主人公と妹のこと本気で愛してくれてるのがわかるし、妹も主人公と母のこと大好きだし、ヒロインも多分主人公のこと大好きだしw、おばあちゃんだって母も妹も主人公もみんなひっくるめて大好きだし、家族というくくりって無条件でこうやって好きと思えるものなのかな、相手のために愛を注げるものなのかなと思いました。

自分が早く死んでもいいから子供には苦労なく生きて欲しい、っていうの、すごく母親的な愛だなって思いました。

 

っていうか2巻もあるんですね。1巻限定ぶっ飛びネタかとおもってたのにまさかの。

 

 あと、これ読んで電撃文庫で家族ものということで、こっちも思い出しました。

 

桜田家のヒミツ―お父さんは下っぱ戦闘員 (電撃文庫)

桜田家のヒミツ―お父さんは下っぱ戦闘員 (電撃文庫)

 

 読んだのが数年前なので記憶そこまで定かじゃないんですが、これも家族モノで、家族を大事にする話だったなって。こっちは家族愛!子供が大事!っていうより仕事とのことで板挟みになるリーマンがそれでも頑張る、家族もそれを応援する頑張る!ってかんじの人情モノでした。すごく良かったです。
一家の大黒柱たるお父さんって本当に大変なんだよなー。かーちゃんが17歳になったほうもかーちゃんが一家の大黒柱だし、家を支える人は大変だなって思います。私もちゃんと家族養えるようになりたい。

 

 

星野 孫の手 玉付

星野 孫の手 玉付

 

 

広告を非表示にする