タイトルに反してドス重いvsエセ科学長編「科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)」

あらすじ

マイナスイオンドライヤーなどの美容家電製品は、廃止すべきです」

大手電器メーカーに勤める科学マニア、羽嶋賢児は、自社の非科学的な商品にダメ出しをしたばかりに、最も行きたくなかった商品企画部に島流しに…。

空気を読まずに正論を言う。そんな賢児はやがて部の鼻つまみ者扱いになってしまう。
賢児のまっすぐすぎる科学愛は、美容家電を変えることができるのか!?

自分の信念を曲げられずに日々会社で戦っている、すべての働く人に贈ります。
ドラマ化もされた『わたし、定時で帰ります。』で話題の著者が描く、お仕事小説。

(『賢者の石、売ります』を文庫化に当たり、改題。)

タイトルに反してドス重いvsエセ科学長編

あらすじ軽めになってるけど全然軽くねえぞ! むしろクソドス重だぞ!!!!
よくあるエセ科学を片っ端からぶった切るぜ連作短編とかじゃないぞ! パワーストーンエセ科学、母乳育児、論文捏造、科学者の金策など数多の地獄みたいなものを片っ端から並べ立てて組み立ててる地獄みたいな本だぞ!

 

終盤での譲への貯金通帳まるごと渡すシーン、最初は男男の超巨大感情!となってしまって笑ってしまったんだけれども、これって賢児から科学への信仰のシーンなんだよな……。

母親が無農薬野菜などに縋ったように、賢児の縋る宗教は科学だ。
母親がツケまでして無農薬野菜に金を出したように、女性たちがマイナスイオンを出すドライヤーに金を出すように、賢児も自分の信じて縋るものへと金を渡した。そう考えると最初の行の「僕は科学を信じています」が一気に強い一言に変化する。
科学者の捏造論文に対して腹を立てる賢児のシーンは、自らが信じるものを否定されて拠り所をなくしその現実を拒否する人そっくりだ。譲がさらりとよくあることだと言うそれに腹を立てるのは、信じるものの不正確さを告げられたからだ。『もうたくさんだ。ほんものの科学が侵され続けるのは。』、これは自分の宗教が侵されたくなくてもがく人に似ていないか。

そう思って読むと、一気にぞっとした。

主人公が幼すぎて読んでてきつい「キッチン・ミクリヤの魔法の料理~寄り添う海老グラタン~ (双葉文庫)」吉田 安寿

あらすじ

仕事と男を同時に失った桜木まどかは、失意の中、幼馴染で『キッチン・ミクリヤ』のシェフ・御厨陽一にオムライスをご馳走になる。懐かしいその味に心から癒されたまどかは、そのまま『ミクリヤ』で働くことに!
ドSな若き天才シェフやチャラい年下パティシエに囲まれ、まどかは今日も“魔法のように人を幸せにする料理”をお客様に運ぶ!仙台を舞台にした、心もお腹も幸せになる傑作キャラクターノベル!

主人公が幼すぎて読んでてきつい

舞台が地元だったから読んでみたものの、主人公が性格幼すぎて読んでいてきつい。

現在30歳、派遣で雇い止めを食らったものの特段その後の就活はなし、派遣会社にてなにかする様子もなし、偶然雇ってもらったバイト先(給与も休みも聞かずに「やります!」で勢いで雇ってもらう)は2ヶ月の期限付きながらその期限内に次の働き口を探す様子もなくだからといってしばらく休むと決めているわけでもない。
なんというか、主人公大丈夫?と読みながら不安になってくる。大丈夫ではない。

口調も若いというより幼い。♪とか飛んでるし、大丈夫かこいつ。大丈夫ではない。
飲食店バイトなのに髪下ろしたままだしネイルもしてる。大丈夫ではない。
終盤も若干まともになってきたものの、それでもやっぱり人としてはやばい。大丈夫ではない。

読んでいてずーっとこいつ大丈夫じゃねえなと思い続けてしまった。

 

食事も、テキストとして美味しそうだろと書かれているのはわかるんだけど、食べている人がそこまでめっちゃ美味しい!という様子じゃないというか、めっちゃ美味しい!してるのが最終話の長官ぐらいなので、どのぐらい美味しいのかよくわからなかった。
材料はこんなふう!調理法はこう!よりも、食べた人がこういう反応するっていう書かれ方のほうが好きだからかも。

 

全体的に、主人公も合わないし他のキャラも好みじゃないし、あんまり面白いとは思えない本だった。

主人公ののんびり具合にほのぼの読める「白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)」 守野 伊音

あらすじ

幼馴染みが異世界の王様なので、色々あって王妃バイト始めました

普通の高校生・春野月子は、ひとつだけ普通じゃないことがある。
それは幼なじみ・ルスランが異世界の王様だということ。
行き来できないハズだったレミアム王国に飛ばされた日、ノリと勢いと縁談よけのために、ルスランの王妃バイトを日帰りで始めることに。

彼に片想い中の月子は、自分の恋心をこじらせちゃったりするのだが、そんな中、レミアムを揺るがす陰謀が動き出し!?
WEB発・日帰り異世界トリップ・ラブ!

主人公ののんびり具合にほのぼの読める

主人公のゆるさがすっごく良いー。読んでいてひたすらほのぼのしてしまった。
でもこれ、幼馴染っていうのはちょっと違くない? 幼馴染ってもうちょっと物理的に近い位置にいたもんじゃないかというか、異世界にいつつ鏡で毎日会ってたから幼馴染っていうのは……いや……幼馴染ってなんなんだろう……。

幼い頃から仲が良い人、あるいは物心ついたときからの顔馴染みなどを意味する表現。

とWeibo辞書に載っている以上、物心ついたときから顔は馴染んでいるだろうから幼馴染だろうが……うーん……どこか納得できないぞ……。

 

となりつつ、おそらくは幼馴染モノのお話。
仮花嫁モノではあるものの、主人公の月子は元々ルスランが大好きなので事情があるとはいえお妃様をするのはオッケー!だし、今まで来れなかった彼の国を来て眺めて遊べるのは楽しいのでハッピー!なので、読んでいて全然悲壮感もなければ不幸せ感もなく、ほのぼのしていてすごく楽しかった。

相手のルスランも、月子を恋愛相手として見ているわけではないが世界で一番大切な家族扱いなので、たしかに恋愛結婚じゃなくて愛結婚恋だよねー! でもそんなんでも幸せだったらいいんじゃないのかな。
ルスラン、最終的にあんまり月子を恋愛相手として見ていないのかな? と思わせておきながらほっぺちゅーなどしているので、これは……? これは? 恋愛相手だと思ったら一気にぐいぐい来るやつか? それとも月子に好きと言われたからそれに応じなきゃならないとおもって……いやそんなやつではないな……と、読んでいてちょっとびっくりした。

 

恋愛ものという面ではかなりふわっとしていて可愛かったものの、終盤に突然月子の特殊設定が判明するだの長台詞を延々と話し続けるだののあたりは乗り切れなかった。
これが前半のゆるふわは後半突き落とすための準備でしたー!とかいうんならわかるんだけど、そうじゃなくて物語をたたむための急降下かな?という雰囲気だったので。後半突き落とすための準備といえば「あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!」なんだけど、ああいう感じでもなかったし。

morelovelike.hateblo.jp

あと、突然の長台詞は、舞台なんかでもこっちをうまく乗せてくれないと覚めるよな……。ああなんかめっちゃ喋ってて熱く見せたいんだね……という気分になってしまう。この話のラストはまんまそれだった。残念。

内面ブス、現る「Bの戦場 3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (集英社オレンジ文庫)」ゆきた 志旗

あらすじ

物心ついた頃から゛ブス“だったわたし、北條香澄は、自分は無理でもせめて誰かの最高の瞬間を演出したいと、ウェディングプランナーの職に就いた。
お客様の幸せのために奔走しつつ、眉目秀麗だが致命的に残念な゛意識の高いB専“久世課長の求婚に振り回される日々。

だが、フラワーショップに配属された城ノ宮さんが゛わたし並みにブス“だったことに思いがけず動揺してしまう。
ブスを愛する久世課長の目に城ノ宮さんはどう映るんだろう…。
そんな時、城ノ宮さんのゆがんだ内面を見てしまって…!?
顔がブスでも心の美しさだけはゆずれない!

そのほか、二人の新婦が一人のチャラ男をめぐって「挙式キャンセルチキンレース」を繰り広げたり、美男美女の素敵カップルと思いきや新婦の身分詐称疑惑が浮上したりと、敏腕プランナーは大忙し。
埼玉を舞台に贈る、笑って泣けて元気になれるお仕事小説第3弾!

内面ブス、現る

外見ブスと言われまくりながらも内面が超まともでいい人の香澄の前に現れるは、今度は外見ブスで内面もブスなフラワーコーディネーター、城ノ宮さん。
リア充嫌いだし明るいキラキラしたこれから結婚しまーすな二人組みも嫌。持てる女も嫌いだし美人も嫌いと、この上なく結婚式場のフラワーコーディネーターに合わないタイプの人間だな……という彼女。会社側ももうちょい人選なんとかしろよ! と思ってしまった巻。

 

前の巻の財前さんと同じく、読み始めはうわーーーーーー何この人ムカつく! と思うキャラながらも、話が進むに連れてだんだんこの人可愛いのでは……? と思えてくるのでこのお話本当にすごい。
いや、だって城ノ宮さん、性格は散々周囲からブス扱いされた過去でねじまがっちゃったけど、それだってしょうがないと思えるもん。もしかしたら、外見が外見なのに内面はめっちゃ美人な香澄より理解できる。

人は見た目が9割なんてタイトルの本もある通り、どうしたって人間、外面で判断される。顔が悪けりゃ相手の反応も微妙だし、可愛けりゃその分扱いが良くなる。相手が異性だけというわけじゃなくて同性だって同じだ。化粧だの服装だのでいくらかごまかせても、それでも隠しきれないものはある。
そんな中でひねくれてしまった城ノ宮さんは、とても理解しやすい人間だ。それだけ虐げられていても内面美人な香澄よりずっと理解しやすい。
もちろん香澄だって人としてとても正しいのはわかるんだけど、今まで虐げられたがゆえに他人に何かしてやりたいという城ノ宮さんの気持ちだってわかる。やったことは良くないことなんだけどね。

それだけわかりやすい人だからこそ、城ノ宮さんが徐々に「リア充……」ってうわあ……ってなっちゃってるとこも可愛く思えてきたりする。いやホントこの人かわいいしわかりやすいな……良いな……。
このまま香澄と良いコンビを組んで欲しい。

 

サブというかゲストで読んでて楽しかったのはチキンレースしてるカップル。お前らすげえな、というか男のほうの頭のゆるさも十分すげーぞ。こいつ絶対よろしくねえぞ。もう一回結婚式来るぞ。

THE 暴力「魔法密売人 極道、異世界を破滅へと導く (電撃文庫)」真坂 マサル

あらすじ

俺が幻想を終わらせてやる――“最凶”の異世界転移ファンタジー、登場。

〈エルフ〉の少女に乞われ異世界へ高飛びした元極道・成嶋千潮。しかしそこで彼が出会ったのは、気楽なファンタジーとはほど遠い、血で血を洗う絶望的な世界だった。
虐殺された〈エルフ〉たちが、命と引き換えに守ったものーーそれは、服用した者から「魔法」を引き出す薬=魔薬。
「俺が、幻想を終わらせてやる」
たった二人残された〈エルフ〉の姉妹と契約を結んだ千潮。そして最も危険な男は血と硝煙と策略をまとい、残酷な異世界を切り抜け、やがて破滅へと導いていく。
異世界×極道。決して出会ってはいけなかった、最凶の組み合わせで紡ぐ異世界ダークファンタジー

THE 暴力

うわーーーーーーーーーーめっっっっっっちゃ好き……。すごい好き。こういうタイプすごい好き。
戦闘とかアクションとかじゃなく、暴力として描かれる暴力がすごく好きなので、とても好みだった。具体的に言うと、冒頭で主人公が気に入らない先輩ヤクザの頭をシャベルで叩き潰すあたりです(最悪)。

江波光則が好きな人は好きそう、と超雑なことを思った。私が江波光則が好きでこれも好きなだけなんだけど。

 

現代世界でヤクザの下っ端をしている主人公・千潮は、とあるエルフ・ルルルを助け以前からムカついていたヤクザの先輩をぶっ殺したために、異世界転移。その世界ではエルフは迫害されていて、ルルルは家族を助けてくれる人を探していた。
極道をやっていた頃の知識でルルルの復讐に手を貸す千潮。そしてどんどんと物語はドツボへハマっていく。

この異世界転移をあらすじで異世界へ高飛びって表現してるのいいな……すごく良い……。

 

銃はあるものの、銃弾は限りがある。
魔法があるものの、魔法にも限りが有る。
そんな状況で、元極道の主人公がいかにしてやっていくかという流れが本当に面白かった。
液体である魔法薬を口の中で解けるシートにひたして吸い込ませ、かんたんに摂取出来るようにするなんて麻薬を元々取り扱っていた主人公じゃないと思いつかないだろ。尻の穴に麻薬隠すあたりも。極道知識がこんなところで役立つとはな!すぎる。

元々持っている麻薬の知識や、こいつなら脅せば動くだろうという勘などでうまくやっていくのが読んでいて本当に面白い。本当にスピード感パないね!?
終盤以降の流れやアンリカへの感情、トゥルーの存在なども、どれもこれもがめっっっっちゃ良かったし超好みだった。

 

続刊あるなら買おうかなと思ったらどうも打ち切りだな?
こんなあからさまに続きがあるような落ちにしておいて、これ打ち切りだな……?