読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

屈折する星屑 (ハヤカワ文庫JA)江波 光則

太陽系のどこかに浮かぶ廃棄予定の円柱型コロニーには、いまだ一定数の住人が暮らしていた。ヘイウッドとキャットもここで生まれ育ち、唯一の愉しみ――ホバーバイクで人工太陽に衝突寸前まで接近する度胸試し――を繰り返している。将来の展望も生産性もないまま、流されて生きる鬱屈した毎日。だが火星から戦争を嫌って亡命してきた元軍人ジャクリーンとの出会いから、ヘイウッドはどう生きていくのかを模索し始める。

頭のぶっ壊れた連中のチキンレースの物語、かと思ったら親殺しの話、かと思ったらマネーロンダリングしつつチキンレースの物語。

江波光則の書く物語は相変わらず中盤から終盤にかけての勢いが凄く好き。今回も序盤から中盤にかけてのチキンレース部分はさほど興味を惹かれなかったけれど、終盤の柱が突っ込んできたあたりからはわくわくしながら読めた。
種明かしとしても途中でちょこちょこともしかして? と思う部分が含ませられていたからこそのマネーロンダリングとしての落ちは最高。

最初はジャクリーンを倒す擬似的親殺しの話なのか? と思いながら読んでいた。パニッシュメントというよりもくげよしゆきのセルロイドヘヴンのようなあのタイプかと。てっきり最終的にジャクリーンを倒そうとするけれどもうまくいかなかった、で終わるのかなと思っていたらそんなことはなく、というかそんな話ではなくもっと壮大な規模の物語をぶっこんできた。
壮大な規模の、星全体が揺らぐレベルの物語だと言うのに、最終的にはチキンレース。どっちが先にハンドルを切るか。精神病棟から抜け出せる一歩手前で再度自分を精神病棟に投げ込むお話だった。

最後のジャクリーンとの戦いの前で、主人公がキャットの刺青を自分の腕に刻むのがすごく好き。キャットと主人公の関係性はただの恋愛と一言で表しきれるものではなく相棒みたいなものでもあったというのを序盤の二人乗りのシーンなどで表されていたのもあって、あの部分でぞくっと来てしまった。
これでだったらいくら強いジャクリーンだって倒せるだろうと思ってからのあれこれそれだけれども。もはや相手人間じゃないじゃねーか。

面白かったは面白かったんだけど、なんとなくガガガの頃みたいな突き抜けたものはなくなっているのが残念というかなんというか。もっとぶっちぎって頭おかしいぐらいの勢いでのがまた読みたいと思う。

ドラマ ナイトヒーロー NAOTOを見たよ

f:id:wride:20170503173910j:plain

国民的グループEXILEのメンバー兼 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEリーダーを務めるNAOTO。そんなNAOTOに世の中に知られていないもう一つの顔があったら…!しかも、それが覆面ヒーローとしてのアンダーグラウンドの活動だったら!あることがきっかけで不本意ながらもヒーローとしての活動を余儀なくされたNAOTOが、日夜悪者退治に奔走する姿を描くヒーローアクションドラマ。 ©「ナイトヒーローNAOTO」製作委員会

いやなんだこれ何を言ってるんだ……? って思う。わたしも思った。あらすじ見て何を言ってるんだと思った。

見たきっかけ

ハイアンドロー見て面白かったので他にもEXILEの人がやってるドラマでもないかなーと思ってたところでちょうどプライムビデオに入ってきたのが見たきっかけだったはず。
ちなみにハイアンドローは見たけどどれがLDH所属の人かいまだに怪しいしどの人がEXILEでどの人が3代目でどの人が劇団かわかるかと言われたらちょっと無理ですね……。LDH所属で一番好きな俳優さんは音月桂さんです。

どうでもいいけどプライムビデオ楽だよね。今まで動画配信サービス利用したことないけど使ってみたらあまりの楽さにびっくりした。ディスクの出し入れ面倒くさいしパソコンのDVD・BD再生ソフトがおかしくなってしまったので最近では円盤持ってるのもプライムでばかり見てしまう。
プライム会員、安いわりに見れるのが多くてすごく重宝してる。ちょっと前にウルトラ作品がたくさん入ったので見ていて楽しい。ウルトラマンオーブオリジンサーガは最高傑作だったのではやく続編をお願いします。
プライムはお急ぎ便が良いよって言われてるけどほとんどアマゾンで形のある商品を買うことがないので、暇なときにkindle fireで動画を見るぐらいにしか使っていない。音楽もほとんど聞かないし。

つらつらと暇つぶしに見ている最中にジャパンアクションアワードの発表があり、シーン部門にて最終回が優秀賞に入ってたこともあり見るテンションがあがった。

f:id:wride:20170503174050j:plain

内容感想

知らなくとも楽しめる

EXILEとは何か、LDHが事務所名なのはギリギリわかるけどこの主演の人が入っているグループは何かレベルのわたしでも楽しめたぐらいに、そのあたりは物語の小道具として使われている印象。
普通のドラマで主人公が架空のグループに入っているのと同じぐらいの使われ方なので、事前にグループを知らないと見るのがしんどいということはない。本当に良かった。知らなきゃ無理なら諦めてた。
というかヒロインが全然そのあたり知らないという設定で、1話で
EXILEなら聞いたことありましたよ。なんか、いかつい人たちの集まりですよね。あーあと、どうでもいいんですけど、なんでみんな色黒めなんです?」
これ言い出したあたりでこの台詞をOKした事務所がすごいなと思った。なお同じノリで他の回でもネタにされている。すごい。事務所の許容力がすごい。
多分実際にこのグループの人ファンなら面白いんだろうな? というネタもちょこちょこ含まれてはいるのだろうけれども、知らなくとも面白いって良い。

アクションが面白い

序盤は戦闘アクションではなくダンスの動きを利用した回避メインアクションという感じだったのだが、5話で他のキャラから戦闘方法を教わる。そこから一気に戦闘アクションという形になる。
前半と広範で別のアクションを見れるのも魅力の一つだと思う。回転等のアクションから殴る蹴る、重心がっつり下めのアクションへの変化は見ててホント面白かった。
序盤で動きがダンスっぽいからおそらくソウルマンの正体はパフォーマーでは? と予測をつけられるシーンがある(実際それは正解である)んだけれども、5話以降のシーンから見始めたらきっとそんな予測つけらんないだろうなというアクション。

1話30分完結なので見やすい

ニチアサで生きてきたので30分で一区切りというのは個人的にとても見やすい。これもそのパターンなんでとても見やすかった。
30分で、ヒロインが何か事件を持ち込む、主人公がちょっと嫌がる、結局は事件に巻き込まれる、ソウルマンとなって(マスクを装着して)戦闘、物語の終わりというのをテンポ良くやっていく。見ていてわかりやすいし面白い。安定している。
また、ニチアサだったら2話かけるだろう展開、特訓等で技を覚えてそれを利用する展開も1話にまとめてくるので地味にテンポが良い。ニチアサというか戦隊だったらこれ2話かけるよなーって思いながら見てた。
ニチアサ民に見て欲しい。平成ライダー1期好きな人絶対楽しめると思うから。

ニチアサの1年分を1クールにぎゅぎゅっとおまとめ

だからニチアサ民見て面白がってくれ。

具体的にはパワーアップ回、偽物回、お前のそれは暴力ではなく正義か?回、仲間の死からの特攻回など。本当にニチアサというか1期ライダーっぽさがあるから見てくれ頼む見てくれ。

偽物回が個人的にはかなりツボった。
主人公がなるソウルマンは、すごい能力を持った改造人間などではなく、ただのちょっと他人より動ける人がマスクをつけて顔を隠しているだけのもの。だからマスクさえつければ他人も模倣が可能。
ソウルマンが話題になりだした頃にマスクの模造品が売られだしたため、それさえ手に入れればいくらでも偽ソウルマンが可能であり、それを録画してYou Tubeにアップロードすれば本物と区別はつかない。
これって仮面ライダー555で描かれた『ファイズに変身しているからこれは乾巧のはずだ』と同じで、ソウルマンのマスクを付けているのだからこれはソウルマンだ、という偽物が可能となる。乾巧って奴の仕業なんだが可能になる。やばい。
それを利用した偽物回の話がまた良くて本当にすごかった。面白かった。

某脚本家がかましてきそうな「お前のそれは本当に正義か、ただの暴力じゃないのか」の話のあたりでわたしはすごくテンションが上がった。そうだよヒーロー物ならそれをやってほしい。
ヒロインの事前探査にての悪役判定なしでただ頼まれたからというだけでやるには、主人公はお人好しがすぎる。敵を見誤って正義ではなく暴力を行使してしまうという流れはかなり面白かった。その前後で主人公が正義感を暴走させる描写があったからなおさらに。
それに対してのアンサーもしっかり最終話で用意されていて、ヒロインの「直人くんは私のヒーローだった」の手紙があるのがうまい、もう本当にラスト3話がうますぎる。

平成ライダー1期でいうなら12月以降の流れをラスト2話程度でまとめきったのが本当にすごい。
ヒロインの最終目的が判明、利用されていたことを知る主人公、ヒロインに対して理由を問う、味方の死亡、最終決戦までを綺麗にやってきて本当にもう……。
しかも最後の最後でちゃんと続きが作れそうな終わりで、これはMOVIE大戦で復活できる流れだな! と更にテンションがあがった。MOVIE大戦はありませんが主演の方はハイアンドローの映画に参戦です。

主人公の正体を暴きに来る雑誌編集者っていうのもやっぱり良い。 すごいライダーでありそう!!! って思ったんだけど具体的に誰とは特に出てこないな……。ブレイド藤田瞳子さんのキャラもまた微妙に違うし。
正体バレ? 未満の流れもすごく良かった。同じグループのメンバーは全然信じてないけれども世間的には信じられてしまうというのは面白い。

仕事があるヒーローの物語

本業はEXILEなのでソウルマンなんてやってるのバレたらスキャンダルだし、仕事があるときはソウルマン出来ない。今までずっと「本業はEXILE!」って言い続けていた彼が、ラストの戦いのときにライブがあって、だからこそあんなんなるのは話として重すぎるし最高すぎる。
よく「仮面ライダーは無職!」みたいなネタがツイッターで流れてくるけれども、時間に融通がきかない職業はヒーローには向かないのだなと改めて思った。あと社会的にスキャンダルになりやすい人もやばい。泊さんもうちょっと仕事時間に縛られてほしいとか言わない。
冒頭に何回も流される変わらない物事の象徴としてのライブシーンがああいう不安感を煽る演出に使われるとは思わなかった。

やらかしている人を暴力のみでぶっつぶす雑さ

それニチアサなら許されるけど法律なしでとりあえずぶん殴ってはいOK! って雑いな!?
これ絶対後から問題になるでしょ!? と思うような解決法が多い。見てて本当に雑wwwwwwwって何回か笑ったけど楽しかった。

マスクというもの

マスクをつけてソウルマンというヒーローへと『変身』する主人公が、最終話で戦闘中にマスクを外され、フードも外すとこが本当に良かった。あれでソウルマンというヒーローとしてではなく個人として戦うっていうことなんだなーと。面割れだ! 面割れだ! 素面戦闘だ! ってテンションあがった。ずっと面は目のあたりは見えてるしずっと素面戦闘しているよ。
エンディングですっとマスク外すのも良かった。もうめっちゃニチアサだった。最高だった。

 

ちなみにわたしは上記の通り三代目さん顔と名前一致する人がほとんどいなくてハイアンドロー出た人も髪型変わったらわかんねーな……ってなるぐらいのレベルで見てるのでアレです。
それでもすごい楽しかった。ニチアサが好きな人は本当に見て欲しいドラマだった。プライムビデオにあるのでアマゾンズのついででもいいので見て下さい。靖子か敏樹かって言ったらどちらかといえば敏樹なんだけど主人公に対して面倒くさい感情を持っている男は別にいないです。でも倒れている誰かを介抱するために近づいた主人公、それを第三者に見られお前がやったのかと勘違いされるシーンはあります(敏樹のよくあるいつものやつ)。