多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う (ファミ通文庫)花果 唯

あらすじ

――僕は、魔王より怖い存在を知っている

「貴方こそ勇者様です!」
王都から来た聖女はそう決めつけてくるし、聖剣を名乗る棒きれの声も聞こえてくる。
けど僕は単なる村人で、僕のことを常に気遣ってくれるけど魔王より怖い幼馴染みのアリアと幸せになるのが人生の目標なのだ。
それなのに聖女と聖剣は強引な手段で僕を勇者にしようとするし、神託を聞きつけた魔物まで村に押し寄せてきて――!?

幼馴染みのために勇者になりたくない少年は幸せを掴めるのか!?
希代のファンタジーブコメ開幕!

世界vs世界一好きな女の子、どっちを選ぶかなんて最初っから決まってる

なんだこの幼馴染大勝利どころか始まる前から勝利が決まっているラノベは。確定されし幼馴染の勝利が読みたい人は絶対に読んだほうがいい。最高の幼馴染ラノベだった。

主人公はなんとなく自分が勇者じゃないかなと察しているものの、幼馴染の大好きな少女と離れたくないがために自分は勇者じゃないでーすという顔をしている村人少年。幼馴染の少女とは周囲からしたらほぼ公認状態の関係で、互いに相手が自分を好きだと知っている状況。彼女は自分が勇者として旅立ったら嫌がるだろうし自分も彼女と離れたくないので勇者とは名乗り出ないでいる。

この幼馴染ヒロインがちょーかわいい!!典型的なツンデレではあるものの、そのツンデレが強すぎもせず弱すぎもせず、なおかつ主人公にツンデレだと伝わっているのが最高。言い方はきついけれどもこれは自分の為を思って言っているのだということまでバレきっているツンデレ、もうこの世の宝にしたほうがいい。

そして主人公が全力で幼馴染の彼女を愛してるのが可愛いな……。愛。すべては愛。

 今夜の食卓には僕が獲ってきた兎の肉を使った料理がずらりと並んでいた。その中でも僕は、ほぼ焼いただけの兎肉を黙々と食べている。
「ルーク、美味しい?」
「うん。美味しいよ、アリア」
 あ、ちょっと生のところがあった。まあ、僕はお腹を壊したことがないから大丈夫だと思う。この焼いただけの肉がアリアの手料理で、それ以外はアリアの母であるシェイラさんが作ったものだ。
「ルーク、お前正気か? そんなクッソまずいのよく食えるな!」
「姉ちゃんの作る素材を殺した塵が美味しいなんて、ルークの味覚は死んでいるんだよ」
 アリアの父であるクレイさんと、アリアと同じ髪色で顔もよく似ている弟のロイが顔を顰めながら僕を見てる。
 アリアの料理は散々な言われ方をしているな。僕はいいけど、そろそろアリアがキレるよ?

料理の味に関してはまったく言及せずひたすら彼女のご飯食べ続けてるの、なんかすごい良いなと思う。アリアのほうも一応料理を頑張ろうとしているシーンもあるからなおさらに。
この、主人公もアリアも互いが好き!っていうのが見えているの、読んでいて本当に心が和むしかわいい。

自分の立場に甘んじて特段告白もせずだらだらといる幼馴染よりも、こうやって一歩踏み出して関係性を作っている幼馴染ってめっちゃいいなと思った。
そして、世界を救うことよりもひたすら幼馴染のそばにいるとキメている主人公、熱い。

めっちゃ良かった。

空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)小椋 春歌

あらすじ

天才で真面目。だからこそ、年下男子のあふれる想いは一直線――!!
選ばれし劣等生の恋と受難の日々、スタート!

術を掛け合わせる【連祷】で倍の力を生み出し、魔物を倒す精霊術士。
誰とも連祷ができない落ちこぼれのエリルは、ある事件がきっかけで二学年下の『天才』少年リトと、生まれて初めての連祷に成功! だが、初体験の衝撃に気絶してしまう。
気付けばエリルは、彼に思いっきりキスをされていた――。
「先輩は、俺の憧れなんです」って、なんで優等生の彼が私に……!?

一直線年下男子×魔法はダメダメだけど頑張る女子

年下わんこ系少年と、年上で魔法がだめだが彼とのみ連携魔法が使えるヒロインの物語。
かわいかったー!

見知らぬ上級生に難癖つけられていた年下天才男子を見つけて止めに入った主人公。そして彼を助ける流れで連祷を行ったところ、初成功の連祷はあまりに力が強すぎて学園を守る結界的なものもぶっ壊してしまった。
状況を教師たちに説明したものの、なぜかその時授業を休んでいた上級生というものがおらず、上級生からの難癖を止めたということ自体が嘘ではないかと疑われる。
そのため、主人公と年下天才男子で元凶たる上級生を探そうとするのだが、できればいきなりキスしてきたような相手と一緒はちょっと御免被りたい!というお話。

冒頭突然キスは暴力じゃねえか(元ネタ:プリンスオブレジェンド)と思ったものの、そこから先、ずっと先輩!先輩!と好感度をだだもれ状態で伝えてくる少年がひたすら可愛かった。ただ、それがちゃんと主人公に通じてないのがお約束とはいえ可哀想かつ頑張ろう!周囲の人にはダダ漏れなのに通じてほしい本人にだけ……というのはありがちだけどかわいいよね。
暴走が高じてノートに延々とヒロインの名前を書き連ねたりしている年下男子、とてもわかりやすく惚れまくっているし、その状況で自分の感情に無自覚だったっていうのが面白すぎる。というか、恋の気づきが面白すぎた。

「確かにお前からはっきり聞いたことはなかったが……。リトよ、エリル先輩の名前のあとに『好きだ』ってつけてみろ。しっくりくるぞ」
「好き……?」
 リトは言われるままに繰り返す。
(先輩の名前のあとに、好き)
「エリル先輩、好き……」
 吐き出す言葉と一緒に、胸のもやもやがするりと外に出ていく気がした。
 みるみるうちに心が晴れていき、リトはゆっくりと目を瞠る。
「エリル先輩が、好き……」
 なんだろう。
 
「エリル先輩が好き――――――――!?」
 
 心の賭けた部分んい、ぴったりの何かがカチリとはまった気がした。

鈍いのか鈍くないのかわかんない! わかんないけどただかわいい。 少女小説であんまり年下ヒーローって見ないこともあって新鮮さがあって可愛かった。

ヒロインのほうも、努力系女子ですっごく好感が持てる。
連携魔法である連祷を他の人たちと使えない、だったら使える相手を探して駆け回ろうとするその精神。頑張るメンタル。めっちゃ強い。

終盤で、ただの一目惚れ暴走男子と思われていた年下男子のほうもちゃんと理由があり主人公を好きになったのだとわかるシーンがとても好き。誰だって自分より頑張っている人はきらきらして見えるよね。
下手なただの一目惚れよりも、こういう理由があってこう惚れて、そして目で追っていったらどんどん好きになりました、という流れが好きだからツボった。良い二人だった。

危機感ない主人公の感覚にこちらが不安になってくる「落ちこぼれ王女と黒の番犬 2 (ビーズログ文庫)」結都せと

あらすじ

最弱王女の結婚を巡り…… 番犬vs狼勃発! ワケあり主従ラブ第2弾!

最強軍人オルバと《護り犬》の契約を誤って結んだ落ちこぼれ王女のリーザレット。
だが「俺が王にしてやる」という彼の言葉に、女王になる自覚をもち始める。
そんな折、長年の敵国で“北の狼”と呼ばれるノスヴァルトから政略結婚を迫られた!
オルバへの秘めた想いを抱え、リーザレットが選ぶのは……国? それとも!?

ワケあり主従ラブ第2弾!!

危機感ない主人公の感覚にこちらが不安になってくる

うーん……。1巻は主人公が後ろ向きで自己肯定感が低く自分を卑下しがちな部分以外は割と楽しめたんだけど、2巻はかなりきつかった。

敵国から政略結婚してくれと言われたリーザレット。父である王は結婚するにしてもしないにしても、ここに彼がいる間はお前がもてなせという。兄たちは政略結婚するか、もしくは敵国王子から情報をうまく奪ってこいという。護り犬のオルバは好きな相手である主人公が結婚させられるということで微妙に不機嫌。という状況での今回の巻。

オルバは主人公が好きなので、リーザレットが政略結婚するなんて嫌だ。だからと敵国王子にはかなりあたりがきついし、ことあるごとに強気で突っかかっていく。それ以外もあれこれと口が悪いし最後には手が出てしまう、とまあ恋愛モノ的には美味しい役どころ。
主人公が政略結婚は自分の立場的にしょうが無いと受け入れているのもすごく好きだった。

けど、それ以外の主人公の思考や悠長さがなあ……。

 

政略結婚相手である敵国の王子は、今回の結婚をかなり急いでいる。
その理由としては、自分の父である敵国の王が戦争で自国を豊かにしようとしているから。そしてその戦争は早急に行われようとしている。
このままだと自国の民たちは疲弊してしまう。だからこそ政略結婚をし、奪うでは無く皇妃への支援として物資を流して貰うことで、自分たちの立場が下になることなく物品を得ようとしている。

この思考もまず既に駄目というか、普通に何か名産品作って貿易するんじゃ駄目なのか。
貿易でいいじゃん貿易で。作物が育たないとか言ってるけど、そのお茶をもうちょっとうまいことブランドにして売ればいいじゃん。雪降る土地ならば、ならではの観光資源もあるだろうし、いくらでもやりようがあるじゃん。

それに対する最終的な主人公の対応は「自分が王様になって、友人として物資支援を行う」。
え? 悠長か?
今現在やべえ国に対してその支援って、どんだけ悠長なんだ。
よくあるたとえだけれども、「腹を空かせている人にそのまま魚を渡すのではなく、釣りの道具を渡して釣り方を教えましょう」というものがある。主人公がやっているのはこれに近い。今飢えてる人にそんなもん言ってもどうしようもなくね? 敵国では今戦争が始まろうとしているのに、「自分が王様になったら友人として支援するから上も下もないよ」って、それもうあまりに意味がなくね?

しかもそれで許容する敵国王子、それでいいのか。だったらこんなに政略結婚急がなくて良かったじゃん。一年待ったから今すぐ答えを寄越せ!って言わなくて良かったじゃん。

このあたりの悠長さと危機感のなさに、読んでいてこいつを王様にしてはいけない……ととても不安になってしまった。
ただ作中の他キャラが主人公に対してツンデレ気味で甘いから、多分なんとかしちゃうんだろうなー……うーん……嫌だ……。

徐々に変化していく王女の物語「落ちこぼれ王女と黒の番犬 (ビーズログ文庫)」結都せと

あらすじ

気弱王女、 最強軍人の飼い主に!? 最弱×最強のワケあり主従ラブ!

気弱で側室の娘、その上王位継承順位も第四位の“落ちこぼれ王女”リーザレットが、王位継承の証となる《護り犬(ガーディアン・ドッグ)》を手に入れるため、契約の儀に臨むことに!
しかし何を間違ったか“漆黒の狂犬”こと最強軍人オルバと契約してしまい……?
「俺があんたの犬だと?(殺気)」
こ、この契約、破棄にできませんか!? 最弱×最強のワケあり主従ラブ♪

徐々に変化していく王女の物語

これは主人公の性格がとても好き嫌いがわかれそう。というか、好きじゃあないというタイプの人が多そう。
気弱、誰かが機嫌を悪くするたびにきっと自分のせいだと思い込む、なにかあるたびに自分が原因だと思う、他人に頼ることなく自分が犠牲になればいいと思っているタイプのキャラクターのため、そういううじうじ自己犠牲が耐えられない人は読んでいてかなりきついと思う。

 

主人公は王位継承権を持った王女。この国の王族は護犬という一種の犬神のような使役できる犬を持つために、ある程度の年齢になると儀式を行う必要がある。
主人公が儀式を行う最中に誰かから命を狙われ、その状況に吠える犬を守るためにばたばたとした結果、護衛の軍人を自分の護犬としてしまう。

この「自分は犠牲になっても良い」の感覚、一般人ならば美徳とされるものではあるだろうが、しかし主人公は一国の王女。その立場にも関わらず誰かをかばおうとしたり、自分だけが犠牲になればいいと思い込んだり、落ちこぼれ王女と自ら名乗ったりするのはちょっと大丈夫だろうかと読んでいて不安になった。
誰かを庇おうとして実際それで王女が怪我をしつつも救われた人がいたら、間違いなく助けられた人が何かしらの処罰をくだされるんじゃないのかな。それにも関わらず身を挺して助けようとしまくる主人公、ちょっとした不安感がある。

 

護衛の軍人が自分のせいで護犬にされたからと、解除する方法を探して図書館に通い詰める主人公。そして契約者とあまり距離を取れない制限がかかっているために徐々に近づいてくる護衛軍人との距離。

このあたりは読んでて楽しかったー。どちらも会話がまっすぐにすすまないのでじれったくてもどかしい。
主人公はなんでも自分を卑下して相手の発言を悪いように取ってしまうし、護衛軍人はツンというかあまり言葉を飾らないので言い方がきつい。そのため、二人の会話にちょっとした緊張感があった。

 

そして徐々に、主人公は護衛軍人に、思考ややり方を認められて強くなっていく。どこが、というほど明確な場所もなく、けれども次第に、本当に徐々に自己肯定感を高めていくのは読んでいて楽しい。
最後まで自己評価はめちゃくちゃ低いものの、やっている事自体は悪くないし思考も(マイナスだけれども)悪くないと言われ、徐々に少しずつ自信をつけていくのが良い。

 

とはいえ、この自信をつけるまでがあまりに長くひたすら自分を卑下して落ちこぼれと自称し発言の大半が後ろ向き、兄たちからは扱いが悪く嫌味を言われるわ遠ざけられるわで、そのあたりはあんまり読んでいて楽しいものじゃなかったかも。
でも、なんやかんやで脇役たちが強くて楽しく読めた。
好きな脇役は男性だけど女性扱いを望んでいるルーシー姉様、主人公が推しなロザリエッタ。

「動機はわかった――が、何故ドレスを破る必要があったんだ。直接伝えればすむだろう」
 ため息と共に、オルバが呟いた。途端にロザリエッタが顔を跳ね上げ、オルバを睨みつける。
「できるわけないでしょ、そんなこと! 陰からこっそり見守り、陰からこっそり支援する――たとえそれが伝わらなくても、お姉様が幸せならすべてよし! それが私の推し方なの!」

ドレスを破るというやり方はどうかと思うものの、この感覚は若干理解できる箇所があるので笑ってしまった。
推しに自分の存在認識してほしくないんだよな。わかるよ。推しから万が一ファンサもらったりなんかしたら死ぬよな。すごくよくわかるよ。彼女には健やかに推しライフを過ごして欲しい。
私はロザリエッタと共に推し活をしたい。

主人公が(逆の意味での)勘違い女すぎてイライラする「悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけようと思うのですが、うまくいきません…。 (ビーズログ文庫アリス)」 枳莎

あらすじ

"超天然"な悪役令嬢の勘違いラブコメ!

前世で途中まで読んでいた恋愛小説の悪役令嬢・祀莉に転生したけれど――なんて素敵なことでしょう!
だって小説の続きが見られるんですもの!
続きを見るために、悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけてみせます!!
さぁ、私とは婚約破棄してください!

そう思っていたのですが、なぜか婚約者はヒロインとのチャンスを無駄にして私にばかり構ってきます。
しかもヒロインは気にしていない様子で……。
いったいどうなっているんですか――!?

主人公が(逆の意味での)勘違い女すぎてイライラする

勘違い女といえば、男側にはその気はないのに女側は自分がモテてるとか思い込んで迫ってくるアレというイメージがある。なのでこれは逆の意味での勘違い女。

主人公は、自分がいる世界が死ぬ前に読んでいた小説の世界だと気付いてからずっと、原作小説ヒロインと幼馴染である原作小説相手役がくっつくのを期待している。自分が読めなかった本の続きを読むのだとわくわくしながら二人を観察している。
しかし実際のところ幼馴染が好きなのは主人公であって原作ヒロインではない。なので、原作ヒロインとの関係性を気にしている主人公は完全なる勘違いをしまくり、二人は早くくっつかないかなあなんて頭お花畑で話している。

主人公が頭ふわふわすぎて、これ幼馴染可哀想だわ……と何度も思ってしまった。そこそこ好意を伝えているし、自分の好意も伝わっていると思ってそうなあたりがなおさらに。主人公に対してかなり独占欲を出していて周囲も理解しているから本当に。

幼馴染は、主人公が漫画が好きでも受け入れてくれる。周囲にいる人間がぱっと見で理解できるぐらいに主人公を好きだと態度で表している。主人公が作ったものではないとわかっていても、主人公からお弁当を渡されたい。主人公と一緒に出かけたらデートと言いはる。主人公がショッピングモールでいなくなったら、高校生だというのに必死で探し回る。眠ってしまった主人公を横抱きで持ち上げてバスからおろしてくれる。
これだけのことをしてくれているのに、主人公は幼馴染の恋に見向きもしない。どころか、自分が読んだ本が別の女とくっつくもの(と少なくとも現状は思っている)から、彼女とくっつけようとする。

勝手にそんな勘違いされてるなんて知ったらめちゃくちゃショックだろうなあ。

 

それから、悪役令嬢である意味がない。
現代日本を舞台にした小説(作中作)で悪役令嬢ってなに? 一応お金持ちが存在する世界だけれど、そんなところでの悪役令嬢っていってもせいぜいたかが知れてない? そして悪役令嬢が何するかすらわかっていないのに適当に動いてもタイトルの悪役令嬢っていう言葉が完全に意味なくなってない? あと主人公がひたすら頭ふわふわすぎて読んでいてイライラする。
もうこれ悪役令嬢ってつける必要なくね? 悪役でもないし。好きな小説のモブキャラに転生しましたとか、好きな小説で推しキャラの婚約者に転生しましたとかそこら辺でよくない?

悪役令嬢転生モノって、個人的には「このさき破滅があるのがわかっている、なのでそれを避けるために動く」というのが面白いんじゃないのかな。
別に破滅も何も待っているわけでもないんだし、主人公の性格上ヒロインちゃんに悪役じみた発言も出来ないんだったら、もうそれって悪役令嬢と名乗る必要性自体が無いと思う。
悪役令嬢ではなくてもそういうカテゴリだからと言われても、うーん……。

 

ところで、小説の世界に転生ってどうなんだろうね。
乙女ゲームの世界に転生はまだ理解が出来るというか、ゲームってやり方しだいで全然違うルートが発生するから別ルートとして悪役令嬢が生き残るというルートが存在するかもしれないって思える。VRMMOとかだとそもそもルートとかいうものが存在しないから、悪役令嬢(仮)が自由に生きても良いし、チートで無双したっていい。
でも小説って一本道じゃん。その一本道の世界で別ルートを辿ろうとしたら、その人がいるのはもう小説の世界じゃないんじゃないのかな。

この間読んだ『私はご都合主義な解決担当の王女である』はそのあたりかなり力技とはいえ解決策を出していたものの、これはそういう箇所もないので面白くない。

morelovelike.hateblo.jp

 

あと、この本に限らないんだけど(それこそ『私はご都合主義な~』もなんだけど)、ウェブ小説の文庫化・単行本化の一部が起承承承承承承承おわり!なのなんとかならないかなあ。
もともと文庫や単行本に収めるために書かれているわけではない以上しょうがないとはわかるんだけど、雑に言っちゃうと文庫で出すのを前提に作られた話しって70%ぐらいで大きめの一波乱が発生してそしてクライマックスへ~とかあるじゃん。一部のウェブ小説の単行本化ってそうじゃなく、だらだらと日常が続いていく。ギャルゲの日常ルートを延々が続く。それって承部分では面白いんだけど転では全然面白くないんだよなあと思ってしまった。

 

そういえば、前に読んだ『だから彼女はキューピッドになりたい』も転生して推しキャラの幼馴染になったから幸せになってもらうためにヒロインちゃんとくっつけるぜ!系だったけど、今読んでらどんな感想になるんだろう、。