日々放置プレイ

読んだ本と見た舞台の感想

渋谷のロリはだいたいトモダチ1 ノーゴスキュア・ノーライフ (角川スニーカー文庫)あまさきみりと

いま渋谷は幼女の火薬庫となっている――!
 
女子小学生に大人気のゲーム「ゴスキュア」で渋谷区ランキング1位だった俺。高校デビューのために一度は封印したはずだけど――「わたしを弟子にしてください!」 美少女小学生・依鈴に弟子入りされちゃった!? 「ゴスキュア」で渋谷幼女の頂点を狙う暮無楓(8歳)を懲らしめるため、渋谷&原宿JSたちとの濃密な特訓の日々が始まる!
 
でも勘違いするなよ? 俺はロリが好きなわけじゃない、ロリしか友達がいないんだぁぁぁぁぁ!!

えっなにこれめちゃくちゃ面白い。

キラプリおじさんと幼女先輩を読み終えた後あたりに、なにか幼女モノを読みたいと思って購入した1冊。
あらすじだけなら一部キラプリおじさんと似通っているというか、『ゲーム』『幼女』というポイントでは似ているんだけど、他の部分は全然違う。

具体的に言えば、キラプリおじさんのヒロインはロリなのに対して、これはヒロインは幼馴染ヒロイン。幼馴染ヒロイン大勝利。幼馴染ヒロイン大勝利!
えっこのタイトルで幼馴染ヒロイン大勝利なの想像できる人ほぼいなくない? 幼馴染ヒロイン大好きなので最高でした。

 

物語は、あらすじ通り主人公のところに小学生が弟子入りしに来ることから始まる。
この弟子、勝負に負けると同級生の女王様にペットにされる。このあたりのロリ百合が熱い。不安。面白い。
弟子っ子の依鈴が地の文で割と冷静に突っ込みをし続けるのが読んでて面白い。
こういう冷静な視点のキャラの面白いよね。好きです。
依鈴が主人公・ハジメに対してうっすら恋心?を抱いている?ようにも見えるんだけど、女王様ロリの楓との百合も強いのでこちらが好きな人も楽しめる。

 

ロリ百合(依鈴と楓)、兄妹(小雪ハジメ)、ロリハーレム(ハジメと依鈴・楓・小雪)と様々な関係性もといカップリングが楽しいんだけど、大本命は幼馴染ヒロインの千秋。

最初は全然意識してないのかな?(全裸で出てくるし)熟年夫婦っぽいけどそういう関係幼馴染ってだけかな?と思ってたんだけど、途中から彼女のこと気にしているシーンが明確に増えてくるし、彼女のためにあれこれ頑張っているシーンが出てきてもうはよ結婚しろ……! という気分になった。
下着屋でのイチャイチャはもう駄目でしょ……。はよ結婚しろ。最高でした。幼馴染大勝利!

依鈴と一緒に買い物しながらハジメについて楽しげに愚痴る千秋がめちゃくちゃかわいかった。本当に大好きで、ずっと一緒にいたくて、だからなんでもしてあげられるってのが伝わってくる。本当に好きなんだなあ……。
最近あんまり幼馴染勝利モノ読んでなかったので、久しぶりに摂取できて最高によかった。

 
 

これだけ面白いんだから続刊あるのかな? と見てみたんだけど、もしかしてこれ、打ち切り……? 1って書いてあるのに打ち切り? そんなわけないよね? 続き楽しみにしています!!!

姉は魔法も使えないから、僕が生身で世界を救う。 (電撃文庫)佐々山 プラス

料理にお風呂に下着選びまで、全て弟の臨吾任せの姉の梨々に転機が訪れる。臨吾が目を離した隙に小動物(生意気なハムスター)にそそのかされて、魔法少女になる契約を結んでしまったのだ。臆病なくせに志だけは立派な姉に、迫り来る化物を倒して世界を救う大役が務まるはずもなく。じゃあどうすればいいのか?結論、姉に代わって弟が物理で敵を殺すしかない…。これは、不出来な姉と過保護な弟の歪んだ愛の物語。

 なんか相当やばい本を読んだ気がするぞ。

 相当やばい。まず主人公が相当やばい。
 姉を非常に愛している。とてつもなく愛している。姉の口に入る食べ物は自分が材料から吟味し作った食品か、もしくは高級シェフの作ったものと言い切る弟。なんなら一緒にお風呂も入る。相当やばい。
 ただ、姉も相当やばい。その弟の愛情を受けて当然としている、というか平然としている。
 弟の知り合いたちは二人の関係はおかしいと言う。けれども二人はそれで良いとしている。この時点で相当やばい。
 この相当に歪んだ関係の二人の話なのでおかしくない訳がない。

 姉のためなら死にかけたっていいし足の小指が落ちるぐらいどうでもいい。危険にいくら飛び込んだって気にしない主人公の、そこまでする理由があまりにも単純で、そこまで偏愛する理由がそこに帰着するのかと、ある意味当然だけれどもだからこそ最高だった。
 前半の、体は物理的に小指取れるだの腐食液で体がおかしくなっていくだので壊れていき、メンタルもこんなことに巻き込まれてどんどんとおかしくなっていきというひどい状態なのに、姉の前では絶対に平常心を崩さないようにしている弟の、姉にためならなんだって出来るレベルのおかしさが最高だった。

 姉と弟の異常な関係、もしくは愛の話が好きな人にオススメの話だった。