彼女は三つほど次元が違う「オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫) 」桐山 なると

あらすじ

天才のオミサワさんは、三つほど次元が違う人だった――。

大学二年の雪斗には気になる女性がいた。芸術科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らすも、その落書きが数百万の価値を生む百年に一度の天才。人とのコミュニケーションが断絶してしまっているそんな小海澤さんが気になり、なんとかお友達にこぎつけた雪斗。しかし天才との変わった交流を楽しむはずが、彼女の重大な秘密を共有することになり――。次元が違う彼女とのもどかしくピュアなキャンパスラブストーリー。

「次元の違う」彼女とのラブストーリー

これ絶対ネタバレなしで読んでほしい!!! ネタバレなしで読んで殴られてほしい!!!!

 

主人公はとある日偶然会話をしたことにより、同じ大学に通う天才画家の小海澤さんと少しずつ交流を持つようになる。
しかし彼女はコミュ障の小海澤、略してコミサワと周囲からあだ名されるほどにコミュ障。というかこちらの話を聞いているかわからない。そんな彼女にハーブティーを差し入れすることで少しずつ好感度を持ってもらい、徐々に紙切れの手紙などで交流をするようになる主人公。

このあたりの初々しさというか、彼女のことを知りたい、彼女と少しでも近づけると嬉しい! というあたりが読んでてひたすら可愛い!
ピュアっピュアな恋愛。何か少しでもしれたらそれだけで嬉しいのだという雰囲気が読んでてもあーーーーもう可愛い! くっつけ! とにやにやしてしまう。
主人公の背を押している友人カップルも可愛いなー! お調子者の彼氏と関西弁でノリのいい彼女、二人に夫婦漫才みたいなノリで背を押されりゃそりゃ頑張るしか無い。というか、この二人がいたから物語は相当明るくなる。

 

ノリが変わってきたのは中盤。
読んでててっきりふわっとしたラブピュア恋愛とかいう割とありがちなところに着地するのかなーと思いきや、突如主人公が周囲の言葉が聞き取れなくなる。
周囲の人間の言葉ががんがんじーという謎の言葉やりゅりゅりゅりゅ……という機械音じみた音のみとなり、まともな言語として聞き取れない。

完全に予想外だった。いや予想外でしょ。
前半の雰囲気からライトノベルというかライト文芸にあるようなライトな恋愛もの来ると思ってたら突如SFかファンタジー来たら誰でもびっくりするでしょ。

次元が違うといえば普通は自分よりめっちゃすごいとかめっちゃうまいとかそういうのを連想する。
でも小海澤さんの次元が違うはそういうわけじゃない。リアルに『次元が違う』。
彼女の見ている世界は他の人たちとは全く違うし字も違う、何もかも違う中で生きてる。うわーーーーこの流れ最高でしょ!?

そこからの怒涛の展開。自分のせいだ、だから離れようと言う小海澤さん、彼女と毎日会うのをやめたことにより戻ってくる日常、まともに聞こえだす言葉、そして――週に二回というセーフラインで彼女に会いに来るようになる主人公。なんでだよ(CV:小海澤さん)。
いやほんとなんでだよ。強いな。お前本当に大好きだろ。ファンとかいうレベルじゃないから、もうそこのとこ確信したほうがいいから、はっきり告げた法が良いからと読みながら突っ込んでしまった。めちゃくちゃ好きでしょ。

 

ルールを決めて、彼女の次元に到達しないようにうまいこと距離を取りながらの交流がすごく可愛い。
どうしようもないもどかしさ、彼女とあまりに触れ合ってしまうと他人の言葉が聞こえなくなるし、なおかつ彼女が一番悲しむ。
だからこそ距離をとって、けれども離れてしまわないように……という距離感がめちゃめちゃにじれったくて切なくて可愛い。

ラストのラスト、挿絵で、やっと彼女が『絵を飾られたのをとても嫌がっていて』『皆の前に出されたのを泣いて嫌がって』『見ないでと繰り返し』ていたか、そして『主人公がなにもわからないはずなのになんとなく良いと思ってしまったか』が全部つながって、そういうことかーーーーー! となった。最高。
もう二人でめちゃくちゃに幸せになってください。本当に良かった。

 

ちょっと前に読んだあんたなんかと付き合えるわけ無いじゃん! もそうだったんだけど、今までの物語の中身を全部ひっくり返すようなでかいどんでん返しがどこかに用意されてる話は面白い。
それにしてもめっちゃ面白かった……。読後感も最高に良いし、彼女は確かに次元が違った。

morelovelike.hateblo.jp

宇宙へ"飛ばせた"者の物語「月とライカと吸血姫 3」牧野 圭祐

あらすじ

宙と青春の物語、連合王国編始動!

――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。

人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。
「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」
王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。
新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロンの弟であることを理由に、その人間代表に選ばれてしまう。そして、吸血鬼の末裔である新血種族代表は、アーロンの飛行を成功に導いた才媛カイエ・スカーレット。
研究所での仕事と、宣伝活動の二足の草鞋。不慣れな日々の中、バートはカイエの秘めたる想いを知っていく。
「――私は月なんて、大嫌い」

華々しい宇宙飛行の裏側には、語られることのない数多の人々の情熱が確かに存在した。宇宙を夢見る技術者の青年と新血種族の才媛が紡ぐ、宙と青春の物語がここに!

1,2巻は宇宙を飛んだ者の物語、3巻は宇宙へ"飛ばせた"者の物語

1巻であまりにきれいに完結した物語の2巻は蛇足になるのではないかと思ったら、非常に美しい2巻が出てきたと思った先日。
2巻までできれいに完結しているんだから3巻は流石に蛇足だろと再度考えていたところに読んだ3巻。
蛇足なんてそんなことはない、あまりにきれいに青い物語だった。

ちょっととぼけているところもあるけれども数式にめっぽう強い女性と、家族について引け面のある青年のボーイミーツガール(ボーイでもガールでもないけれど)、そこから始まる空と憧れと異種族の融和についての物語、すごく良かった。
仮面ライダー555やキバが好きな人は月とライカシリーズ合いそう。多分会う。

 

共和国にいる飛ぼうとする人の物語だった12巻とは違い、今度は連合王国側、そして飛ばせようとする人の側の物語となる。
今度のコンビは当時のコンピューターを操る新血族種(人間と吸血鬼のダブル)才媛のカイエと、有能な家族たちを引け目に感じているバート。

この物語としての対比が面白い。
そうだよね、飛ぶ人がいるなら飛ばせる人たちもいて当たり前。しかし1巻2巻を読んでいる最中はそんなこと全く考えもしなかった。
ロケットの弾道計算、パラシュートを開いてからどう落ちるかなどを計算し、正しい数値を出す彼女たち。彼女たちのような人の働きがなければレフたちも空なんて飛べなかったんだろうなと改めて思わされる。
そりゃそうだよね、どんな物事だって裏方の人がいるもんね。

 

そして、吸血鬼たちと人間の間にある差別意識と種族の違い。1巻や2巻でも出ていたそれが、明確に示されたのがこの巻。
イリナは吸血鬼ということでただ隔離されていた。そこにレフが現れた、という印象のほうが強い。
しかしこの連合王国の巻では、吸血鬼や新血族の人々は人間と一緒に働いている。だがその環境には明確な扱いの差がある。

新血族の人たちは給与も低い。仕事もどんどん奪われる。人間に迫害されている。そういった立場の人たちのしんどさがじわじわと描かれていく。
こういうのひでえよなと思ってもまあ実際にあるものだしな……となってしまうの、マジで物語がうまい。

ところで私は人と人外萌えというか、具体的に言うと仮面ライダー555オルフェノクと人間の関係性萌えというか、仮面ライダーキバのファンガイアと人間の関係性萌えというか、要するに井上敏樹の描く人間と人外の融和萌えめっっっっっちゃあるんだけどすごいそれだよね……。
人と外見もしくは内面がめっちゃ似ているんだけど明確に違う箇所があるからと差別されている人間みたいなのたちと人間が、種族の垣根を超えて手と手を取り合いなにかに向かって駆け出す、そういうのめっっっっちゃ好き……。

イカのシリーズってそういうのが近くて、目的に向けて(前述のライダーよりは人間と人外の距離感が近いし人間に迫害されているけれども)手を取り合って歩いていく、そういうのほんとよかった。
今回もラストでバート主導でデモをするシーンが本当に……。めっちゃ良かった……。

 

表紙もすっごい良いよね、旗を持って歩く彼女たち。いつか目の前に迫害などなく手を取り合う未来が広がってほしいと思う。

レフ、ずっとイリナのことばっか考えてるね「月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫) 」牧野 圭祐

あらすじ

高度百キロメートルの宙から君を想う。

ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフ・レプス中尉は、晴れて念願の宇宙飛行士候補生に復帰する運びとなった。それに合わせて吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを監視する任務からも解かれることになる。昼を生きるレフと夜を生きるイリナ。ふたりは同じ基地内でもすれ違ってしまう、そんな生活が続いていた。

イリナの様子を気にかけつつも、レフは自身の夢を叶えるために「人類史上初」をかけた宇宙飛行士選抜試験に挑み、優秀なライバル達と鎬を削る。

その一方で、不穏な空気がイリナの周りを包もうとしていた。

「実験体が帰還したようです」
「……もう用済みだろう。廃棄処分を」

回り始めた運命の歯車は、果たしてどこに行き着くのか――。

世界に渦巻く巨大なうねり。一枚岩ではない共和国政府。追いつけ追い越せと躍起になっている連合王国。いまだ人類が宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代。様々な思惑に翻弄されながらも、命を懸けて遥か宇宙を志すふたりがいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が織りなす、宙と青春のコスモノーツグラフィティ第二幕。

心に残る言葉を他人の心に残す

イリナが宇宙へ飛んだ前巻、レフが宇宙へ飛び立とうとする今巻。

 

レフが宇宙へと到達し交信するときに考えているのがひたすらイリナのことなのが、今までどれだけ彼女のことを想っていたか、どれだけ彼女が史上初にならなかったのが悔しいか溢れ出てきていてすごく好き。
レフにとって最初の宇宙飛行士というのはイリナでしかないって、ずっと決まってたんだろうな。

故に、宇宙から地球を表現する言葉や宇宙を表現する言葉が全てイリナの言葉になるレフがすごく好き。
ずっと自分の心に深く刻み込まれていた彼女の言葉を、自分の言葉としてではあるけれども全国民に伝えようとしていて、なんかもう愛だなとなってしまった。

 

レフとイリナの関係性がひたすら甘酸っぱいんだよなあ……。
血を吸われたいって要するにめっちゃ近くに行きたいって意味じゃん、キスをするより一種めちゃくちゃ近い位置に行くことになるよね。

 

めちゃくちゃきれいに終わった1巻からどうなるかと思った2巻、想像以上にきれいな物語だった。

重厚ファンタジー×甘酸っぱい恋愛「血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ― (電撃文庫)」新八角

あらすじ

国を追われた王女と血染めの護衛剣士
二人の運命を描く、珠玉のファンタジー
第22回電撃小説大賞<銀賞>受賞作!

[私は駄目な王女だからね。自分のために命を使いたいの]

――この日、赤燕の国(レポルガ)の国史には第百三十二代王位継承者アルナリス=カイ=ベルヘスと、その護舞官ユウファ=ガルーテンが失踪したと記された。
だが、それは嘘だと俺は知っている。
太陽を祀る五日間、彼女は王族の在り方に抗い、その想いを尽くしただけだった……。

突如国を追われた王女アルナ。
刀を振るうしか能のない護衛剣士ユウファ。
猫の血を身に宿した放浪娘イルナ。
人語を解する燕のスゥと、軍犬のベオル。

森と獣に彩られた赤燕の国を、奇妙な顔ぶれで旅することになった一行。 予期せぬ策謀と逃走の果て、国を揺るがす真実を前にして彼らが胸に宿した祈りとは――。

手と手で会話すればどこでも二人だけの世界になる

二人っきりの言葉で会話する二人がすごく可愛い。

 

王族は王歌という特殊な歌で魔法のようなものを使う。そのため、普段は声を出してはいけないという決まりがある。
そんな中で出会った主人公と王女、王女は主人公に手を使って会話をすることを教える。王族のみが使うその言語を使用し、主人公は王女と会話するようになる。

この会話が、他人は誰も理解できないっていうのが完全に二人っきりの世界ですごく可愛い……。
中盤から仲間に加わった少女は、二人っきりで行われる手での会話を理解できない。
主人公と王女が会話しているだけならば特段意味をもたなかった会話なのに、それが理解できない人がいるというだけで二人っきりの秘密感が一気に増す。
他人は理解できない二人っきりの言葉ってすごく良いよね。どれだけ周囲に人がいても、ここに二人っきりなのと同じだ。いつでもどこでも二人だけの世界を作り出せる主人公たちに一気に萌えてしまった。

物語半ばで王女は一般的に流通している手話を使用し、声のでない老人と話すシーンがある。
彼女の言葉が理解出来ない感覚に妬いちゃってる主人公がめちゃくちゃに可愛い……。最高。自分だけは彼女の言いたいことが理解できていたのに、っていうのがなくなってしまうの、そりゃむずむずするし落ち着かないよなー! めっちゃ良い。

主人公から王女への甘酸っぱい感情が、あ~~~青春!という雰囲気で最高。
無花果の実のシーンがひたすらたまらなかった。可愛い。
彼女のために強くなる、彼女といたいからどこまでも訓練を続けるってほんと最高だった。

 

内容的にてっきり逃避行が行われるのかと思いきや終盤めちゃくちゃびっくりしてしまったんですけど。
これこれからどうするの!?単巻完結なのかと思いきや今3巻まで出てるしどういうこと!?

隠れヲタ同士の恋愛模様「キミもまた、偽恋だとしても。 (オーバーラップ文庫) 」 渡辺恒彦

あらすじ

関東圏のとある田舎町。
岩下学園に越境入学して間もなく、村上政樹は学級委員の長島薫子に「偽装恋人」になって欲しいと頼まれる。
薫子の家は地元では知らない人のいない旧家。
お見合いを回避するための手段として偽装恋人の役を頼んだのだ。
しかし、政樹が薫子の親に紹介されると思わぬ事実が発覚!
それは村上家こそが長島家の主筋の直系だったこと。
そして、あれよあれよという間に、婚約まで話が進んでしまい、2人は引くに引けない状態になってしまって……!?
そんな二人にはそれぞれ相手に対して、一つだけ大きな秘密を抱いていた。
それは「隠れオタク」「隠れ腐女子」という秘密であった。

甘酸っぱい高校生同士の恋愛

うわあああ甘酸っぱい……!

美人系の可愛い子から偽物とはいえ恋人になってくれ頼まれた上、あっというまに両家ご公認の恋人へ。しかしこんなやり方はどうかと思うということで、高校卒業までに彼女を落とすことができたならば結婚も視野にいれることに、彼女を落とすことができなければその付き合いは終わりということに。

この関係性甘酸っぱい!
意識してるのは主人公だけだからヒロインの側は全然平然としてて、よっぽど直接言われなきゃ意識してくれない。だから意識してくれるように頑張るとかかなりグイグイ押していくか直接言わなきゃならないことに、というのめっちゃ甘酸っぱくて可愛い。

下巻の終盤、デートのラストの流れなんて本当に……本当に甘酸っぱくて可愛かった……。

そしてこのカップルは普通の親同士が認定したカップルじゃなく、もう一つ秘密がある。その秘密こそが面白い。

隠れオタク同士の恋愛

タイトルにある通り、ふたりとも隠れヲタ。
主人公はギャルゲーやラノベなどのヲタであり、ヒロインは腐女子。しかし互いに相手を非オタだと思っている、という勘違いからの、ヲタを隠す流れが面白すぎる。

オタクだったらこれに絶対に食いつくはずだ!という渾身の一撃に失敗したあとは、ひたすら互いにヲタ隠し。
しかしふたりとも生粋のオタク、一般人のラインがわからない。例えば一般人が読んでる漫画は? 一般人は休みの日には何してるの? 一般人ってどこまでだったらオタクっぽい用語使うの?
もうこのあたりのすり合わせというか、互いにどこまでがセーフだ……?とさぐりさぐりっぷり本当に面白かった。

互いに相手が非オタだと思っているからこその頑張り、しかしある程度ヲタ用語は通じる、だが相手はオタクじゃないはずだからもしかして一般人はここまで通じる……? という勘違い、面白すぎる。
進撃の巨人あたりのトークで盛り上がるの面白かった……。実際一般人って進撃どのぐらい知っているんだろう。実写映画もあったから知名度あるのかな、どうなんだろう……(ヲタなので一般人のラインがわからない人発言)。
でもリヴァイ兵長の尻の話はストップして良かったよ。それは絶対にアウトだったよ。読んでいてそこで一番ハラハラしてしまった。

秘密を持った人同士のカップルものって読んでいていつそれがバレるかとドキドキして面白いけれど、この本の場合はそれがヲタ事情なので、はよバレてイチャイチャしろ!というのと、バレたらはずいだろうからバレないでくれ……!という強い思いが両方出て来る。

ラノベとかの腐女子表現ってちょっとひっかかる箇所があることもあるんだけど、この本はそういうこともなく、あるよねーぐらいだった。
個人的にすごいポイント高かったの、従姉とサークルの友人が三次をネタにしてBLだよねーって話すのに対してヒロインがそういうのやめて!と止めるあたり。
創作物の腐女子ってたいていそういうとこでわかるーと乗ってくるイメージがあったので意外だったし、同時にヒロインに対して好感度が上がった。

唯一あれっとなったのは従姉のやってるサークルが合同誌しか出してないの?ってぐらいです。
声で魅せてよ~は腐女子である必要性が全くなかったからね。この本で言う「女オタク=腐女子と思われることがあるけれど」というの通りで、あれはただのオタクだろう。

morelovelike.hateblo.jp

これはいつもヒロインがオタク系のラノベを読んでいて勝手に感じていることなんだけど、男性読者が多そうな媒体でヒロインがオタクの場合は体感だけどギャルゲヲタが多く、女性読者が多い媒体だと腐男子が多い気がする。

男ヲタもめっちゃ良くて、主人公の友人である男ヲタがヒロインの秘密を知ってしまったときに、それをうまくぼかしつつお前は知りたいか?と聞いてくれるのうまい。優しい。
というかこの二人は本当に良い関係だな。良い同性友人がいるラノベ好き。

てっきりこの上下巻で互いの正体がバレるのかな?と思いきやラストまでわからないまま、あれーという肩透かし。
タイトルに1とついているからには本来は続く予定だったのかな。